現実逃避してしまう心理とは?おすすめの現実逃避の方法もご紹介!

みなさんは現実逃避、どのようにしていますか?今回はおすすめの現実逃避の方法や、現実逃避をしたくなる心理、原因を徹底解説していきます。日頃からストレスや悩みに頭を抱えている人、現実右飛を上手くやりたい人…そんな人はぜひ注目していきましょう。

  • そもそも「現実逃避」とは?

    みなさんは「現実逃避」したことはありますか?

    現実が嫌になる、現実から目をそらしたい…そう思った時、さまざまな方法で現実逃避をして気持ちを落ち着かせようと試みたことがある人は多いでしょう。ストレス解消や気分転換のための現実逃避は効果的で、たまになら試して損はありません。

    さてそんな現実逃避に今回は注目ということで、まずは現実逃避の言葉の意味や類語について解説をしていきましょう。

    「現実逃避」の意味


    「現実逃避」とは、辛い現実や不安な気持ちから、意図的に目をそらす行為という意味を持っています。

    たとえば職場の人間関係に悩んで疲れている時、「もうこんな毎日は嫌だ…」と辛い日常から逃げ出したくなることがあるでしょう。そんな時には一時的に辛い日常から目をそらせる、趣味や読書、映画などに没頭をして気分転換をすると幾分気持ちは楽になるものです。

    この「一時的に現実から目をそらし、気持ちを落ち着かせること」を現実逃避と呼びます。

    「現実逃避」の類語


    さらに「現実逃避」の意味を深めるために、類語にも注目をしていきましょう。

    現実逃避の類語には「空想」「妄想」などのものがあります。類語の多くは「現実とは違うものを想像する」という意味を持っており、類語に注目をするとさらに現実逃避への理解が深まることでしょう。
  • 現実逃避しがちな人の特徴

    実は、現実逃避は誰もがやっているわけではありません。全く現実逃避をしない人もいれば、日常的にしている人、たまにやっている人などさまざまです。

    さて、そこで気になるのが、どんな人が現実逃避を頻繁にするのか…ということでしょう。頻繁にするということはそれだけ現実に不満や不安があり、現実から目をそらしたいと思っているということ。

    どんな人がそんな気持ちになりやすいのか、現実逃避しがちな人の特徴を解説していきましょう。

    飽き性


    飽き性な人には熱しやすく冷めやすい人が多く、さらに興味や好奇心の対象も頻繁に変わるため、人よりも「飽きる」という気持ちを持ちやすいと言えるでしょう。

    周りの人よりもさまざまなものに目を向け、飽きる、楽しむ、を繰り返すということは、それだけ現実や物事に対する不満が積み重なっていると言えます。たとえ同じくらい楽しいという気持ちがあっても、飽きることが多ければ、ストレスは確実に積み重なっていくものです。

    そんなストレスやつまらない毎日は、「つまらないことを忘れるくらい楽しいことを見つけたい」という現実逃避への欲求を高めていくのでしょう。

    責任感が弱い


    責任感が弱い人は、緊張やプレッシャーに押しつぶされやすく、そんな不安感から逃げ出したい、目を背けたいと思うことが多いと言えます。その度に緊張やプレッシャーなどの不安感から解消されるため、現実逃避をして現実から目をそらそうとするのです。

    たとえば仕事で仕事を任されたとしても、本人にそれを受け止めるほどの余裕がなければ、ただのプレッシャーにしかなりませんよね。責任を持てるほどの余裕はなく、ただプレッシャーや緊張感に押しつぶされる感覚は非常に耐え難いものです。

    そうなってくると、そんな不安な気持ちをどうにかするために、仕事以外の楽しいものへと目を向けたくなります。趣味をしたり空想をしたり…そうすることで、プレッシャーで押しつぶされそうな自分を守ろうとするのですね。

    ストレス溜めがち


    日常的にストレスを溜めがちな人や、ストレス解消が苦手な人は、現実逃避しやすいタイプでしょう。ストレスが積み重なって来ると、何に対してもネガティブ思考になったり、時には人や物に八つ当たりをしたりすることが増えていきます。

    そんな自分を抑えるために、現実逃避をして感情をコントロールしようとするのですね。ストレスを抱えた状態で現実に向き合うよりも、一時的に楽しいことや空想や妄想などに身を任せたほうが心身には良いような気がしてくるものでしょう。

    自信がなく臆病な人は現実逃避しがち


    自分に自信がなく臆病な人は、頻繁に現実逃避を繰り返している傾向にあります。

    何をしていても自信が持てず、そんな自分でいることに嫌悪感を持っていると、現実を直視し続けることは精神的な負担へと繋がってしまうのです。嫌悪したくなくても現実を見れば自信もなく、臆病な自分が目に映るばかりで、どうしようもない気持ちに襲われるのでしょう。

    そんな自分から目をそらすために、現実逃避で気分転換をする人は珍しくありません。たとえばネットや読書、映画、オンラインゲームなどは一時的に自分という存在を忘れられるものです。そういった現実逃避をして、自信がなく臆病な自分から目をそらしていくのです。