体力をつける方法とは?イキイキした身体を手に入れたい男女必見!

「最近体が弱っている」と感じた時が、体力をつける方法に取り組むチャンスです。まずは簡単で手頃な方法を試してみて、自分にあった方法を毎日続けてみましょう。イキイキとした身体が戻ってくると、毎日の仕事や生活がぐんと楽しくなりますよ!

  • 体力をつける方法は?落ちた体力も回復できる!

    ある時、「近頃なんだか体力がないかも」「疲れが取れない」と人は気づきます。体力的にキツイだけでなく、精神的なダメージも負ってしまう可能性が。お年頃な人にとっては年齢を感じる瞬間でもあり、背筋のゾクッとするような出来事にもなりえます。

    また、一口に体力の低下と言っても、ほんの数日で回復できる程度のものから、数年あるいは一生続くものまでさまざまな種類があります。場合によっては、意識的に体力をつけないとそのまま衰える一方になってしまうでしょう。

    この記事ではイキイキとした身体を手に入れたい男女に向けて、体力をつける方法をご紹介します。基礎体力が付けば、体を動かすのが楽しくなり、さらに体力がアップする好循環に入れますよ。
  • 体力をつける方法の前に!低下した原因は?

    具体的な方法をご紹介する前に、体力の低下した原因についてみていきましょう。原因をしっかりと把握することで、自分の弱点を重点的にケアしたり、効率よくトレーニングすることができます。

    一般的に言われているものが多いですが、日頃の自分の生活態度を振り返ってみてください。「体力をつける」以前の問題で、「体力を回復する」必要があることも割と多いですよ。自分に厳しくするだけがトレーニングではありませんので、その見極めにはご注意ください。

    老化の影響


    生きている人が必ず通る老化の途。多くの人は20代中盤で「体力が低下してきた」「もう若くない」と感じるようです。筋力の低下よりも、酒量や食事量の減少、徹夜ができないことなど、内臓系や神経系の体の変化が、まず気になりだします。

    老化そのものを止めることはできませんが、毎日のケアでその速度を遅くすることができます。ケアを始めるのが早ければ早いほど、年齢を重ねた時に大きな差となって現れるでしょう。老いを嘆くよりも、体力を付ける方法を具体的に実践してくださいね。

    栄養不足


    朝食をお菓子1つで済ませたり、はたまた食事を抜いてしまったり、忙しい現代人はゆっくりと食事を摂ることがままならないことも。しかし、日頃の栄養不足は体力低下の大きな原因の1つです。

    菓子パンやカップ麺など、一食分として十分そうに見える食品も、栄養バランス的には足りないことも多くあります。「なんだか疲れやすい」と感じるようなったら、まずは栄養たっぷりの食事を摂るのも1つの方法です。

    睡眠不足


    睡眠不足も体力低下の大きな原因になります。人によって多少の違いはあるものの、最も健康に良い睡眠時間は約7時間と言われています。しかし、毎日7時間もの睡眠時間を確保できる人は少ないでしょう。

    また、常に睡眠時間を短めにしていると、「自分は睡眠時間短めでいいんだ」と勘違いしてしまうことも。時にはしっかりと長めの睡眠時間を確保し、翌朝の体力の違いを比較してみましょう。しっかり寝ることの大切さに気づけますよ。

    ストレス


    精神的なストレスが、体力の低下に影響するなんてと驚く人も多いでしょう。しかし、日曜日の夜にぐったりと疲れを感じてしまったことがある社会人もたくさんいます。サザエさん症候群と言われるように、翌日から始まる平日を思うだけで体が疲れを感じてしまうのです。

    また、人間関係のストレスは心身に大きな影響を与えます。「会社に行くと疲れる」とか「この人に会った後は体力が残らない」と感じる場合には、人間関係の見直しが必要なことも多いですよ。

    気候の変化


    季節の変わり目も体力が低下する時期です。極端な気温や気圧の変化は、体にとっても大きな負担になります。季節の変わり目には必ず風邪を引いてしまうという人も多いのではないでしょうか。

    また、気温や気圧の変化によるものだけでなく、花粉症や冷房病など、季節ごとの体調不良に毎年悩まされる人もたくさんいます。体力をつけるためには、自分の体質をきちんと見極めてケアすることも大切ですよ。

    病み上がり


    怪我や病気の後の、病み上がりも体力が大きく低下してしまいます。日常生活が送られるようになると体が全快したと思い、油断してしまいがちですが、ちょっとしたことで再び調子が悪くなってしまうことも。

    ストレッチなどで体のコリをほぐしつつ、消化器系に負担の少ないものを食べるように心がる必要がります。本格的に体力をつけるのは、体が元気になってからにしましょう。