女性のバストサイズの平均とは!?気になる男性の本音も公開します!

  • 【地域別】平均バストサイズ|西日本

    次は、2018年地域別平均バストサイズの西日本編です。

    西日本も、全体的にサイズアップをしている地域が多い一方、大きくサイズダウンしてしまった地域もあるのが気になるところですね。

    それでは、早速見ていきましょう。

    【近畿】Cカップ


    近畿地方は、滋賀県、京都府、奈良県が平均Bカップ、三重県が平均Cカップ、和歌山県、兵庫県が平均Dカップ、大阪府が平均Eカップという結果が出ています。近畿地方の平均バストサイズはCカップです。

    2012年の結果と比較すると、和歌山県がC、兵庫県はB、大阪府はDカップからサイズアップしましたが、三重県がCカップで変わらず、滋賀県はC、京都府はE、奈良県はDカップからそれぞれサイズがダウンしてしまいました。

    巨乳だった京都府に一体何があったのか気になるところですね。

    【中国】Dカップ


    中国地方は、鳥取県、島根県、広島県、岡山県、山口県ともにバストサイズの平均はDカップという結果が出ています。

    2012年と比較すると、山口県が平均Bカップから、鳥取県、島根県が平均Cカップからサイズアップし、広島県、岡山県は変化無しという結果になりました。

    山口県が2サイズもアップしていますね。

    【四国】Dカップ


    四国地方は、愛媛県、高知県、香川県、徳島県ともにバストサイズの平均はDカップという結果が出ています。

    2012年と比較すると、高知県が平均Bカップ、愛媛県、香川県、徳島県がともに平均Cカップからサイズアップしています。

    全ての県でバストサイズがアップしているのは驚きですね。

    【九州】Dカップ


    九州地方は、佐賀県、大分県が平均Bカップ、熊本県が平均Cカップ、宮崎県、鹿児島県、長崎県、沖縄県が平均Dカップ、福岡県が平均Eカップという結果が出ています。九州地方の平均バストサイズはDカップです。

    2012年の結果と比較すると、熊本県B、宮崎県C、鹿児島県C、長崎県B、沖縄県C、福岡県Cカップからそれぞれサイズアップ、佐賀県B、大分県Bカップから変わらずとなります。

    出典:LCラブコスメ『平均バストサイズ日本地図2018』
    https://shc.lovecosmetic.jp/bust/bustmap.html
  • 【年齢別】平均バストサイズ

    女性のバストは、年齢によっても変化するもの。地域別の次は、年齢別の平均バストサイズを見てみましょう。

    こちらのデータは主に大手下着メーカーのワコールのデータを参照しています。地域別のデータに比べると、バストサイズは全体的にやや小さめのようです。女性にとってはちょっと安心して見られる結果ではないでしょうか。

    【10代】平均A~Bカップ


    女性は10代になると女性ホルモンの分泌量が増え、子供の体型から女性らしい体つきへと変化します。バストも著しく成長する時期です。中学生から高校生の時は、胸の大きさにも個人差があるでしょう。

    成長がある程度落ち着く18~19歳のバストの平均は、トップバストが81.5cm、アンダーバストが70.2cmで差分は11.3cmとなり、A~Bカップが平均となります。

    バストの成長を妨げないよう、下着選びにも注意しましょう。

    【20代】平均B~Cカップ


    20代になると、バストのサイズ調査にBカップと答えた女性が全体の28.2%、Cカップと答えた女性も全体の28.2%を占めており、B~Cカップが平均となるようです。

    20代前半の女性はダイエットをして華奢な人も多いですが、20代後半になってくると、だんだんと代謝が落ちて体型維持をするのも難しくなってきます。バストのケアにも気を配っておく方が良いでしょう。

    【30代】平均Cカップ


    30代女性のバストサイズ調査では、Cカップとの回答が全体の30.5%を占め、Cカップの女性が一番多いと言えるようです。

    20代の頃と比べると基礎代謝が落ち、脂肪がつきやすくなります。背中にお肉が付くことにより、ブラのサイズもアップすることが考えられるでしょう。また、出産による体型の変化も考えられます。

    バストケアとしては、ナイトブラを付けたり、背中のストレッチをすると良いでしょう。

    【40代】平均Bカップ


    40代女性のバストサイズ調査によると、Bカップと答えた人が全体の26.5%になり、Bカップが一番多いという結果になるようです。

    胸が痩せてバストのサイズはダウンするものの、30代の頃よりもバストの位置が低くなり、背中の脂肪が増えるため、アンダーバストが窮屈になったと感じる人も多いようです。

    補正力の高い下着で、バストケアをするのをおすすめします。

    出典:ココロス(ワコール)『女性の加齢意識と生活スタイルに関する調査』(2011年9月)
    http://www.cocoros.jp/research/file22.html