天然な人とは?天然な女性の特徴&性格を徹底解説!モテる理由も公開

  • 天然な女性はモテる!その理由

    ここからは、本題である「なぜ天然な女性はモテるのか」の理由について解説していきます。

    性格や特徴、そして男性からの印象を見る限り、「男ウケが良い」「一緒にいて癒やされる」という大まかな要素が見えてきました。しかし、それだけでは「正直なんでそこまでモテに繋がるのかわからない…」と感じる人も決して少なくはないでしょう。

    特に天然な人に対し「計算高さ」や「あざとさ」を感じている場合、それを覆すほどの魅力があるのか気になるものです。具体的にどんなところに魅力を感じるのか、早速天然な女性がモテる理由を詳しく見ていきましょう。

    おっとりした性格に癒されるため


    おっとりとした性格の女性を魅力的に思う男性は珍しくないでしょう。落ち着いた穏やかな雰囲気には、一緒にいて癒やされ、日頃の疲れやストレスを払拭してくれるような魅力があります。

    特に忙しい日々を過ごしている人や、仕事でストレスが溜まって疲れている人などは、どこか落ち着いているおっとりとした女性に惹かれやすいもの。元気がよくパワフルな女性も魅力的ではあるものの、一緒にいるならゆっくりできそうな女性が良いと感じる男性は多いのです。

    天然な女性の中にはおっとりとした癒やし系が多いため、そんな女性が好きな男性からは好かれやすいと言えるでしょう。

    不器用な様子が見ていて可愛い


    どこか放っておけない、俗に言う「守ってあげたい系女子」に弱い男性は多くいます。天然な女性のほとんどは、忘れっぽさや空気の読めなさなど不器用な一面を持っているため、守ってあげたい系女子を好む男性にはとても魅力的な存在なのですね。

    天然な人に対する男性からの印象にもあったように、不器用な天然女性は「目が離せない」「リードしてあげたくなる」雰囲気を兼ね揃えています。男らしく女性をリードしていきたい男性からしてみれば、リードしやすいとも言えるでしょう。

    ポジティブで明るいから一緒にいて楽しい


    ポジティブで明るいから一緒にいて楽しい、そんなところに魅力を感じる男性も多いでしょう。これらの特徴は天然な人に限らず、モテる人にはよく見られる特徴でもあります。

    やはり一緒に楽しんだり過ごしたりするならば、「明るく元気がいい人といたい」とほとんどの人が思うことでしょう。暗くネガティブ思考な人といても、気持ちは暗くなり、気を遣うことも増えていきます。一緒にいてストレスに感じることのほうが多いでしょう。

    天然な人は、天然だからこそ出せる明るさやポジティブさを持っています。ちょっとやそっとのことでは他人に流されない鈍感さは、底なしの明るさやポジティブさを感じさせてくれ、一緒にいて元気を与えてくれるのです。

    誰とでも仲良く出来る優しさがあるから


    誰とでも仲良く出来るところに魅力を感じる人は少なくありません。偏見や固定観念にとらわれず、周りに流されることもなく、相手と真っ直ぐに向き合う姿勢は、優しくて思いやりに溢れた印象を感じさせるものでしょう。

    また、分け隔てなく誰とでも接するおかげで、天然な人のほとんどは非常に広い交友関係を持っています。もともと男ウケが良く好印象も持たれやすいため、多方面から熱い視線を注がれていることが多いです。

    多くの人から慕われモテているのも、より多くの人から好感を持たれているからだと言えます。

    天然な人はオーバーリアクション気味


    天然な人はオーバーリアクション気味に反応することが多いと言えます。他の人と比べてさまざまなことに鈍感であるため、空気を読むことができたり、笑いのネタがわかったりした時には、非常に大きな喜びを感じるのですね。

    もともと素直で喜怒哀楽が激しい性格でもあるため、気づくことができた時の衝撃とその時の感情により、オーバーリアクション気味に反応します。そんなリアクションをされると、会話の相手は「話した甲斐があった」と感じ、楽しさや自信を与えてもらえるのです。

    特に男性は自分にたくさん反応してくれる女性に好感を持つことがほとんど。自分の話や行動に大きくリアクションをしてくれる人がいれば、自然と親近感や好感を持ち、次第に惹かれていくのです。
  • 天然な人の恋愛傾向とは?

    続いて注目していくのが、天然な人に見られる恋愛傾向です。

    多くの人からモテる天然な人ですが、そもそも本人はどういった恋愛傾向を持っているのでしょうか?マイペースでさまざまなことに鈍感な天然な人の恋愛は、イメージがしづらく、中には「恋愛に興味があるの?」なんて思ってしまう人もいるでしょう。

    果たして天然な人はどのような恋愛をするのか、早速恋愛傾向を解説していきます。

    好意を持たれている事に気づけない


    さまざまなことに鈍感な天然な人は、他人から向けられる好意にはなかなか気づけません。そのため、モテていてもモテている自覚などなく、好意を持たれていてもそれに気づかず相手と接することがよくあります。

    そんな鈍感さを持ち合わせているため、天然な人自身「自分は恋愛とは無縁」と思っていることが多いと言えます。

    よほど相手がストレートにアピールしてこない限り、どんなにモテていたとしてもその事実にすら気づかず、「なんで自分は恋愛とは無縁なのだろう」と思い悩んでいることも珍しくありません。

    好きな人には猛アタック


    もともと素直な性格であるため、天然な人自身に好きな人ができれば、わかりやすく猛アタックしていきます。たとえ好意をアピールすることに多少の恥ずかしさを感じていたとしても、これまでずっと自分の気持ちや考えには素直に生きてきたため、真っ直ぐに気持ちを伝えていくのです。

    また、空気が読めず、周りからの視線にも気づきにくい鈍感さもあり、恋愛事でからかわれても本人が気づくことはそうありません。たとえライバルがいたとしても、ライバルの存在にすら気づかずに猪突猛進の勢いで好きな人との距離を縮めていきます。

    ただ、あまりにも真っ直ぐになりすぎて恋は盲目状態になったり、周りが全く見えなくなってしまうことも珍しくありません。空回りをしたり、大胆な行動に出過ぎて相手から引かれたりして、後悔することも多いでしょう。

    天然な人は駆け引きのある恋愛は苦手


    何事にも真っ直ぐにいることが多い天然な人は、駆け引きを楽しむような恋愛は苦手です。そもそも空気を読んだり相手の表情や様子から気持ちを読み取ることが苦手であるため、駆け引きをしようと思っても成り立たないでしょう。

    そういった性格であるため、たとえ好きな人が駆け引きを仕掛けてきたとしても、その駆け引きには気づかず、積極的に距離を縮め続けることがほとんどです。ポジティブ思考なため、相手から多少距離を取られても、接し方に温度差があっても、たいして気にしません。

    ただ、あまりにも露骨な駆け引きを仕掛けられると、いくら天然な人でも疲れてしまいます。疲れることが多ければ次第に天然な人は「自分とは相性が悪い」「素直ではない」と相手を思うようになり、好きな気持ちはどんどん冷めていくことが多いでしょう。

    一途に相手を思い続ける


    一途に相手を思い続けるのも、天然な人のほとんどに当てはまる恋愛傾向でしょう。他の恋愛傾向からもわかる通り、天然な人の多くは素直で真っ直ぐに相手と向き合う性格の持ち主です。目的を決めたらひたすらに突き進むため、好きな人や恋人以外に目を向けることはありません。

    たとえ好きな人や恋人以外からアピールをされたとしても、もともと人の好意には鈍感であるため、気づくことはほとんどないと言えます。気づいたとしても、自分の中で好きな人が決まっている限り気持ちが揺らぐことはなく、きっぱりと他の相手からの好意を断るでしょう。