ブレスレットの意味は付け方で異なる?右手・左手別の意味をご紹介!

半袖の季節にオシャレに見えるアクセサリーと言えば、ブレスレット。男女のどちらにも魅力的ですよね。そんなブレスレットを付ける時、右手と左手では意味や効果が異なるのだとか。そこで、つける手で変わる意味の違いを探りながら、ブレスレットの付け方について徹底解剖します。

  • ブレスレットは付ける場所によって意味が違う!

    袖口から覗くブレスレットは、アクセサリーの中ではちょっと上級者向けというイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。女性の華奢な手首にはもちろんですが、男性のたくましい腕にも似合う、素敵なアクセサリーですね。

    そんなブレスレットを付ける際、たいていは付けやすさでどちらの手にするかを選んでいるのではないでしょうか。その理由は、小さな留め具を片手で留めなければならないため、どうしても利き手を使うから。右利きの人が多い日本では、利き手と反対側の左手に付けるパターンが多いと言えます。

    けれど、右手と左手とでは付けた時の意味が違ってくるブレスレット。今回は、付ける場所によって意味が違う理由をご紹介します。