ファッションセンスがない女性の特徴は?センスの磨き方も徹底解説!

「自分ってファッションセンスがないな」と感じている女性はたくさんいます。しかし、ほんの少しのコツを身につけるだけで、オシャレはぐんと楽しくなりますよ。この記事ではファッションセンスの磨き方について詳しく解説します。毎日の服装に悩めるオシャレ難民必読です!

  • そもそもファッションセンスってなに?

    テレビやSNSには、ファッションセンスのあるオシャレな女性が溢れています。そんな女性たちの姿を見ていると、自分も外に出かける時には、似合う服を着こなして、たくさんオシャレを楽しみたくなりますよね。

    しかし、いざ出かける直前に鏡を見て、「自分ってファッションセンスがないなー」と毎日がっかりしている人もいるでしょう。一方で、意気込んてファッションの勉強をしたものの、「そもそもファッションセンスって何?」とドツボにハマってしまうことも。

    この記事では、ファッションセンスのない女性の特徴と、センスの磨き方についてご紹介します。ファッションセンスに自信がつくと、今よりもっともっとオシャレが楽しくなりますよ。

    服に対する美的感覚のこと


    ファッションセンスとは「服に対する美的感覚」のことを、また、美的感覚とは「何かを美しいと認識する感覚」のことを指します。これらの言葉の意味からも分かるように、服を美しく着こなすためには、ファッションセンスがとても重要です。

    美的感覚は、服以外にも写真、絵画や建築など、人間が造形するさまざまなものに反映されます。美的感覚が優れている人は、ファッションだけでなくこれらの造形物にまんべんなくセンスを発揮する傾向がありますよ。

    服装に流行を取り入れているかも重要!


    ファッションにおいては、上記の項目で説明したような「一般的な美的感覚」の他にも、流行を取り入れることが重要になります。

    ファッション業界では、服の流行の色や形を1年単位で決定しているため、ある年に爆発的に流行ったアイテムも、翌年には流行遅れになってしまうのです。

    「お気に入りのアイテムを翌年にも着たい」と感じる人も多いでしょうが、ファッションセンスという観点からはアウトな行為です。毎年、毎シーズンの流行を押さえた服を着こなせるかが、ファッションセンスの分かれ目になるとも言えるでしょう。