【危険】ウテルスセックスは本当に出来る?ポルチオとの違いも解説!

最高に気持ちいい!と噂の「ウテルスセックス」は、常識を超えたやり方のセックスです。ウテルスセックスを体験したいと思う人は、驚愕の事実がそこにあることを知っておきましょう。今回は、ウテルスセックスのやり方と真相について検証していきます。

  • ウテルスセックスとは

    性の快楽を追求することは悪いことではありません。ただし、一方的な快楽の追求や誤ったやり方をすると、危険を伴うことがあります。その可能性がある行為が「ウテルスセックス」なんです。

    ウテルスセックスは女性にとって大変危険な行為であるという事実を、まずはお伝えしたいです。「普通のセックスとは比べならないほど気持ちいい」という噂が流れていますが、一体どういう行為なのかを知りましょう。

    ウテルスの意味


    「ウテルス」とは、ドイツ語で「子宮」という意味です。つまり「ウテルスセックス」を直訳すると「子宮性交」。子宮は、膣の奥に位置し、女性のちょうど下腹部にあります。

    膣とつながっていて洋ナシのような形をしているのが特徴。妊娠をすると膨らんでいくのが子宮です。

    普通のセックスとの違い


    ウテルスセックスは、膣の奥にある子宮へペニスを挿入する行為のこと。SMプレイやアブノーマルな変態プレイの一種でもなく、そういった嗜好の人でも「危険な行為」と認識するはずです。

    私たちが知っている普通のセックスとは、女性の膣の中にペニスを挿入する行為のことです。「女性のアソコに挿入する」と表現した場合の「アソコ」は膣のことを指すので、まず「子宮に挿入する」という発想にはなりません。

    「ウテルスオナニー」という名前もひとり歩きしていますが、その行為が気持ちいいと語る女性を目にする機会があるとすれば、アニメやAVの世界だけでしょう。
  • ウテルスセックスの噂

    危険な香りが漂うウテルスセックスですが、ウテルスセックスの挿入感が最高!と噂された理由はいくつかあります。その噂の内容が、とくに男性には魅力的に感じてしまったようです。

    未知なる世界に足を踏み入れたい!という好奇心と、セックステクニックを身につけたい!という向上心を刺激してしまう、ウテルスセックスの噂についてご紹介していきます。

    前戯なしで即挿入


    ウテルスセックスは、前戯なしで即挿入するもの、と噂では語られているようです。こういった行為をファストセックスとも呼びますが、女性が最も嫌がる行為であることで間違いないですよね。

    でも、その先に大きな快感があるとすれば、男として新しいステージに立てそうな気がして、魅力的に感じるのかもしれません。

    子宮をおろす必要がある


    ウテルスセックスの噂では、「子宮をおろして挿入する」というテクニックが語られていることもあります。「子宮をおろす」という言葉は理解しがたいものですが、おそらく「膣の奥にある子宮をおろす(接近させる)方が挿入しやすくなる」ということなのでしょう。

    子宮は引っ張って近くに寄せられるようなものでもないのですが、体位を工夫するなど行動次第では可能なのかも…と安易に考えた人がいたのかもしれませんね。

    膣の奥にペニスをフィットさせる


    「ウテルスセックスは膣の奥にペニスをフィットさせるもの」という噂もよく流れているようです。ピストン運動をしたときにも奥に当たる感触はありますが、ウテルスセックスの場合はペニスの先をフィットさせて快感を得ようという意味に聞こえます。

    膣の奥にフィットさせるのは、さらに奥の子宮へ挿入するためとも言えるでしょう。しかし、普通のセックスで膣の最奥に当たったとき、「さらに奥に挿入したい」「挿入されたい」と思う人がいるでしょうか?

    子宮に入れてピストン運動をする


    ウテルスセックスの噂の中でも、思わず二度見してしまうほど不可思議な内容がこれです。「子宮に入れてピストン運動をする」という信じがたいやり方です。思わず、普通のセックスで挿入している性器の名前や場所を再確認した人もいるでしょう。

    セックス経験や知識が薄い人は、「セックステクニックのひとつ」と思ってしまうかもしれません。それも「最高に気持ちいい!」と紹介されていたら、一度は経験してみたいと思わずにいられないはずです。