6月6日生まれの誕生花・誕生石って?性格&特徴や恋愛傾向も公開!

  • 6月6日生まれの性格&特徴【前編】

    6月6日生まれの自分や相手をよく知るために、基本的な性格や特徴を知っておきましょう。

    6月6日生まれは、他人を楽しませるパフォーマーなところがあります。しかし反対に、人からの批判や苦情には弱い面も。長所と短所を理解していないと、苦労の多い人生を歩むことになるでしょう。

    朗らかな性格


    6月6日を誕生日とする人は、基本的に朗らかで優しく、場を和ませる力に長けています。自分よりも他人を優先して行動できる人なので、その優しい性格を慕って集まってくる人も多いです。人の輪の中心にいるような、安定した人といえます。

    また、朗らかな性格をしているので基本的に怒ることがありません。カッとなることもありますが、表に出す前に自分でイライラをセーブして我慢します。そのため衝突が少ない一方で、人知れず傷を負うことが多いです。

    他人のためにと我慢できる姿は褒められたものですが、我慢のしすぎは自分を壊します。6月6日生まれの人がより良い人生を歩むためにも、時には自分の感情に素直に振る舞うことも大切でしょう。

    人当たりが良い


    6月6日生まれの人は朗らかで優しい性格をしているため、人当たりが良いと評判です。頼み事も快く引き受けてくれるので、親しみやすさを相手に感じさせます。話しかけやすいオーラをまとっているので、道端で声をかけられることも多いでしょう。

    また、基本的に沈黙を苦痛と感じる性質を持つため、知らない人とでも話そうと努力します。相手を喜ばせよう、楽しませようとするスタンスが相手にも伝わりやすいので、初対面で好印象を残すことができる人です。

    6月6日が誕生日の人の長所といえる部分なので、周りをよく見て長所をもっと伸ばすようにしましょう。自分のことばかり考えて行動すると、せっかくの長所が台無しになってしまいますよ。

    頭の回転や決断が早い


    優しい性格ゆえに、おっとりしたイメージが強い6月6日生まれの人ですが、意外と頭の回転や決断が早いという特徴があります。思い立ったらすぐに行動するくらいの行動力もあるため、じっと待っているのは苦手な方です。

    また、大事な判断をしなければいけない場面であっても、冷静に状況を分析することができます。何が問題かをすぐに見極めることができるので、重要な判断を迫られた時でも焦ることなく決断を下すことができるでしょう。失敗も少ないので、人望を集めやすいです。

    しかし、6月6日生まれの人は調子に乗りやすい部分があります。自分の誕生日の欠点を理解していないと、調子に乗った矢先に失敗してしまう可能性があるので注意が必要です。

    人を惹きつける力に長けている


    6月6日生まれの人は自然と人気者になれるほど、人を惹きつける力に長けています。これは性格的な面もありますが、何もしていなくても自然とそうしたオーラが出せるのです。そのため話しかけられることも多く、何かと注目を集めます。

    口を開けば、あれやこれやと話題が次々に出てくるでしょう。双子座のお喋り好きの性質も相まって、相手を楽しませることができますよ。パフォーマーとして能力が高いだけでなく、普段から興味のあることに精通しているおかげともいえるでしょう。

    6月6日生まれの人は双子座ならではのセンスもあるので、多くの人と活動を共にできる人です。人脈を大切にしながら人と付き合うと、より良い人生が歩めるでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)