ちょっかいを出す男性の心理とは?好きってこと?その意味を徹底調査

女性に対してやたらちょっかいを出す男性。しつこいものもあれば、さりげないものもあるでしょう。その違いとは、なんなのか。ちょっかいを出す男性には、どのような心理が潜んでいるのかを徹底調査!苦手な男性からちょっかいを出された時の、対処法もご紹介していきます!

  • 「ちょっかいを出す」とは?

    事あるごとに、なにかとちょっかいを出してくる男性っていますよね。時には、「くだらない」と思うようなちょっかいを出してきて、呆れてしまうこともあるでしょう。同時に、「なんでこんなにちょっかい出してくるの?」なんて思ったことはありませんか?

    今回は、ちょっかいを出す男性の心理に迫っていきます。ちょっかいの意味や使い方を理解して、男性目線になってみるのもいいかもしれません。

    気になる人からちょっかいを出されている人も、苦手な人からちょっかいを出されている人も、これを読めばどんな切り返しをすればいいのかわかるはず!是非参考にしてみてくださいね。

    「ちょっかい」の意味


    まず最初に、「ちょっかい」の意味からみていきましょう。ちょっかいを調べてみると、複数の意味が挙がってくると思います。さらには、そこから抱えている心理もみえてくるもの。

    今記事でご紹介していくような「ちょっかい」の場合は、からかい半分の気持で手出しをすることや、余計な世話を焼くことを意味します。また、異性に手を出す、男性が悪戯心から女性に言い寄るなどの時にも、「ちょっかいを出す」という言葉を使うようです。

    「ちょっかい」の使い方


    ちょっかいという言葉は、もともとネコなどが、前足の片方で物をかき寄せる動作になぞらえたものです。余計なことをする、好奇心を持つ、排除する…など、様々な意味合いで、「ちょっかいを出す」と使うことが出来ます。

    なので、使い方によっては、いい意味にも悪い意味にもなることを覚えておきましょう。

    「好きな子にちょっかいを出す」「子供にちょっかいを出す」などは、好意そのもの、または好意的な悪戯心を持っている、いい意味での使い方と言えるでしょう。

    それに対し、「人の仕事にちょっかいを出してくる」「頼んでもないのにちょっかいを出す」などは、余計なお世話や不要な言動としてのものが多く、悪い意味での使い方になるようですね。
  • ちょっかいを出す男性の心理《好意編》

    男性が女性に対してちょっかいを出すのは、よく見る光景でもあり、特に珍しいこととも感じない人もいるでしょう。しかし、そのちょっかいを受ける女性や、それを見ている周りからしたら「どんなつもりなの?」と思ってしまうこともあるはず。

    そこで、男性が女性にちょっかいを出す時には、どんな心理を抱えているものなのか、知っておくといいでしょう。

    まずはじめに、男性が女性に対して好意を持っている場合。好きな女の子ほどちょっかいを出したくなる、という男性は、どんな心理を抱えているのかご紹介していきます。

    心理①相手の反応を見るのが楽しいから


    好きな女性の色んな表情を見ることは、男性の楽しみの一つ。女性がどんな反応を見せてくれるのか、それが楽しみでちょっかいを出す男性は多いのでしょう。

    反応そのものが楽しいという心理もありますが、自分のすることで一喜一憂している姿が愛おしいと感じる男性もいるようです。

    ただし、同じちょっかいを出されるにしても、相手の男性によっては感じ方も違いますよね。同じ反応で統一しようとすると、同じちょっかいを出してくる男性が増える可能性があります。自分の意思を伝えるためにも、感情表現を含めた切り返しをしていきましょう。

    心理②好きな相手の気を引きたい


    好意を持った女性との間に接点が欲しいという心理から、ちょっかいを出す男性もいるでしょう。ですが、そういった心理を抱えている男性は、どんな風に接すればいいのか悩んでしまうことも事実。好きの裏返しのように、困らせるようなちょっかいを出すこともあります。

    特に、素直になれない男性の中には、好きな女性と自然体で接することができない人もいるものです。恥ずかしい気持ちをごまかすように、色々なちょっかいを出して気を引こうとしているのかもしれませんね。

    心理③自分のことを気にして欲しい


    ちょっかいを出す男性の心理として、自分のことを気にして欲しいというものがあります。好意を持った女性に、自分のことを一人の男性として意識して欲しいのでしょう。そのため、なにかとちょっかいを出して、自分の存在をアピールしようとしています。

    そんな男性が出すちょっかいは、親切心が感じられるものが多いようですね。時には、「余計なお世話」と言いたくなるほど、距離感を無視したちょっかいもあるかも知れません。

    しかし、それは男性側の心理として、ちょっかいを出せば出すほど、気にしてもらえるだろうといったシンプルな発想によるものなのです。

    心理④構いたいし構われたい


    特に深い意味を持たずに、好きだから構いたいというシンプルな心理も、男性の中にはあるようですね。これは、女性にも言えることでしょうが、構い構われの関係でいると、その分お互いの親密度が上がっているという安心感を得やすかったりします。

    構うたびに距離感が縮まって、今度は構ってもらえるようになるかも…。そんな心理のもと、ちょっかいを出しているのです。強引ではないけど、軽いちょっかいが多いなと思ったら、こういった心理が考えられるかもしれませんね。