6月6日生まれの誕生花・誕生石って?性格&特徴や恋愛傾向も公開!

  • 6月6日生まれの適職とは?

    他人のために行動できる優しい心がある6月6日生まれですから、仕事をするなら他人と関われる仕事を選ぶようにしましょう。

    適職に身を置くことで、今まで以上に伸び伸びと過ごすことができますよ。

    医療関係


    他人の話を聞くだけでなく、その話を踏まえて自分はどう動けば良いかを適切に判断する力に長けています。また、相手を楽しませようとする精神に溢れた人なので、医療関係に就くと安定して働けるでしょう。特にカウンセラーなど、親身になれる仕事がおすすめですよ。

    もともと他人によく目を配れる性格をしているので、人から必要とされる仕事で能力を発揮することができます。資格取得のための努力はしなければいけませんが、それを手にした時には周りとは違う力を発揮できるでしょう。

    ただし、6月6日生まれは向上心があまりありません。自分のモチベーションを上げて、すぐに道を諦めないようにしてくださいね。

    接客業


    他人と関わることが好きな6月6日生まれですから、接客業もおすすめですよ。この誕生日の人は、他人を楽しませるユニークさに溢れているので、他人と関わり合える仕事に就くとますます力を発揮します。

    特に会話を重視するような接客業だと、人気者になれるでしょう。名物店員として名を馳せることもできそうなので、毎日充実した日々を過ごすことができますよ。

    ただし、6月6日生まれは打たれ弱いところが弱点です。接客業は時に心無い言葉をぶつけられることもあるため、耐性がないとすぐに心が折れてしまうでしょう。

    芸術関係


    芸術的な能力が高い6月6日生まれですから、当然芸術関係の職に就くのもおすすめです。自分の特技を活かせる分野なら、最大限に力を発揮できるでしょう。同じ誕生日でも得意とする科目が異なるので、美術か音楽かなどで将来の道も異なります。

    また、芸術関係を仕事にするなら、自分が楽しめるものを選びましょう。6月6日生まれは飽きっぽいだけでなく、向上心があまりありません。自分の楽しめるものでないと、すぐにつまらなくなってしまい仕事を辞めてしまうでしょう。

    芸術関係は才能が開花しなければ険しい道となります。時に厳しい場面にも出くわすため、それなりの覚悟をもって進むようにしましょう。

    芸能関係


    人気者という立場を利用するなら、芸能関係もおすすめですよ。人を惹きつける力に長けているので、芸能関係での活躍も期待できます。お笑い芸人やタレントなど、話術で人を惹きつけられる立場になれると才能が開花するでしょう。

    基本的に人と話すことに楽しさを見出せる人なので、会話は苦になりません。気配りも上手なので、話しているだけでも癒しを提供できますよ。

    ただし、芸能関係も何かあれば批判や苦情が来るものです。打たれ弱さを克服できないと、思わぬ批判に心を痛めて引退する恐れがあるので注意しましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)