【男女別】歩くのが早い人の性格&特徴を徹底分析!メリットも公開

  • 歩くのが早い男性の性格&特徴

    歩くのが早い男女に共通する特徴を紹介しましたが、人間性をよく表したものが目立ちましたね。次は、男女別の性格と特徴です。

    男性には、女性に比べて自己顕示欲が強いなどの特徴があります。歩くのが早い男性の性格にも、それは如実に表れているでしょう。その他には、どんな性格や特徴がみられるのか、ご紹介していきましょう。

    負けず嫌いで頑固


    歩くのが早い男性は、負けず嫌いで頑固という一面を持っています。自己主張が強く、他人の声に耳を貸すということがあまりありません。そういった心理は、歩く速度にもしっかり表れているようです。

    また、自分が間違っているという意識がないため、人から間違いを指摘されることを嫌がります。歩くのが早いのは、単なる自己主張ではなく、周りの人に何も言わせまいとしているからなのかも。

    しかし、あまりにも頑固で謙虚な気持ちを持てないでいると、孤立しやすくなります。さらには、人に合わせるということもできないので、周囲から疎まれたり厄介者扱いされてしまう可能性もあるでしょう。

    周囲から注目を浴びるのが好き


    もともと男性の歩幅は大きいので、歩くのが早いと必然的に人目を引くことになるでしょう。そして、自己顕示欲の高い男性は、注目を浴びたくて歩き方を早くしている場合もあるのです。

    時には存在感を主張するために、大袈裟な動作をすることもあるでしょう。大手を振ったり、足音を立てたり。そういったこれ見よがしな動作を不快に思う人もいるので、注意が必要。注目を浴びるにしても、スマートな歩き方を心掛けるようにした方がよさそうです。

    自信に満ち溢れている


    歩くのが早い男性の中には、自信に満ち溢れている人もいるでしょう。自信があるため何かに臆するということもなく、いつも堂々としています。その心理が歩き方にも表れているのです。

    物事に対して積極的な面を持っていて、勇み足なまでに歩くのが早くなるのでしょう。そして、消極的な人や、歩き方がのろのろした人を見ても、理解する気持ちにはなれないようです。相手に合わせようという気持ちにはなれず、ワンマンプレーが目立ってしまうことになります。

    競争心が強い


    「誰にも負けたくない」と競争心が強くなる男性は、その意欲のままに歩くのが早くなりやすいでしょう。自分の前に誰かがいるということが悔しくてたまらず、どんな時でも歩を緩めません。

    仕事でもプライベートでも、勝手にライバル意識を持つことになるので、相手を戸惑わせることもあります。向上心が強いという言い方もできますが、意固地になってしまう側面もあるので、融通がきかなくなってしまうかもしれませんね。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)