素直な人の性格や特徴とは?素直になる方法についても解説します!

  • あなたの周りの素直な人の印象は?

    続いて注目していきたいのが、素直な人に対して周りの人はどのような印象を抱いているのかということです。特徴や性格を見る限りは、良い印象を持たれることが多く、特に問題視されなさそう…と感じられますよね。

    しかし、中には素直過ぎるあまり心配になる…という意見を持つ人も。実際のところ、素直な人に対して世の人々はどのような印象を持つのか、早速コメントを紹介します。

    嫌みを言わないので接しやすい


    「裏表がなくてストレートな発言が多いので、嫌みがなくて接しやすいです。なんか嫌なこととかがあっても、変に含みのある言い方をしないできちんと伝えてくれるので、改善できる部分は改善できるし、話し合える部分があればお互い素直に話し合えるし。気を遣わなくて良いので楽です」(34歳/男性/事務)

    大半の人は、どんなに正論であっても、嫌みや含みのある言い方をしてくる人に対しては、苦手意識を持ったり、発言を素直に受け止められなかったりするものです。しかし素直な人の場合、基本的に真っ直ぐ相手と向き合うことが多いため、嫌みや裏がありそうな発言はしません。

    自分の中で嫌だなと思うことがあっても、嫌な言い方をせずに面と向かって言ってくれるため、意見や指摘も受け入れやすく、トラブルや喧嘩に発展することはほとんどないと言えます。

    顔が可愛い子より素直な子と付き合いたい


    「男なら多分みんなそうだと思いますけど、付き合うなら顔が可愛いだけの子よりも、素直な子と付き合いたいです。顔が可愛い子も魅力的ですけど、性格が素直じゃなかったら絶対揉めるし、可愛い顔も憎たらしく思えてきちゃいそうで。素直な子なら、多少ルックス悪くても愛嬌があって、結果的に全部可愛い!ってなりそう」(25歳/男性/会社員)

    付き合うならば素直な人が良い、と考える人は男女問わず珍しくないでしょう。たとえ顔がかっこよかったり可愛かったりしても、素直ではない性格の人と付き合うのは骨が折れるもの。いくら顔が好きでも性格に対して不満が出てくれば、「顔がいいから我慢できる」という領域もやがて過ぎてしまうでしょう。

    性格が素直な人ならば、スムーズに交際できる可能性が高いと言えます。たとえルックスがそこまで良くなくても、素直な人は愛嬌があり思いやりにも溢れているため、特に問題にはならないのです。

    愛嬌があってつい可愛がってしまう


    「職場の後輩がすごい素直な子で、めちゃくちゃ可愛がってしまいます。頑張り屋さんだし何に対してもひたむきに頑張っているし、見ているだけで応援したくなるんですよね。愛嬌もあるから、自然とこの子のために力になってあげたいと思っちゃって…。正直、後輩たちの中でも贔屓にしてる自覚があります」(35歳/女性/販売業)

    素直な人は一生懸命に物事に励み、わからないことがあれば頼ったり相談してくれたりするため、必然的に他の人と比べて接点が多くなるというケースも少なくありません。接点が多く、日頃から素直で愛嬌のある態度を見ているため、気づいたらすっかり贔屓していた…なんて経験がある人は決して珍しくはないでしょう。

    いくら公平に判断しようとしても、やはり良い印象を持つ人が目立っていれば、その人ばかりに注目してしまうもの。ひたむきに頑張る姿を見れば自然と注目し、必要があれば力になってあげたいと思ってしまう人は多くいるでしょう。

    素直すぎて心配になることが多い…


    「親友が素直でめちゃくちゃいい子です。でも素直すぎるから、見ていて心配になることが多いのも事実で。人を疑うことを知らないというか、簡単に騙されたり都合よく扱われたりすることも少なくないから、正直見ていてハラハラしちゃいます」(24歳/女性/サービス業)

    素直なことは良いことばかり…とも言えないでしょう。その素直さを利用しようとする人がいるのも事実で、疑うことを知らない素直な人が簡単に騙されてしまうことも実は珍しくありません。相手の言葉や意見を真っ直ぐありのままに受け入れてしまうため、簡単に人を信じてしまうのですね。

    基本的に素直な人の周りにはいい人ばかりがいて、そういったトラブルから守ってくれることがほとんどでしょう。しかし周りの人からしてみれば「もう少し人を疑うことを知ってくれ…」と思ってしまうことも多いのです。
  • 素直な人になる方法ってある?

    最後に解説していくのが、素直な人になる方法です。

    これまで紹介した特徴や性格、メリットなどを見る限り、素直な人になると良いこと尽くしだということがわかりましたよね。しかし、具体的にどうすれば皆から愛されて親しまれる素直な人になれるのか、方法がわからないという人も多いでしょう。

    素直な人になりたい人のために、今からでもできる素直な人になるための方法を解説していきます。

    感謝の気持ちはきちんと伝える


    感謝の気持ちはきちんと伝えるようにしましょう。たとえ些細なことでも、毎日当たり前にやってもらっていることでも、相手がしてくれていることに素直に向き合い、感謝の気持ちを伝えることが大切です。

    素直な人はどんなことにも真っ直ぐで、些細なことに対しても感謝の意を表します。相手がそこまで気にしていなくても、やってもらったという事実に向き合うため、「ありがとう」という気持ちをきちんと伝えようとするのですね。

    自分の非はきちんと認める


    自分の非はきちんと認めるようにしましょう。素直ではない人は、基本的に自分の非を認めません。意地を張ったり言い訳をしたりして、素直に自分の非と向き合わず、周りの迷惑に目を向けようとは思わないのです。当然そういった人は周りから疎まれ、悪い印象を持たれ続けることになるでしょう。

    素直な人は意地を張ったり言い訳したりはせず、非があったという現実を素直に受け入れます。たとえ理不尽なことだったとしても、迷惑をかけたのが事実ならばきちんと謝り、同じことを繰り返さないように次からは最大限気をつけようと努力をします。そういった何事にも真っ直ぐな姿勢が、多くの人から支持される理由となっているのですね。

    素直な人になりたいならば、非に対して素直に向き合う意識を持ちましょう。いくら他の部分で素直さをアピールしたとしても、非と向き合えない人は素直な人として見られるのは難しいでしょう。

    周りの意見や考えに耳を傾ける


    周りの意見や考えには耳を傾けましょう。素直な人のほとんどは、周りの意見や考えにはきちんと耳を傾け、受け入れようと努力します。たとえ自分の考えとは違っても、否定的な印象を持ったとしても、「でもこれがこの人の意見なのだ」と考え、受け入れようとするのです。

    なぜ素直な人が好かれるかといえば、素直な人は基本的に他人を否定しないからだと言えます。考えが異なっても相手のことを否定せず、受け入れ、その上でお互いに納得できるような結論が出るように最大限努力するのです。

    自分とは違う意見や考えに反発してしまいやすい人は、まず「自分は自分、他人は他人」という価値観を持つことから始めてみるのが良いでしょう。そういう価値観があれば、今よりも他人の意見に耳を傾けやすくなるはずですよ。

    意地やプライドよりも素直さを重視しよう!


    普段から意識したいのが、意地やプライドよりも素直さを重視するということです。素直な人は、意地やプライドよりも、素直であることを大切にしています。意地やプライド自体は悪いものではないものの、あまりにも重視しすぎれば人間関係に歪みを生み、トラブルの元になることは珍しくありません。

    基本的に素直な人は「周りと仲良くしたい、平和でありたい」という価値観を持っているため、わざわざトラブルを起こしてまで自分の意地やプライドを貫き通したいとは思っていないのです。自分の意見を発言するにしても、周りの意見に耳を傾けることは大切にしていますし、結果的により良いものになるようにと物事を考えています。

    何が何でも折れないという強い意思やプライドは一種の魅力ではあるものの、素直さとはかけ離れた存在です。素直な人になりたいのならば、意地やプライドを貫くのではなく、素直で有り続けることを大切にしましょう。