パイロットと結婚するとどうなる?パイロットの彼氏を作る方法も!

  • 必見!パイロットの彼氏をつくる方法

    「パイロットと結婚すると苦労もあるだろうけど、でもやっぱりパイロットとの結婚ってステキ!」と感じたなら、結婚を目指すのもいいでしょう。そのためには、まずは彼氏を作る必要がありますよね。

    ここでは、パイロットと結婚したい女性必見の、パイロットの彼氏をつくる方法を伝授いたします!

    パイロットが使うホテルに就職する


    パイロットの中には、翌朝のフライトが早い場合、前日からホテルに宿泊する人が少なくありません。また、遅く帰ってきたフライトの場合もホテルに宿泊します。

    大きな空港であれば、たいてい空港に直結したホテルがありますので、朝早く起きずに済みますし、戻ってきた時は早く休めます。その分、体もラクになりますね。

    そんなパイロット御用達のホテルに就職すると、必然的にパイロットに出会うでしょう。チェックインやアウトの際、制服姿になっていることもあるでしょうから「この人、パイロットなんだ」とわかります。

    フロントデスクに配属されるのが一番ですが、玄関で出迎えるベルガールもチャンスですね。

    空港スタッフになる


    空港を颯爽と歩くパイロットの姿は魅力的ですよね。そんな空港は、パイロットと出会える場所。そのため、空港でチェックインや各種案内を行う空港グランドスタッフになるという手もあります。

    ただ、国内線、国際線を問わず、英語が話せることが絶対条件になるのは間違いありません。その上で、フランス語や中国語など、さまざまな語学スキルがあれば尚良し。また、臨機応変に対応できる頭の良さも必要ですね。

    パイロットの彼氏を作りたいからと簡単に就ける職種ではありませんが、数年間は空港での勤務を義務付けられるパイロット訓練生と出会えることも。訓練生の彼氏が、将来はパイロットとなり、さらには夫になる可能性があります。

    キャビンアテンダントになる


    パイロットの彼氏を作れる可能性がもっとも高く、その代わり実現のハードルも高いのが、キャビンアテンダントになる方法。さまざまな訓練をクリアする必要がありますし、空港のグランドスタッフと同様、英語をはじめとする語学において、高いスキルが求められます。

    また、飛行機に乗務するという点では、危険とも隣り合わせ。とはいえ、すでにパイロットになった未婚男性に最も近い位置につけるのは確かです。

    実際、パイロットの仕事の大変さを身をもって理解できる女性は、キャビンアテンダントを置いて他にいないと言っても過言ではありません。パイロットとキャビンアテンダントが結婚するケースが多いのは、お互いに尊敬しあえる関係になるからではないでしょうか。

    婚活サイトを利用する


    パイロットはモテるから出会いに困らないというイメージがありますよね。確かにパイロットはモテますが、忙しすぎてデートの時間を取る事ができません。

    おまけにスケジュールの変更はしょっちゅうですから、「こんな彼氏はムリ!」となる女性も多いでしょう。そのため、真剣に結婚を考える相手が見つからないと嘆くパイロット男性は、意外と少なくないのです。

    そんなパイロットと付き合い、結婚したいと考えるなら、婚活サイトの利用がおすすめ。それも、メッセージ中心にやり取りできるものがベストです。

    メッセージでお互いのことを知ってから会えば、初めて会った気がしないはず。となれば、結婚までとんとん拍子に進む可能性があります。
  • パイロットの夫と結婚後も仲良く過ごす秘訣とは

    パイロットという仕事は、誰にでもできるものではありません。この点だけでも、特別な夫になるのは明らかですよね。順調に交際して結婚にこぎつけたとして、結婚後も仲良く過ごすにはどうしたらいいのでしょうか。

    ここでは、パイロットの夫と結婚後も仲良く過ごす秘訣をご紹介します。

    フライト前に喧嘩しない


    先ほど紹介したパイロットの妻のリアルな本音の中に「どれだけ腹が立っていても笑顔で見送る」という声がありましたが、できることならフライト前に喧嘩をしないのが一番ですね。

    仮に喧嘩をしても、笑顔で見送ってくれればホッとして仕事に向かえるでしょう。けれど、お互いに嫌な気分のまま、フライト前の時間を過ごすことになってしまいます。

    喧嘩をしないに越したことはありませんが、夫婦として結婚生活を送る以上、意見の衝突があるのも当然。とはいえ、飛行機に乗ったら、絶対に帰ってこられる保証はありません。仲良く過ごすには、フライト前の喧嘩には特に注意が必要です。

    スケジュール変更に怒らない


    あらかじめ予定していたスケジュールが夫の都合で突然変更になったら、たいていの妻は怒るでしょう。旅行の予定だと、キャンセル料は支払わないといけないのに、旅行には行けなくなってしまい、怒りたい気持ちもわかります。

    とはいえ、夫の仕事は時間が非常に不規則なパイロット。天候の変化に伴って、急にスケジュールが変更されることは珍しくありません。そんな夫に怒ったら、夫も「仕事なんだから仕方ないだろ!」と怒るでしょう。

    楽しみにしていたスケジュールがおじゃんになってガッカリしているのは、夫も同じ。夫婦円満に過ごすには、スケジュール変更に怒るのはご法度です。

    一緒に過ごす時間を充実させる努力を惜しまない


    国際線のパイロットなら、月のうち半分は留守ということも珍しくありません。また、国際線のパイロットほどではないにしても、国内線のパイロットも家を留守にしがちなのは必至。さらにフライト担当日以外にも、交代要因として急に駆り出されることがあります。

    いずれにしても、パイロットの夫が家でくつろげる時間は、普通のサラリーマンよりも圧倒的に少ないのは確か。だからこそ、一緒に過ごす時間を充実させるにはどうしたらいいかを考え、そのための努力を惜しまないことが大事です。

    家に帰ってきた時に、妻の努力がはっきりわかるくらいに居心地が良かったら、仕事の疲れも癒されるでしょう。

    お互いに感謝して尊敬しあえる関係を構築する


    パイロットの妻は、夫に頼ることができない上に、浮気の心配など頭の痛いことがたくさん。中でも何より心配なのは、無事に帰ってきてくれるかどうかでしょう。

    そんな夫だからこそ、妻として家をしっかり守る必要があります。疲れて帰ってきた夫にとって、居心地のよい我が家以上に素晴らしい場所はありません。心を込めて作った料理と温かい笑顔で待っていてくれた妻に、感謝の気持ちがわいてくるはず。

    妻は妻で、過酷な仕事に就く夫を尊敬し、家族のために頑張ってくれることへの感謝が不可欠です。けれど、一方通行では夫婦関係はうまくいかないもの。互いに感謝し、尊敬しあえる関係を構築することが、夫婦円満の秘訣です。