パイロットと結婚するとどうなる?パイロットの彼氏を作る方法も!

  • パイロットとの結婚生活は?妻のリアルな本音集

    実際にパイロットと結婚し、結婚生活を送っている妻たちは、毎日何を考えて暮らしているのでしょうか。ここでは、パイロットの妻たちのリアルな本音をまとめましたので、ご覧ください。

    夫の健康管理をサポートしてます


    「夫は国内線のパイロット。朝のフライトの時は4時頃に家を出て、早い時はお昼頃に帰ってきます。土日は忙しくて1日3便に乗務し、朝早くから夜遅くまでと、とにかく時間がバラバラ。業務時間に合わせて胃腸に負担のかからない食事を用意し、栄養バランスのよいメニューを考えて健康管理をサポートしてます」(28歳/女性/専業主婦)

    国内線のパイロットの場合、土日祝日は忙しく、平日は1日1便というヒマな時もあるかも。そうなると、余計に時間のバラつきができ、時間管理が大変です。また、フライト前に胃腸に負担のかかる食事をとると、トイレの心配にもつながりますよね。食事での健康管理は、欠かせないサポートです。

    結婚しても連絡はあまり取れないかも…


    「パイロットの彼氏と結婚できて幸せだったのは、新婚旅行に行っていた間だけ。国際線のパイロットだから、一カ月のうち家にいるのは半分以下です。LINEでメッセージを送ってもなかなか読んでもらえないし、既読スルーも多い。頻繁に連絡が取れないと不安な人は、パイロットの妻にはなれないかも」(29歳/女性/専業主婦)

    ハイスペックな夫との幸せな新婚旅行から帰ってきた途端、国際線のパイロットとして海外へ。家にいることが少ない上に、忙しくてLINEの返事すらも返ってこないとなると、連絡すらままなりません。常に連絡を取りたい女性だと、不満が募るのも無理はありませんね。

    家の中で仕事の話はしないようにしています


    「夫は国際線のパイロットで、妻の私が言うのもなんですが、かなりのイケメン。多分、周りの女性からのアプローチは多いと思うんです。だから、家の中で仕事の話はしないようにしてます。だって、女性の話が出たらやっぱり嫉妬しちゃうから」(27歳/女性/専業主婦)

    ハイスペックな職業であるパイロットと結婚したい女性は、世の中にはたくさんいるでしょう。付き合っている間も浮気しないかとヒヤヒヤものですが、結婚したらさらに心配になりますよね。

    女性の話をされたくないのが目的とはいえ、家では仕事を忘れてくつろいでもらいたいもの。仕事の話をしない妻に、相手も感謝しているのではないでしょうか。

    どれだけ腹が立っても必ず明るい笑顔で見送ります


    「いったんパイロットとして操縦桿を握ったら、命がけの仕事。だから、ケンカしてどれだけ腹が立っても、必ず明るい笑顔で見送ることを自分に課しています。仏頂面で見送って、もしも帰ってこなかったら、悔やんでも悔やみきれません。最期に思い出したのが妻の不機嫌な顔だったなんて、最悪ですからね」(30歳/女性/専業主婦)

    パイロットの妻に限らず、消防士や警察官など、命がけで仕事をしている夫の妻には、何があっても笑顔で見送ることを肝に銘じている女性が少なくありません。飛行機が墜落した場合、大惨事になるのは必至。突然帰らぬ人となる可能性があるパイロットの妻の行動は、普通の妻も見習いたいものですね。
  • パイロット男性が好きな女性のタイプってあるの?

    パイロットと結婚した妻たちには、他の妻たちにはない苦労があることがわかりました。ところで、パイロット男性たちには好きな女性のタイプがあるのでしょうか。そこで、パイロット男性が好む女性のタイプを探ってみました。

    心に余裕がある女性


    人は心の余裕がないと、ちょっとしたことにイライラしたり、不安を感じたりするもの。命がけの仕事であるパイロットという職業を選んだ男性にとって、心に余裕がある女性は一緒にいて落ち着ける存在です。

    また、心に余裕がある女性は滅多なことでは怒りません。そのため、デートが急にドタキャンになっても、なかなか返事が返せなくても「私の彼氏は仕事柄、それが当たり前のことだから」と受け止めてくれるはず。

    そんな女性と付き合えれば、交際による負担が少ないだけでなく、彼女の存在が癒しになるでしょう。パイロット男性が「こういうタイプの女性が好きだな」と感じたなら、彼女から妻になるのは確実なのではないでしょうか。

    仕事に対して理解がある女性


    どんな仕事をしている男性にも当てはまるのが、仕事に対して理解がある女性が好きということです。

    とにかく時間が不規則で、家を留守にしがちなパイロットですが、突然呼び出されるという点では、医師なども同じ。病院勤務の医師はシフト勤務になるため、労働時間が不規則です。

    あらかじめ予定を立てていても、スケジュール通りに行かない仕事もあります。中でもパイロットは、多くの乗員乗客の命を預かる危険な仕事。そんな仕事に対する理解がない女性とは、付き合ってもうまくいかないでしょう。ましてや、結婚など考えられないのが本音ではないでしょうか。

    教養がある女性


    キャビンアテンダントに語学力が求められるのと同様、パイロットにも英語は不可欠。国内線、国際線を問わず、乗客に対するアナウンスを英語で行う必要があるからです。

    国内線においても、インバウンド効果によって外国人乗客が増えたことから、英語のアナウンスは欠かせないものとなりました。また、パイロットになったあとも、定期的に審査を受けたりキャリアアップのための試験を受けたりなど、知識が豊富で頭が良いのがパイロット男性の特徴です。

    豊富な知識を持っているため、知的な会話がしたいと考えるのは当然のこと。また、正しくてきれいな言葉遣いも欠かせません。さまざまな分野に精通し、楽しく話ができる教養ある女性は、パイロット男性が好きなタイプです。

    人として尊敬できる女性


    パイロットになるには、かなり勉強しないといけません。また、常に冷静に行動する必要がありますので、自制心を鍛えるためにも自分を律してきたことでしょう。さまざまな厳しい訓練にも耐え抜いてきた男性が、自分自身の努力に見合う女性を求めるのも当然ですね。

    そんなパイロット男性が好む女性は、人として尊敬できる女性。女性としては魅力的だけれど、人として見た場合、よりよい自分になろうという努力をまったくしない女性は尊敬できません。

    パイロットの妻は容姿端麗というイメージがありますが、実際には人として尊敬できる女性を求めているといえます。