クリスマスプレゼントを渡すタイミングはいつ?サプライズ成功談も!

  • クリスマスプレゼントを渡すときの注意点

    クリスマスプレゼントを渡すタイミングには、様々なシチュエーションがあることが分かりましたね。ただ、そのチャンスをしっかりと成功させるためには、しっかりとした準備が必要です。

    ここで、クリスマスプレゼントを渡すときの注意点を見ておきましょう。失敗に終わらないように、気を付けるべきこととは何なのでしょうか?

    レストランサプライズの場合はお店に可能か確認する


    レストランなどを利用してサプライズをする場合は、あらかじめ可能かどうかをお店に確認する必要があります。予約を取る前に、自分が理想とするサプライズプランが出来るか確認を取りましょう。

    当然、出来ないというケースもあり得ます。サプライズの実行が可能なお店が見つかるまで、根気強くリサーチが必要な場合もあるでしょう。

    デートの最初に渡す場合は小さめのプレゼントを選ぶ


    クリスマスプレゼントを渡す際、デートの最初の方のタイミングを選ぶ場合は小さめのプレゼントにすべき。大きなプレゼントをもらっても、その後持ち歩くのが大変ですよね。バッグの中に入る程度の小さめなクリスマスプレゼントにして、デートの邪魔にならないように注意しましょう。

    どうしても大きなプレゼントを渡したいという場合は、ロッカーなどの預ける場所を確認すること。持ち歩きながらデートするのではなく、一旦保管できる場所を確保しておくと便利です。

    枕元に置く場合はつぶれたりしないようにする


    サンタクローズをイメージした「枕元に置く」を選ぶ場合は、寝返りやベッドからの落下などによって、クリスマスプレゼントがつぶれたりしないように注意すべきですね。

    例えば、ガラス製のものをプレゼントする場合は、ベッドからの落下で割れてしまう危険性があります。また、花などを置いた場合は寝返りによってつぶれる可能性もありますよね。

    ですから、枕元に置くというやり方でクリスマスプレゼントを渡すときは、置き場所やプレゼントの中身に注意が必要です。せっかくのプレゼントがぐちゃぐちゃにならないよう気を付けましょう。

    言葉やメッセージカードを添えて渡す


    クリスマスプレゼントを渡す際、プレゼントだけよりも言葉やメッセージカードを添えた方が喜ばれます。

    もちろん、言葉にして思いを伝えたりすることが出来れば良いですが、恥ずかしくて言えないという人もいますよね。そんな人は、メッセージカードをクリスマスプレゼントの中に入れておいても良いでしょう。

    クリスマスプレゼントは、箱などに入れて包装することがほとんどですよね。ですから、プレゼントを購入の際に一緒に入れてもらってはいかがでしょうか。開けた時、プレゼントと一緒にカードが入っていたら二重に嬉しいはずです。サプライズ感をこうしたところでも出していきましょう。
  • クリスマスプレゼントを渡した時の失敗談

    最後に、クリスマスプレゼントを渡した時、残念ながら失敗してしまったという体験談を見ていきます。サプライズをするからには、相手に喜んでもらい成功で終わらせたいもの。「こんな失敗がある」という参考にして、準備をしっかりと整えておきましょうね。

    お店と打ち合わせ不足でグダグダに…


    「お店で食事しながらサプライズで渡すつもりだったけど、打ち合わせ不足でグダグダに…。もっとしっかりとお店に伝えておけば良かった。」(30歳/男性/金融業)

    サプライズを計画したお店との打ち合わせが、十分にされていなかったことで失敗に終わってしまったようですね。「こうしたい」という理想が自分の中にあっても、それをお店側にしっかりと伝えていなければ失敗に終わってしまうのも仕方ありません。

    どのように渡すか理想を伝えることは恥ずかしいことでもありますが、失敗してしまっては元も子もないですよね。どのスタッフにも伝わるよう、自分の希望する形を紙に書いて渡しておくこともおすすめです。

    忘れたふりをしたら怒ってしまった


    「彼女を驚かせようと思って忘れたふりをしたんですよね。そしたら本気で忘れたと思われて、怒って帰ろうとしたのですごいヒヤヒヤしました。」(21歳/男性/フリーター)

    一度気分を落としておいて、あとから驚かせようとしたのでしょうね。しかし、彼女が真に受けて怒ってしまったとのこと。危うく喧嘩に発展しそうな失敗となってしまったようです。

    行動で見せるサプライズは成功しやすいですが、相手を試すようなサプライズはこうした失敗も起こり得ます。恋人の性格や普段の関係性によって、サプライズの仕方を考えるべきでしょう。

    喧嘩中のタイミングで届いてしまった


    「クリスマスだというのに、彼氏と喧嘩。その真っ最中にあらかじめ用意していたプレゼントが届いて。渡すに渡せなくて、失敗に終わった。」(27歳/女性/イベントスタッフ)

    誰だって、クリスマスは仲良く過ごしているだろうと想像しますよね。そこにサプライズでプレゼントを渡し、さらに良い雰囲気になることを予定していたのでしょう。

    ですが、その当日に喧嘩となってしまったため、サプライズが台無しになってしまったようです。事前の努力が水の泡とならないよう、仲良く過ごすこともクリスマスではポイントになりますね。

    タイミングを完全に見失って渡すことができなかった


    「学校でプレゼントを渡すつもりでいたのに、タイミングを完全に見失って結局持ち帰る羽目に…。もっと綿密にプランを考えておけば良かった。」(20歳/女性/学生)

    学校で渡すという計画は立てていた様子。ですが、どんな時にどこでなど、詳細までは決めていなかったようですね。渡すタイミングを見失い、結局渡せずに終わってしまったようです。

    二人でデートしている時とは違い、このような場合はタイミングが一瞬なケースもあります。ロッカーに入れておくといった方法や、「○時に教室に来て」と彼に伝えておけば、タイミングを作れたかもしれませんね。