ピーターパン症候群とは?精神的に大人になれない?性格&特徴を公開

  • ピーターパン症候群男性との付き合い方

    ピーターパン症候群について解説してきましたが、付き合うにはかなり苦労しそうな相手ですよね。しかし、もし好きになった人や彼氏がピーターパン症候群だったら…?

    「うわー大変そう。じゃあやめておこう!」と簡単に割り切れるものではありません。こちらでは、ピーターパン症候群の男性との、疲れない付き合い方を解説します。

    なるべく自分で物事をやらせる


    ピーターパン症候群の男性は、トラブルが発生しても自分で動きません。何かあっても、「そのうちどうにかなるだろう」「誰かが何とかしてくれる」と、何もせずに現実から目を逸らします。

    彼女としては世話を焼きたくなりますし、その方が早いと判断してしまいがちですが、ピーターパン症候群の男性には自分で物事をやらせることが重要です。ことあるごとに面倒を見てしまうと、何でもパートナーに丸投げする癖がついてしまいます。

    甘やかさない


    ピーターパン症候群の男性は、大人の男性としてはかなりダメな部類に入ります。だからといって、甘やかしてはいけません。

    自分でやるべきことは自分でやらせることに加えて、ダメなことはダメと教えることも必要になってきます。「どうでもいい」と彼氏が現実から目をそらそうとしているときは、しっかり現実をつきつけましょう。「自分は悪くない」と責任転嫁しようとしているときは、「あなたが間違っている」とハッキリ指摘する芯の強さも必要です。

    期待しない


    恋人には、優しくしてほしい、辛い時は慰めて欲しい、彼女として大切にして欲しいと思いますよね。しかし相手がピーターパン症候群の男性の場合、求めたり期待したりすると自分が疲れるだけ…。

    相手は自己中心的で、嘘つきで、見栄っ張りという「子供をこじらせたままの大人」です。普通の大人の男性なら気付いてくれたり、言えば理解してくれたりするようなことも、ピーターパン症候群の男性にはどれだけ頑張っても伝わりません。相手が自分自身のことしか考えていないため、当然と言えるでしょう。

    大きな子どもだと思って接する


    ピーターパン症候群の男性と疲れずに付き合いたい場合は、大きな子供だと思って接することです。彼のダメな部分や嫌な部分を、広い心で受け入れるしかありません。

    物事を自分でやらせ、甘やかさず期待しないよう徹底するのは、疲れないための対策です。それだけでは、彼の根本は変わりません。

    ピーターパン症候群の男性を大人にするためには、根気が必要です。彼と結婚を考えていない場合は、彼を大人にするだけの時間的猶予はないので、女性側が母親的な心で包み込んで自己防衛するしかありません。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)