ピーターパン症候群とは?精神的に大人になれない?性格&特徴を公開

  • ピーターパン症候群の治し方って?

    今後の伸びしろが望めないにもかかわらず、子供のマイナスの特徴だけ持っているピーターパン症候群。しかし、大人になってからでも、精神年齢を上げて改善することはできるのです。

    こちらでは、ピーターパン症候群の治し方について解説します。恋人がピーターパン症候群だ、もしかしたら自分がピーターパン症候群かもしれないと思う方は、ぜひご覧ください。

    自分はピーターパン症候群だと自覚することが大切


    先の「恋人に直接相談してみる」でも触れましたが、まず「自分はピーターパン症候群だ」と自覚することが大切です。「ピーターパン症候群」という具体的な名称は知らないままでも構いません。「自分は他人のことまで考える能力が足りていない」「精神的にものすごくお子様だ」と理解しましょう。

    自覚したからといって、すぐに大人になるわけではありません。しかし、ここから「どうすればいいのかな?」と考えることが非常に大切なのです。

    簡単なことのようですが、自分の悪いところを認めることはなかなか難しいですよね。勇気を持って、まずは一歩踏み出しましょう。

    精神的に自立する


    自覚した後は、精神的に自立することを考えましょう。必ずしも一人暮らしをする、経済的に自立をするということではありません。

    面倒なことを他人に丸投げするということは、他人に依存しているということです。まずはそこから改善しましょう。

    他人に頼らず自分で物事を解決する、面倒くさくてもきちんと向き合って考える、ムカついてもすぐ態度に出さないなど、小さいことのようですが、これらの考え方をクセにすることが、精神的に自立するということです。

    本を沢山読む


    ピーターパン症候群を治す効果的な方法として、読書があげられます。他人の気持ちや迷惑を考えないということは、想像力が足りていないということだからです。

    本を読むということは、他人の考えや価値観に触れるということになります。「こういう考え方もあるんだ」「それについては自分はこう思うなあ」と考える力が鍛えられるでしょう。

    読書に慣れておらず抵抗がある場合は、漫画でも効果はあります。しかし、ただぼんやり読むだけではなく、登場人物の気持ちを想像したり、展開を想像したりと、頭を使って読むようにしましょう。

    他人のことを考えて行動する


    精神的に大人になるということは、自分だけではなく、他人の気持ちも大切にすることです。精神的に自立し、想像力が働くようになったら、他人のことを考えて行動することを心がけましょう。

    世界の中心は、自分ではありません。他人と協力し合わなければ、社会生活を送ることはできないのです。

    周囲とスムーズに協力し合うためには、信頼関係が大切ですよね。他人なんて関係ない、自分がよければそれでいいという考えは捨てましょう。それこそが、精神的に大人になるということなのです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)