北海道の県民性や性格を大解剖!北海道民あるあるや相性についても!

豊かな食の宝庫でもある北海道は、観光地として不動の人気を誇ります。そんな北海道に住みたいと考えている人も多いのではないでしょうか。この記事では、北海道の県民(道民)性や恋愛傾向、北海道あるあるなどを紹介します。北海道に興味のある方は是非読んでみてくださいね。

  • 自然豊かで食の宝庫!北海道について

    自然が豊かで食べ物が美味しい北海道は、憧れの場所ですよね。北海道を舞台にした映画やドラマも多数あり、書籍などもたくさん刊行されています。そんな北海道が大好きで、何度も旅行に訪れているという人もいるのではないでしょうか。

    今回は、雄大な自然に恵まれ、圧倒的な食の宝庫である北海道と、その県民性(道民性)について、詳しく見ていきましょう。北海道のルーツや北海道あるあるなど、もっと北海道を好きになるかもしれない情報をご紹介します。

    北海道のルーツ


    かつて「蝦夷地(えぞち)」と呼ばれていた北海道。江戸時代までは先住民のアイヌ民族の文化が続いていました。明治2年に、政府は蝦夷地を「北海道」と改名したのです。その後、北海道の開拓が進み、内地からの開拓者が集まる一方で、アイヌ民族の人口は激減していきました。

    豊かな自然と食の宝庫として発展した北海道には、現在500万人を超える人々が暮らしています。

    北海道の気候


    日本の中でも、特に四季がはっきりしている北海道。雪解けとともに梅と桜が同時に開花する春、湿度が低く過ごしやすい夏、紅葉が色づく秋、しんしんと雪が降り積もる冬。四季折々の景色が楽しめるのも北海道が人気を集めるひとつの要因といえるでしょう。

    札幌市を例にとると、夏季の平均温度はおよそ26度ですが、最近は連日30度を超える年も散見されます。そして冬はマイナス5度以下の日も少なくありません。地域によっては、マイナス20度を下回るところもあるのです。

    北海道を訪れるときに注意しなければいけない点があります。北海道は広いので、地域によって天候がまったく違う場合があるという事です。天気予報で札幌市が「晴れ」であっても、実際の目的地が晴れているとは限りません。必ず、実際に訪れる地域の天気予報を確認するようにしましょうね。

    北海道の方言


    北海道には、独特の味わいがある方言が多く存在します。時代の流れと共に、方言はあまり使われなくなっていきますよね。その中でも、現在も若者も含め使用されている方言がまだあります。

    「したっけ」という言葉は別れ際の挨拶として定着しています。「そうしたら」の意として接続詞としても使用されます。「すごく」「たくさん」の意として使われるのが「なまら」という言葉です。他にも「どういたしまして」の意として「なんも」が使われ、北海道以外の土地の事を「内地(ないち)」と呼ぶのも北海道ならではです。

    また、北海道民が「ゴミ収集場所」を「ゴミステーション」と呼ぶのも有名な話ですよね。
  • 北海道民の県民性≪特徴・性格編≫

    北海道で生まれ育った人を「道産子(どさんこ)」と呼ぶのは有名な話です。それでは、そんな北海道に住んでいる人々は、どのような県民性(道民性)をもっているのでしょうか。

    続いては、北海道民の持つ県民性(道民性)について紹介していきます。まずは、その特徴や性格の傾向についてみていきましょう。

    心が広い


    北海道民は、その広大な土地柄で育ったためか、心も広くおおらかだという特徴があります。また、開拓の際に多くの移住者を受け入れてきた背景からか、出生地にこだわることなくコミュニケーションが取れる人たちであるとも言われています。

    北海道民の多くは来るものは拒まず、古い習慣にとらわれる事もあまりありません。開拓者の精神からか、新しいものを積極的に取り入れようとする柔軟な考えも持っています。そして、細かいことを気にしない性格の人が多いようです。

    サバサバしている


    北海道民の女性は、他県民に比べて性格がサバサバしていると言われています。北海道民には開拓者の精神、いわゆるフロンティア精神が根付いています。何事も積極的に、前向きに進むという志から、迷いのないサバサバとした性格の人たちが多いようです。

    考えが合理的


    考え方が合理的であるのも、北海道民を象徴していると言えるでしょう。北海道民は当たり前のように行っていることも、他県の人から見るとビックリされることも多々あります。

    代表的な例で言うと、節分の豆。大豆や菓子豆を撒くのが一般的ですが、北海道ではもっぱら落花生が使用されます。落花生なら撒いても部屋が散らかりにくいのと、豆が殻に入っているため食べる際にも衛生的であるというのがその理由のようです。合理的ですね。

    北海道で大人気のインスタント焼きそばをご存じでしょうか。この焼きそばには中華スープがついているんです。麺をふやかしたお湯を捨てずにそのまま使うという、非常に合理的な発想から、スープの素がついているのだといわれています。

    少し飽きっぽい


    流行に敏感な北海道民。古きものに拘らず、新しいものをどんどん取り入れる気質の反面、とっても飽きっぽい一面も持っています。これは、流行に敏感であることの裏返しなのかもしれません。

    広い北海道ですからアウトドアやスポーツなど、様々な趣味にチャレンジしようとする人はたくさんいます。例えば、スポーツジムが新しくできたと聞けば、新規入会者希望が殺到。しかし、1年後も継続している人は少ないという噂も…。また、キャンプを始めようと道具を集めた人が、集める事に満足して実際にキャンプすることはない、なんてケースも。

    それでも流行に敏感な北海道民ですから、他に魅力的なものがあれば、新しい趣味を見つけてゆくのでしょうね。

    基本的に人が好き


    北海道は開拓の地です。多くの移住者を受け入れて発展した歴史があります。閉鎖的で他県を受け入れない県民性が根付く県が多い中、北海道民は、相手の出身地がどこであろうが関係なく、コミュニケーションをとる事ができます。

    北海道の男性は比較的おとなしいと言われていますが、基本的には人が大好きです。寡黙で、「何か怒ってるのかな?」と思われる人でも、話しかけてみると饒舌に話してくれる人が多いようです。乗ってみるとわかるのですが、北海道のタクシーの運転手さんは、お話し好きの人が多いですね。

    お金に関してはシビアな傾向


    ケチ、とまでは言いませんが、お金に関して若干シビアな傾向にあるのも、北海道民の特徴です。ただ、趣味や目的のあるものに対しては、あまりお金に糸目をつけないというギャップもあります。

    北海道の中でも、中心地である札幌市民の足といえばもっぱら「地下鉄」です。乗車区間で料金が変わるのですが、中には料金を抑えるために、1区間の範囲で下車して目的地まで歩く、という人もいます。また、北海道内の長距離移動であれば、飛行機に乗るよりJRが人気です。もっと言えば、JRより安価な高速バスを好む人も多いのです。

    北海道民は心が広く気も長い人が多いので、時間をお金で買うという感覚の人は少ないようです。長距離移動も、夜行バスであれば寝ている間に移動できるので、北海道民らしい合理的な考え方が働くのかもしれませんね。