弱音を吐く男性心理について|男性が弱音を吐いてしまう相手は誰?

男性から弱音を吐かれたことはありますか?男性が弱音を吐く相手は「誰でもいい」という訳にはいかないようです。特別な女性にしか、自分の弱みを見せられないのでしょう。では、どんな存在の女性になら、男性は弱音を吐けるのでしょうか?今回は、弱音を吐く男性の心理や、男性がつい弱音を吐いてしまう相手などについて解説します。

  • 弱音を吐く男性の心理は複雑だった…!

    男性から弱音を吐かれた時、あなたならどのように対処しますか?

    弱音を吐く男性の心理は複雑なもので、その男性の心理に見合った対応が求められます。どのような心理があるというのでしょうか。

    そもそも「弱音」の意味とは?


    そもそも「弱音」とはどういった意味なのか、まずは言葉の意味から把握しておきましょう。

    弱音とは、力や意欲が感じられない発言や、意気地がない物言いを意味します。意気地は、何かをやり遂げようとする気力のこと。つまり、弱音を吐く人は気力が弱まっており、発言にも力が感じられないということですね。

    弱気になっている、あるいは力を失ってしまった時に口から出る言葉が「弱音」です。

    「弱音」と「愚痴」の違い


    似たような言葉として「愚痴」がありますが、弱音と愚痴とでは少し意味合いが違います。

    先述した通り、弱音は弱気になっている時などに吐かれる言葉です。「頑張ろう!」と前向きになれないでいる時に、つい吐き出してしまう言葉ですね。一方の愚痴は、言ってもしかたのないことを言って嘆く言葉。つまり、どうしようもない物事に対して文句を言ったり、不平や小言をもらすことが愚痴です。

    こうしてみると、意味合いが異なりますよね。弱音は文句や不平不満を言っているわけではないため、周りの支えが必要なことが多いのです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)