【女性必見】スローオナニーのやり方は?嬉しい効果もあるって本当?

スローオナニーは女性にとってメリットが多いやり方です。女性は時間をかけてオナニーをした方が、感度がアップしたり、綺麗になれたりするなど、嬉しい効果がたくさんあるようです。では、普通のオナニーとは何が違うのか、なぜスローが良いのか詳しく解説していきます。

  • スローオナニーとは?普通のオナニーとは違う?

    女性のみなさんは普段どのようにしてオナニーをしていますか?寝る前に気持ちいいポイントだけ触って3分ほどでイク、そのまま寝てしまう…このようなやり方が定着しているかもしれません。

    もし、「最近気持ちよくなれない」と感じている人は性急なオナニーが原因となって、マンネリ状態に陥っている可能性があります。不完全燃焼なままではスッキリできずに、モヤモヤしてツラいですよね。

    スローオナニーは深いオーガズムを追求しながら感度をアップさせる、女性にとっても良い効果をもたらすやり方です。まずは普通のオナニーとの違いについて見ていきましょう。

    ゆっくり楽しむオナニー


    スローオナニーは長時間ゆっくりと楽しむものです。性感帯にこだわらず、自分の体と向き合うことを大切にしています。

    強い快感を最初から与えずに、ジワジワと心地よい刺激を持続させる所が普通のオナニーと大きく違う所です。「性急な動きをしない」といえばスローセックスもそうですが、根本的な考え方は同じです。

    イク事を目的としてない


    スローオナニーはイク事を目的としてません。ここが普通のオナニーと全く違うポイントです。ファストオナニーは性感帯を刺激してイクことと、快感と爽快さが魅力です。しかし、強い刺激を求めていく中でマンネリ化したり、セックスでも物足りなさを感じてしまう面があります。

    一方スローオナニーは自分のオーガズムの波長を感じ取ることができるので、コツを掴めば何度やっても心地いい快感が楽しめます。

    年齢に問わず行えること、その日の体調に合わせやすいことは女性にとって最適なオナニーと言えるでしょう。

    性器への刺激がソフト


    身体をリラックスさせた状態でスローオナニーを行うことで、自分自身の性感帯を見つけやすくなります。単調なオナニーしかしてこなかった人でも性感帯が増えるたびに、女性としての喜びを実感できるでしょう。

    また、スローオナニーで感度を磨くことはパートナーとのセックスにも良い影響を与えます。いつもよりも深く感じることができれば、恋人や夫婦生活での悩みが改善していくはずです。