6月6日生まれの誕生花・誕生石って?性格&特徴や恋愛傾向も公開!

  • 6月6日生まれの性格&特徴【後編】

    6月6日生まれの人に当てはまる性格や特徴は、まだまだ次のようなものがあります。

    基本的に人と接することが大好きな誕生日といえますが、意外と打たれ弱い面も。そのため、自分の弱点を把握しきれていないと、不意のトラブルで大きな傷を負ってしまうでしょう。

    人と接することが大好き


    6月6日に誕生した人は、基本的に人と接することが大好きです。群れることが好きなわけではありませんが、楽しい輪に入ってワイワイすることを喜びとします。寂しがり屋な面もあるため、パーティーや遊びに誘われるとすごく喜ぶでしょう。

    また、お喋りが何よりも好きです。自分の興味のあることなら、いつまでも話していられる性格をしています。特に自分の話で相手が喜んでくれていると分かれば、もっと相手を楽しませようとするパフォーマーな面も現れてくるでしょう。

    そのため、調子に乗ると失敗することが多いといえます。失言をしてしまうことも多いので、調子に乗ってあれこれと口走りすぎないよう自制が必要です。

    意外と寂しがり屋さん


    いつも人の輪にいるような人なので、寂しさとは縁がない人と周りから思われやすい6月6日生まれ。しかし実際には、意外と寂しがり屋さんです。いつも人の輪にいようとするのは、自分の寂しがりな一面を誤魔化すためといえます。

    そのため恋人には、それなりの愛情表現を求めてしまうことが多いです。自分が愛されていないと感じると強い不満やストレスを感じるため、安心して身を委ねられる人でないと愛情が重たくなりがちに。

    自分の欠点を理解し上手に寂しさを解消できれば、恋愛で不便を感じることはないでしょう。重い恋愛にならないよう、しっかり自制することが求められます。

    芸術的な感覚に優れている


    6月6日生まれの人は、他の人に比べると芸術的な感覚に優れているという特徴を持ちます。芸術だけでなく、音楽などの分野で活躍できる能力なので、伸ばすことで将来性を見出すことができるでしょう。実際にそうした方面で活躍している人も多いです。

    独自の世界観を築くことが上手なので、人に真似できないような作品を生み出す人もいます。また、人を惹きつける力に長けているので人気者になりやすいです。双子座の影響もあり、どこに行っても人気物として扱われやすいしょう。

    ただし、飽き性なところがあるため、集中力が続かなければ途中で投げ出してしまうこともしばしば。得意なことを最大限発揮できるよう、普段から集中力を高める努力は必要ですよ。

    向上心がある方ではない


    人を惹きつけたり芸術的感覚に優れている6月6日生まれですが、向上心は高い方ではありません。そもそも、お金に対してあまり執着しないのです。そのため仕事で頑張ろうとか、もっとお金を稼ごうという意識が低いといえます。

    そうした気持ちが生まれても、時間が経つと「これくらいでいいか」という気持ちが強くなるため、大金に繋がるような仕事にはなかなか就きません。また、他人のためにお金を使いたがる傾向にあるため、自分を疎かにしてしまう面も。

    ある程度生活が安定すると、現状維持に徹します。向上心の少ない誕生日といえるので、上を目指すには自分を奮い立たせる必要があるでしょう。
  • 6月6日生まれの恋愛傾向

    自分や相手の恋愛傾向ってとても気になりますよね。恋愛を有利に進めるためには、恋愛傾向を知って大事な指針やアドバイスにするといいでしょう。

    そこで次は、6月6日生まれの人がどういった恋愛をする傾向にあるかを詳しくみていきましょう。

    自分からのアプローチが苦手


    6月6日を誕生日とする人は、基本的に自分からアプローチするのが苦手です。大胆に相手に迫ったり、公の場で愛情表現をするといったことは少ないでしょう。相手の様子をうかがってしまうところがあるため、自分からグイグイ迫ることができないのです。

    また、傷つきやすい面があるので、アタックする前に最悪の事態をあれこれと考えてしまいます。「成功しないんじゃないか」「自分なんて」など、悪い方へと考える癖があるため、アプローチする前に恋を諦めてしまうことも。

    もっと自分に自信を持てれば良いのですが、6月6日生まれの人は繊細なとこがあるので大胆になれません。自分の弱さを理解してくれる人と結ばれれば良いですが、相性が悪いと苦労も多く、長続きしないでしょう。

    相手に振り回されやすい


    自分のことをグイグイとアピールできない6月6日生まれですから、相手に振り回されやすいところがあります。相手に遠慮してしまう場面が多いので、振り回すよりも振り回される側だといえるでしょう。

    双子座の小悪魔的要素も確かにあるのですが、誕生日の特徴が色濃く表に出ると途端に弱気になります。迷惑をかけて嫌われたくないという怖がりな面が前面に出てしまうので、相手に従うしかないのです。

    もう少し自己主張ができれば恋愛もしやすくなりますが、優しい性格をしている6月6日生まれにとっては難しい部分もあるでしょう。

    モテるが実際のチャンスは少ない


    6月6日を誕生日とする人は、実にモテる人といえます。人を惹きつける力に長けているので、何もしなくても人が集まってくるのです。そのため、密かにファンができていたり、6月6日生まれの人に憧れを抱く人も多いでしょう。

    しかし、6月6日生まれは基本的に相手からの好意には鈍感です。好かれているのは感じていても、「自分なんか」と卑下してしまうため恋愛へと結びつけることができません。そのため、目の前にあるチャンスを何度も逃してしまうのです。

    自分に自信が持てるようになれば、今まで以上のチャンスを手にすることも可能でしょう。6月6日生まれの弱点を上手くカバーできれば、より良い恋愛ができますよ。

    ピュアなのですぐに相手を信じてしまう面も


    周りへの気配りができ、かつ人と関わることが大好きな6月6日生まれ。性格はピュアな人が多いため、口では悪態をつきつつも相手をすぐに信じ込んでしまう面もあります。そのため、恋愛で悪い異性に引っ掛かってしまうことも少なくありません。

    特に恋愛では、自分を卑下するような気持ちが強くなります。「自分なんて」と思う心が実際のチャンスを遠ざけているので、自分に都合の良い言葉をかけられると思わず心が動いてしまうのです。「こんな私でも」とまるで光が差したかのように感じるでしょう。

    しかし実際には、6月6日生まれのピュアさを利用しようと近づいてくる人もいます。自分の弱点を理解していないと、利用されるだけの恋愛が続いてしまうでしょう。