顔ごとそらす人の心理とは?男性・女性に共通する心理をご紹介!

人に顔ごとそらされた時、あまり良い気分にはなれませんよね。中には「何かしてしまったかな?」と気にしてしまう人もいます。その人はなぜあなたに対して顔ごとそらすのでしょうか。そこで、顔ごとそらす人の心理に注目!好き避けなのか、それとも嫌い避けなのか見極めましょう。

  • 顔ごとそらす人の心理が知りたい!

    ふと相手を見た時、顔ごとそらされてしまうと「あれ?何かしたかな?」と、つい気になってしまうものですよね。顔ごとそらす行為には、自分に対して何かしらの心理が隠されていると感じるでしょう。

    多くの人は、「嫌われてる」「避けられている」と思いますよね。ですが、中には好き避けで顔ごとそらすパターンもあります。もしかしたら、あなたに対して顔ごとそらすのは、相手の好意のサインかもしれないのです。

    今回は、顔ごとそらす人の心理をご紹介。普段の相手とあなたとの関わりや、顔ごとそらす以外に見られる態度などから、どういった意味を持つのかを解説していきます。

    男性も女性も、顔ごとそらすという行動には様々な心理があるようです。
  • 男女共通!顔ごとそらす人の特徴

    まずは、顔ごとそらす人に見られる男女共通の特徴から見ていくことにしましょう。

    元々の性格が関係して、顔ごとそらすという人も多いもの。顔を背けるのには、こうした背景があるのかもしれません。

    極度の恥ずかしがり屋


    極度の恥ずかしがり屋で顔ごとそらすという人は、男性にも女性にもいるでしょう。目が合うこと自体恥ずかしく、顔ごとそらすことで「見てないよ」というアピールをしているのかもしれません。

    中には、人前だと緊張してしまい、上手く笑えなかったり話せなくなる人もいます。ですから、緊張しないようにとあえて他人を見ないようにしていることも考えられるでしょう。

    このような男性または女性に話しかけると、急に顔が真っ赤になったり挙動不審な様子が見られることが多いです。

    話をするのが苦手


    人と話すことが苦手という人も、顔ごとそらすことが多いです。

    これは、「話しかけないでほしい」という心理から来る行動でしょう。顔ごとそらすことで、相手に話しかけづらい印象を持たせ、会話をしなくて済むように仕向けているのです。

    無駄話となる世間話を苦手とする男性、あるいは自分のことを話すことに警戒心がある女性は、他人と話すことが苦手です。ですから相手との接点を作らないようにと、顔ごとそらすのでしょう。

    心理が態度に出やすい


    顔ごとそらす人は、思いや考えが態度に出やすい人と言えるでしょう。好き避けにしても嫌い避けにしても、どちらにしても心理が態度に反映されやすい人。つまり、男性も女性も分かりやすい人と言えます。

    顔ごとそらすという行動は、何かしらの意図や心理があってのことです。恥ずかしいという心理や、相手と話したくないという心理から来ている行動ですから、自分に嘘をつくことが苦手なタイプかもしれません。

    男性も女性も社会に出ると、大人な対応をするようになりますよね。嫌いな人であっても、避けたり無視したりするのではなく、最低限はしっかり対応するものです。そんな中、態度に出てしまうということは、ある意味正直で素直とも言えるのではないでしょうか。

    他人と一線を置いている


    他人と一線を置くという行動も、顔ごとそらす人に見られる特徴です。顔を背けることで、相手との間に壁を作ったような心理でいるのでしょう。「これ以上踏み込んでこないで」と思っていたり、あるいは「何も見ていないよ」というアピールだったりもするかもしれません。

    ですから、一匹狼のようなタイプの人にも、顔ごとそらすという態度はよく見られます。一人が好き、群れたくないという考えがあるため、あえて距離を置こうとしているのです。

    様々な性格的な特徴を見てきましたが、顔ごとそらす人のほとんどは、他人とのコミュニケーションを積極的に取りたいとは思っていないのでしょう。