6月6日生まれの誕生花・誕生石って?性格&特徴や恋愛傾向も公開!

  • 6月6日生まれの適職とは?

    他人のために行動できる優しい心がある6月6日生まれですから、仕事をするなら他人と関われる仕事を選ぶようにしましょう。

    適職に身を置くことで、今まで以上に伸び伸びと過ごすことができますよ。

    医療関係


    他人の話を聞くだけでなく、その話を踏まえて自分はどう動けば良いかを適切に判断する力に長けています。また、相手を楽しませようとする精神に溢れた人なので、医療関係に就くと安定して働けるでしょう。特にカウンセラーなど、親身になれる仕事がおすすめですよ。

    もともと他人によく目を配れる性格をしているので、人から必要とされる仕事で能力を発揮することができます。資格取得のための努力はしなければいけませんが、それを手にした時には周りとは違う力を発揮できるでしょう。

    ただし、6月6日生まれは向上心があまりありません。自分のモチベーションを上げて、すぐに道を諦めないようにしてくださいね。

    接客業


    他人と関わることが好きな6月6日生まれですから、接客業もおすすめですよ。この誕生日の人は、他人を楽しませるユニークさに溢れているので、他人と関わり合える仕事に就くとますます力を発揮します。

    特に会話を重視するような接客業だと、人気者になれるでしょう。名物店員として名を馳せることもできそうなので、毎日充実した日々を過ごすことができますよ。

    ただし、6月6日生まれは打たれ弱いところが弱点です。接客業は時に心無い言葉をぶつけられることもあるため、耐性がないとすぐに心が折れてしまうでしょう。

    芸術関係


    芸術的な能力が高い6月6日生まれですから、当然芸術関係の職に就くのもおすすめです。自分の特技を活かせる分野なら、最大限に力を発揮できるでしょう。同じ誕生日でも得意とする科目が異なるので、美術か音楽かなどで将来の道も異なります。

    また、芸術関係を仕事にするなら、自分が楽しめるものを選びましょう。6月6日生まれは飽きっぽいだけでなく、向上心があまりありません。自分の楽しめるものでないと、すぐにつまらなくなってしまい仕事を辞めてしまうでしょう。

    芸術関係は才能が開花しなければ険しい道となります。時に厳しい場面にも出くわすため、それなりの覚悟をもって進むようにしましょう。

    芸能関係


    人気者という立場を利用するなら、芸能関係もおすすめですよ。人を惹きつける力に長けているので、芸能関係での活躍も期待できます。お笑い芸人やタレントなど、話術で人を惹きつけられる立場になれると才能が開花するでしょう。

    基本的に人と話すことに楽しさを見出せる人なので、会話は苦になりません。気配りも上手なので、話しているだけでも癒しを提供できますよ。

    ただし、芸能関係も何かあれば批判や苦情が来るものです。打たれ弱さを克服できないと、思わぬ批判に心を痛めて引退する恐れがあるので注意しましょう。
  • 6月6日生まれの星座&相性の良い星座

    人間関係や恋愛をより良いものにしていきたいなら、それぞれの星座の相性についても知っておきましょう。自分の星座の傾向だけでなく、他の星座との相性も知っておくべきです。

    6月6日生まれは、傷つきやすい性格をしています。自分が伸び伸びと生きるためにも、自分にとって相性の良い星座とそうでない星座を知っておくようにしましょう。

    6月6日は双子座!


    自分がどの星座かを知ることは、自分を理解するための一歩になります。まず、6月6日生まれは双子座に当たり、小悪魔的なところがあって人を魅了する星座です。他人を振り回すことも多く、楽しいことが大好きな星座といえるでしょう。

    また、双子座は知的好奇心溢れる自由人です。束縛を嫌い、自分の心の向くままに行動する傾向があります。しかし一方で傷つきやすい面も持ち合わせているため、6月6日生まれは双子座の中でもかなり繊細なハートの持ち主ですよ。

    星座の良いところと悪いところを理解できれば、自分がどう行動していけば良いかがわかります。6月6日生まれの特徴だけでなく双子座の特徴も踏まえて、今後自分がどう振る舞うべきか考えてみましょう。

    蠍座とは相性が悪い


    今度は他の星座との相性ですが、蠍座とはかなり相性が悪いので注意が必要です。蠍座はクールな性格をしており、表面上は無表情であることが多いといえます。何を考えているのかよくわからないので、自分からグイグイ迫れない双子座にとって厄介な相手です。

    また、相手の言葉に耳を傾けることが好きな蠍座は、自分の話題はあまり話しません。楽しく会話したい気持ちが強い双子座にとって、話していてもつまらない相手といえるでしょう。そのため、6月6日生まれと蠍座がくっつくと、会話が長続きしないカップルになります。

    相手の良さや欠点をよく理解し、ある程度は割り切ることができないと、カップルとして成立しません。蠍座に思いを寄せている場合には、自分から歩み寄ることが大切ですよ。

    蟹座とも相性が悪い


    次に双子座と相性が悪いのは蟹座です。どちらも相手のことを想って行動できる素晴らしい星座ですが、二人がくっつくと磁石のように反発します。どちらも相手を思うあまり、自己主張ができなくなるのです。

    コミュニケーションを大切にする双子座が歩み寄っても、蟹座は遠慮します。双子座のためを思って行動するため、双子座の調子が狂わされてしまうのです。そのため付き合っていても、上手く思いが伝わりません。

    どちらかがリードするか交際のルールが定められていないと、すれ違いが多くなります。6月6日生まれは臆病なので、なかなか自分から打ち明けようとはしないでしょう。そのため、6月6日生まれは蟹座と付き合うのも苦労が続きますよ。

    天秤座とは相性が良い


    次に相性の良い星座ですが、一番に良いのは天秤座です。互いに社交的でバランス感覚に優れ、楽しいことが大好き。だからこそ話が合いますし、何をしていても波長が合い、笑いの絶えないカップルになるでしょう。

    他にも、誕生日や星座は違うものの、頭の回転の速さなどは似通っています。タイプとしては異なるものがありますが、だからこそ知らないことを教えてくれる相手として好意的に映るのです。特に双子座は知的好奇心に溢れている人なので、話題が多い天秤座に心惹かれます。

    付き合えば常に楽しい日常が過ごせるので、恋人を探しているなら天秤座がおすすめですよ。ただし、相性が良くてもそれぞれの性格はよく把握するようにしましょう。

    水瓶座とも相性が良い


    次に相性が良いのは水瓶座です。どちらもマイペースな傾向があり、急かされることを嫌う性格をしています。束縛を嫌う面も6月6日生まれと似通っているので、似た者同士のカップルとなるでしょう。誕生日は違っても性質はほぼ同じといえます。

    また、水瓶座は基本的に自分大好き人間です。他人に興味がないため、他の星座とは折り合いが悪いところも。しかし双子座は、そうした水瓶座に興味を示せる星座です。面白い話をしてくれる相手だと思って、前のめりで話を聞こうとします。

    こうした姿が水瓶座には好意的に映るため、良いカップルとなるのです。タイプは違うものの、好奇心を刺激してくれる相手として興味を持ちます。