「屈曲位」は正常位以上の快感?屈曲位の種類ややり方&コツを紹介

最高の快感を味わえる体位だという「屈曲位」、あなたは経験したことがありますか?ノーマルな正常位から少し姿勢を変えるだけで、男性も女性も気持ち良くなれるのです。今回はそんな屈曲位の魅力ややり方、さらに感度が良くなるコツをご紹介します。

  • 屈曲位はマンネリ解消におすすめ?

    大半のカップルが、セックスはベーシックな正常位ではじまり、下手をすればそのまま体位を変えることなくおわるようです。でも毎回同じ流れでは、いつかマンネリになってしまうかもしれません。

    せっかくならば色んな体位にチャレンジして、ふたりの愛を深めませんか?今回は正常位以上の快感を得られるとも言われている「屈曲位」をご紹介します。

    そもそも「屈曲位」とはどんな体位?


    体位には大きく分けて「正常位」「後背位(バック)」「座位」「騎乗位」があります。さらにそこから派生して様々な種類が存在するのですが、屈曲位は正常位の中のひとつです。

    正常位とは、女性が仰向けになったところに男性が覆い被さり挿入する形になります。通常の正常位であれば開脚するだけのところ、女性が体を丸めたような姿勢になるのが屈曲位です。横から見たときに、女性の体が2つ折りのようになっていることからそのような名前になったようです。

    中イキしやすい体位の一つ


    女性の膣の奥深くにはポルチオ、前面の上側にはGスポットという性感帯が存在していて、そこを刺激されると中イキしやすくなります。ですが、体位によっては男性器のサイズ感の違いなどの関係で、性感帯まで届かないことがあるようです。

    そんな時におすすめしたいのは屈曲位です。屈曲位をすると、女性の腰が持ち上がることで膣が上向きになり、男性器が小さめサイズの人でも奥まで挿入できるようになります。また、腰を後ろにずらせばGスポットにも刺激を与えられるでしょう。

    このように、屈曲位は男性も女性も深くまで繋がることができて強い快感を味わえる体位なのです。

    体位を変えるとマンネリ防止に


    カップルや夫婦も長年の付き合いになると、セックスレスになることがあるようです。「家族のように思えてしまい相手に性欲が湧かなくなった」という人もいますが、もうひとつ考えられるのはセックスに対するマンネリではないでしょうか。

    最初は体の相性が良くて気持ち良かったはずなのに、毎回ワンパターンなセックスに飽きてしまって感じなくなることもあるのです。そうならないために、毎回同じような流れにならないように体位を変えるなどの変化が必要です。

    屈曲位なら正常位から少し体位を変えるだけで、違った刺激を楽しめるでしょう。セックスにマンネリを感じたら試してみてはいかがでしょうか?