好きな人の前でにやけるのは好意のサイン?女性の心理を徹底解説!

好きな人を前にした時、ついにやけてしまうという女性は少なくありません。しかし、気持ちがバレたくない場合はその行動を抑えたいと思うでしょう。そこで今回は、好きな人の前でにやけるのを抑える方法や対処法をご紹介!合わせて、にやける女性の心理を徹底解説していきます。

  • 好きな人の前だとにやける女性は多い!

    つい、好きな人の前だと顔がにやける…という女性は多いのではないでしょうか。

    なぜにやけてしまうのか、好きな人を目の前にした時の女性の心理、またにやける女性を見た男性の本音を解説!抑える方法も解説していきます。

    「にやける」の語源


    まずは「にやける」の語源からご説明していきます。

    にやけると聞くと、「ニヤニヤしている様子」を想像する人が多いでしょう。ですが、元々にやけるとは「若気(にゃけ)」という名詞を動詞化した言葉が「若気る(にやける)」と変化したもの。若気とは昔、男色を売る若衆を示す言葉で、男性がなよなよと色っぽい様子を表した言葉とされています。

    つまり、本来は「にやける=なよなよしている」という意味で使われる言葉。ですが、今はニヤニヤしている様子が一般的に浸透しています。

    今回は、多くの人が想像する「ニヤニヤしている」方の意味合いで、好きな人の前でにやける女性の心理などをご説明していきましょう。

    「にやける」と「微笑む」の違いは?


    同じような表情として「微笑む」を思い浮かべる人もいるでしょう。しかし、「にやける」と「微笑む」では少し違いがあります。

    「微笑む」は、にっこりと笑うことですね。声を出して笑うわけではなく、表情だけで笑う姿が微笑む。言葉の通り、わずかに笑うのが微笑むです。

    一方「にやける」は、表情が緩んでしまう様子のこと。気持ちが抑えられず、ついつい表情に出てしまうといった様子ですね。ですから、にやけてしまうことに恥ずかしく感じる人もいます。

    好きな人には好意的な意識を持っていること、また嬉しさや気持ちの高まりが相まって、ついにやけるという人も多いはず。にやける人はその時、何を思っているのでしょうか。このあと具体的に見ていきましょう。