【危険】ウテルスセックスは本当に出来る?ポルチオとの違いも解説!

最高に気持ちいい!と噂の「ウテルスセックス」は、常識を超えたやり方のセックスです。ウテルスセックスを体験したいと思う人は、驚愕の事実がそこにあることを知っておきましょう。今回は、ウテルスセックスのやり方と真相について検証していきます。

  • ウテルスセックスとは

    性の快楽を追求することは悪いことではありません。ただし、一方的な快楽の追求や誤ったやり方をすると、危険を伴うことがあります。その可能性がある行為が「ウテルスセックス」なんです。

    ウテルスセックスは女性にとって大変危険な行為であるという事実を、まずはお伝えしたいです。「普通のセックスとは比べならないほど気持ちいい」という噂が流れていますが、一体どういう行為なのかを知りましょう。

    ウテルスの意味


    「ウテルス」とは、ドイツ語で「子宮」という意味です。つまり「ウテルスセックス」を直訳すると「子宮性交」。子宮は、膣の奥に位置し、女性のちょうど下腹部にあります。

    膣とつながっていて洋ナシのような形をしているのが特徴。妊娠をすると膨らんでいくのが子宮です。

    普通のセックスとの違い


    ウテルスセックスは、膣の奥にある子宮へペニスを挿入する行為のこと。SMプレイやアブノーマルな変態プレイの一種でもなく、そういった嗜好の人でも「危険な行為」と認識するはずです。

    私たちが知っている普通のセックスとは、女性の膣の中にペニスを挿入する行為のことです。「女性のアソコに挿入する」と表現した場合の「アソコ」は膣のことを指すので、まず「子宮に挿入する」という発想にはなりません。

    「ウテルスオナニー」という名前もひとり歩きしていますが、その行為が気持ちいいと語る女性を目にする機会があるとすれば、アニメやAVの世界だけでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)