セックスが腰痛に繋がる?原因や腰痛になりにくいおすすめ体位を紹介

腰痛持ちだから…とセックスをあきらめていませんか?この記事では、セックスが腰痛につながってしまう原因や、腰痛になりにくいおすすめの体位をご紹介。実際にセックスで腰を痛めてしまった人のエピソードや、腰痛持ちの人が楽にセックスを楽しむコツもお伝えします!

  • セックスで本当に腰痛になるの?

    心も体も癒やされるセックスは、愛し合うカップルにとってなくてはならないコミュニケーションでしょう。ですが、セックスをした翌日に腰が痛くなってしまったり、セックスの最中にぎっくり腰になってしまったりすることもあるようです。これらの腰痛は、やはりセックスが原因になっているのでしょうか?

    この記事では、セックスが腰痛につながってしまう原因や、実際にセックスで腰を痛めてしまった人のエピソードをご紹介!

    また、腰痛になりにくいおすすめの体位や、腰痛持ちの人がセックスを楽しむコツをお伝えします。

    無理な体勢のセックスは腰痛に繋がる


    いつものセックスとは違う体位にチャレンジしようと、無理な体勢で腰を動かしたり挿入したまま体位を変えたりして、腰を痛めることは少なくありません。これまでにとったことのない体勢でセックスをすることで、腰回りの筋肉や腰椎に大きな負担がかかってしまうためです。

    セックス中、主に腰を動かすことになる男性はもちろん、女性でも無理な体勢が続けば腰痛を発症してしまうこともあります。

    もともとの腰痛が悪化する場合がある


    もともと腰痛持ちの人が、セックスをきっかけにして腰痛を悪化させるという場合もあります。普段から腰に問題を抱えていたり体がゆがんでいたりすると、セックスでなくてもちょっとしたことがきっかけで腰痛になってしまうことも。

    このような場合、セックスが直接的な腰痛の原因ではないことがほとんどです。セックスで腰を痛める前からすでに腰の状態が悪く、腰に負担がかかるような生活を送っていたことが原因だと考えられます。

    運動不足から腰痛になる場合がある


    普段あまり体を動かすことのない人がセックスで急に腰を動かしてしまうと、腰回りの筋肉に負荷がかかって腰痛になってしまうことがあります。運動不足で腹筋や背筋が弱まっている人は、腰を支える筋力が弱いため、腰に大きな負担が一点集中してしまうからです。

    運動不足による腰痛は、男性だけでなく女性にも多く見られます。腰に体重がかかりやすくなるため、腰痛を発症しやすくなってしまうようです。

    腰の使い方次第でセックスはトレーニングにもなる


    腰痛持ちの人にとっては常識ですが、腰痛を改善するには腹筋や背筋など腰回りの筋肉を鍛えることが効果的です。面白いことに、腰の使い方次第ではセックス自体が腰痛予防のトレーニングになることも!

    つまり、腰に負担がかかるやり方でセックスをするのではなく、腰に負担のかからないやり方でセックスをすれば、それが腰回りの筋肉を鍛える運動になって腰痛を予防することができるというわけです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)