彼氏が童貞ってアリ?付き合うメリットや上手な対処法もご紹介!

  • 童貞の彼氏のデメリットは?

    こうしてみると、童貞彼氏には様々なメリットがあることが分かりますね。ですがもちろん、恋愛初心者の童貞彼氏にはデメリットもあります。

    続いてはデメリットを見ていきましょう。

    女性の扱い方が下手


    恋愛慣れしていない童貞彼氏は、女性の扱いが下手な傾向に。特に、女心を理解することが困難です。

    例えば、彼女をリードするという行動ですね。場面によっては、彼氏にリードしてもらいたい時があるはず。でも、童貞彼氏の場合はそこに気付けません。経験も知識も不足しているため、何をどうすべきかが分からないことも多いのです。

    ですから、付き合いながら不満はいくつも出てきます。「こうしてくれたらいいのに」「なんでスムーズにできないの?」と、イライラする機会も多々あるでしょう。

    エッチが上手くない


    童貞彼氏はエッチが未経験。ですから、エッチが上手くはないという点はデメリットでしょう。

    特に、エッチを重要視している女性にとっては、大きな問題点になるかもしれませんね。「なかなかイケない」「短時間で終わってしまう」という場合においては、エッチに満足出来ないため、身体が満たされません。

    もちろん男性ですから、AVなどを観て知識はあるはず。ですが、実践とはやはり異なりますよね。また、自分が教えなければならないため、面倒に感じてしまう女性もいるでしょう。

    彼女を優先してくれないことも


    彼氏が大好きな女性、あるいは恋愛体質傾向にある女性にとっては、彼氏にとっての一番でありたいと思うものですよね。何かと一緒に居たがったり、どんな些細なことでも共有し合ったりと、彼氏に依存状態になる女性もいます。

    ただ、童貞彼氏の場合、その思いに応えてもらえない可能性が。童貞彼氏は、恋愛やエッチの経験がない中長年生きてきている訳ですから、恋愛以外に時間を割くことが当たり前になっています。そのため、彼女を二の次にしてしまう人もいるでしょう。

    彼女いない歴が長ければ長いほど、恋愛以外に意識が行ってしまうのは自然なことです。「かまってくれない」「優先してくれない」と、不満に感じる女性もいるでしょう。

    彼女任せなことが多い


    童貞彼氏は、彼女任せになることが多いです。彼氏に引っ張ってもらいたい人は、不満に感じるでしょう。

    デートをするにも、彼女の方から「いつにする?」と言わないと日程が決まらない。あるいは、何かを聞いても「なんでもいいよ」「任せる」といった返事が多く見られます。主導権を握りたい人にとってはメリットですが、逆にリードしてもらいたい女性にとってはデメリットですよね。

    そのため、「頼れない」「男らしくない」と感じる人も。付き合っていてもどこか他人事のように感じられ、寂しくなる女性も少なくないです。
  • 童貞の彼氏と上手に付き合うポイント

    デメリットを知っても、彼氏のことが好きであれば今後も一緒に居たいと思うはず。では、童貞の彼氏とはどのように付き合えば長く続くのでしょうか?

    そこで、付き合う上でのポイントをご紹介!どのようなことに気を付け、どんな行動を取り入れば良いのか、上手に付き合うポイントを見ていきましょう。

    童貞という事にはあまり触れない


    童貞の彼氏と付き合ったら、「童貞」という事にはあまり触れない方が良いでしょう。彼氏の方から話題にして来たならまだしも、あなたの方から話題にしてしまうと傷つける恐れがあります。

    また、場合によっては上から目線で見られていると感じる人も。ですから、極力童貞という事には触れずに付き合っていくべきなのです。

    恋愛において上下関係はありませんが、あまりにも「童貞、童貞」とあなたが強調してしまえば、それが欠点であるかのように思うでしょう。そこで自信をなくしてしまえば、あなたと付き合い続けることも難しくなるのです。

    エッチは彼氏のペースで


    エッチは、基本的に彼氏のペースに合わせる感覚でいた方が良いです。仮にあなたがエッチの経験が豊富だとしても、正しいとも限りません。また、相手が変われば当然エッチの仕方も変わってきます。そのため、彼氏に身を委ねるようにして、任せてしまった方が良いのです。

    もちろん、彼氏は童貞ですから「どうすればいいんだろう…」と手こずることもあるはず。そんな時は、言葉で教えるよりも自然に見えるように行動で教えた方が良いですね。「こうするんだよ」と言葉で教えると、彼氏のプライドを傷つける恐れもあります。

    初めから教えようとするのではなく、「どんなエッチをするのかな?」と期待しながら様子を見ましょう。

    彼氏を立てる


    童貞彼氏に「リードしてもらいたい」と思うなら、彼氏を立てることから始めてみてください。「○○くんが決めて」「○○くんが良いならそれでいい」といったように、彼氏を立てます。

    すると、徐々にリードする力が彼氏に備わってくるはず。「彼女は自分についてきてくれる」という自信を持たせることで、リード力が高まります。

    二人で何かを決めなければならない時、あえてあなたから何も言わないというのも手です。彼氏に「自分がしっかりしないと」という責任感を持たせるようにすれば、少しずつたくましくなっていくでしょう。

    「○○だとうれしい」を使って彼氏を育てる


    何もかもが未経験の彼氏の場合は、あなたが喜ぶことや望んでいることに気付けない可能性があります。女性の扱いに慣れていないため、女心も自分から理解するということも出来ません。

    ただ、だからといってあなたが我慢し続ければ、やがて彼氏との恋愛がつまらなく感じてしまうでしょう。ですから、「○○だとうれしい」という言葉を使って、上手く彼氏を育てていく必要があります。

    もっと会いたいなら「会えるとやっぱり嬉しい!」と喜んで見せる。もっと連絡を密に取り合いたいなら「連絡くれると安心できるから嬉しい」とホッとして見せるのです。すると、童貞彼氏であっても彼女の喜ぶポイントが分かるようになってきます。

    基準や正解をまだ知らない彼氏だからこそ、あなたの理想通りの彼氏に育てることが可能です。お願いする形で理想を伝えてみると、どんどん良い彼氏に成長していきますよ。