【夢占い】誰かと再会する夢の意味!知り合い/元カレ/昔の友人など

誰かと再会する夢を見て、「なんでこの人が出てくるの!?」と驚いたことはありませんか?相手が会いたい人でも、会いたくない人でも、その夢がどんな意味を持つのか気になってしまいますよね。そこでこの記事では、「再会の夢」を夢占いの観点から詳しく掘り下げていきます!

  • 再会する夢の基本的な意味とは?

    しばらく会っていない人と夢の中でばったり再会する…そんな夢を見たことがある人は多いのではないでしょうか。特定の人物が夢の中に出てくるのですから、何か意味があるんじゃないかと思ってしまいますよね。

    そこでこの記事では、「誰かに再会する夢」を夢占いの観点から詳しく見ていきましょう!

    夢占いでは「願望」と解釈する


    誰かと再会する夢は、夢占いの観点では、何らかの願望を表すと考えられています。確かに、夢の中で懐かしい人が出てきたら、自分は無意識のうちにその人に会いたがっているんじゃないかと思いますよね。

    あるいは、夢に出てきた人に似た人に出会いたいとか、昔の関係に戻りたいといった願いが隠されている可能性もアリ。夢の内容をよく分析すれば、あなたの隠された願望が明らかになるかもしれませんよ。

    警告を表すことも


    一方、誰かに再会する夢は警告を表すこともあります。たとえば、嫌いな人とばかり再会するのであれば、今のあなたは窮地に立たされていることを示唆しています。また、幸せな夢であっても、それはあなたがつらい現実から目をそらそうとしていることを示している可能性もあるのです。

    もしあなたの見た夢が警告なら、何とかしてそのメッセージを正しく解釈し、不幸に備えたいところですよね。ということで早速、夢の内容を夢占いで分析していきましょう!
  • 【夢占い】誰かと再会する夢|人物編

    まずは、夢に出てくる人物別に夢占いを見ていきましょう。あなたの夢に出てきた人は、どんなメッセージを持っているのでしょうか。

    知らない人


    夢の中に、よく知らない人が出てきたことはありませんか。顔を合わせたことくらいはあるけれど、知り合いというほどの関係性がない相手です。たとえば、友達の友達であるとか、職場で見かけたことがあるけれど部署が違う人、などが当てはまるでしょう。

    知らない人と再会した場合は、その人に対してあなたがどう思っているかによって夢の意味は変わってきます。もし良い印象を抱いている相手が出てきたら、夢占いでは対人運アップと解釈します。もしかしたら、これから素敵な出会いが待っているかもしれませんね。

    一方、悪い印象を抱いている相手が登場したら、対人運は下がっていると解釈されます。ここはじっと我慢し、やがて訪れるチャンスを静かに待ちましょう。

    亡くなった人


    現実ではありえないことですが、夢の中ならすでに亡くなった人と再会することも可能です。たとえば昔よく世話をしてくれたおじいちゃんやおばあちゃんに会えれば、それは幸せな夢となるでしょう。夢占いにおいても、亡くなった人との再会は、その相手があなたにとって好ましい人物である場合、生活がうまく行くサインだと解釈します。

    しかし、亡くなった人があなたにとって好ましい人物ではない場合もあるでしょう。その場合は、あなたがこれから何らかのトラブルに巻き込まれるサインかも。

    また、亡くなった人が悲しそう、あるいは怒っているようであれば、あなたの生活は現状うまくいっていない可能性があります。一度生活のあり方を見直してみると良いですね。

    初恋の相手


    夢で初恋の人と再会できたらとってもロマンチックですよね。もしかしたら相手はこちらのことを気にかけているんじゃ…なんて思ってしまうかも。

    ところが、夢占いでは、初恋の相手が登場する夢は悪い意味を持つと解釈します。初恋への憧れは、今の恋愛に対する不満の表れだとみなすのです。

    確かに、今の彼氏・彼女に不満があったら、無意識に昔の恋に思いを寄せてしまうかもしれませんね。今の恋人との関係を見直した方がよいでしょう。

    元カレ・元カノ


    夢の中で昔付き合っていた人と再会することもあります。これは、先ほど紹介した初恋の夢と似たような意味を持ちます。やはり、現状に何かしら不満があるのです。

    特に、実際に交際していた相手を夢に見るということは、その相手への未練を表すといわれています。もしかしたら、良い別れ方をしなかったのではないでしょうか。

    元恋人のことは忘れて、新しい恋に進むのが健全でしょう。しかし、どうしても元恋人のことを夢に見てしまうのなら、一度アプローチしてみてもいいかも。たとえ復縁できなくても、それで気持ちを整理できることもあります。