【男女別】歩くのが早い人の性格&特徴を徹底分析!メリットも公開

  • 男女共通!歩くのが早い人の特徴

    歩くのが早い人には、性格面でいくつかの特徴が見られます。男性か女性かで特徴が異なる場合もありますが、男女に共通する特徴も見受けられます。その性格を自分では当たり前だと思っていても、人から見れば理解できないものもあるでしょう。

    また、のんびり歩くタイプの人とは正反対な部分もあるので、人と比べた時に極端に感じることも。

    歩くのが早い人にはどのような特徴が見られるのか、性格面に重きを置きながらみていきましょう。

    せっかちな性格


    歩くのが早い人に対して、せっかちなイメージを持つ人は多くいるはず。実際、待つことが苦手なために、早く歩くようになっている人はいるものです。自分の気持ちが先走ってしまい、「待っていられない」となってしまうのでしょう。

    また、せっかちな性格の人は、悩んだり迷ったりすることが苦手です。こうと決めたら一直線で、少しの猶予も持てないのでしょう。歩く速度にも言えることで、人に合わせたり人を待ったりということが出来ず、当たり前のように早く歩いてしまうのです。

    遅刻が苦手


    歩くのが早い人は、遅刻に対して強い罪悪感を覚えることがあります。子供の頃からそう躾られていた、社会人になって時間の大切さを知った…など理由は様々ですが、背景にはルール違反ができないという心理を抱えてもいるようです。

    その場合、必要以上に規則を重じている可能性もあります。ルール違反をする自分を許せない、ルール違反をして怒られたくない…といったように、デメリット回避をするために早く歩くようになるのかもしれません。

    早さにこだわり過ぎて短気になる


    短気で怒りっぽい人は、歩くのも早くなっているようです。とにかくどんなときでも「急がなきゃ」と思っていて、いつでも忙しそうにしているはず。さらに心の余裕も無くしているので、些細なことでも怒りっぽくなってしまいます。

    短気な性格をしていると、相手の気持ちになるということも出来ません。自分はどうしたいのかははっきりしているのに、相手がどう思っているのかは考えようともしません。なので、自分の思う通りにいかないことが、気に入らなくなってしまうのでしょう。

    健康意識が高い


    日頃から健康に気を使っている人は自分を律しているので、歩くのが早いだけではなく自分なりのルールを保っています。食事や運動、生活習慣に気をつけている健康的な人ほど、歩く時には背筋を伸ばして颯爽と歩いているはずです。

    健康意識が高い人は心身のメンテナンスがしっかりできているので、せっかちな人や短気な人と違って、メンタルも安定した状態にあるでしょう。

    その代わり、自分の意識の高さを人に押し付けてしまう側面もあるようです。歩く速度を合わせるよう人に強要したりすることもあるかもしれません。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)