彼氏をムラムラさせる方法を大特集!さりげない方法やNG行動も!

彼氏をムラムラさせる方法を知りたいと思ったことはありませんか?この記事では、彼氏をムラムラさせる方法を大特集!ムラムラさせるのにおすすめの服装や仕草、行動や言葉をご紹介します。さりげなく彼氏を興奮させる方法をマスターして、ラブラブな時間を過ごしましょう。

  • 彼氏をムラムラさせる方法を伝授します!

    「彼氏とイチャイチャしたい!」「彼氏とエッチしたい!」そう思っていても、女性からは何となく誘いづらくて躊躇してしまうことってありますよね。彼氏をムラムラさせる方法があればぜひ知りたいと思っている女性は少なくないかもしれません。

    付き合ったばかりの頃はあんなに求めてくれていたのに、付き合いが長くなるにつれて求められることが少なくなってきた…。「マンネリ化してしまったから?」「わたしに魅力を感じなくなってしまったから?」こんな悩みを抱えている女性も多いことでしょう。

    この記事では、彼氏をムラムラさせる方法を大特集!ムラムラさせるのにおすすめの服装や言動をご紹介します。彼氏のほうから求められる女性になるためにぜひ参考にしてみてください。
  • 彼氏をムラムラさせる彼女の服装

    男性は本能的に視覚から興奮を覚える生き物だと言われています。女性を一目見た瞬間、恋に落ちたり性的興奮を覚えたりすることが多いのは、男性ならではの特徴でしょう。

    まずは、男性の本能をくすぐる方法として、彼氏をムラムラさせる彼女の服装をお伝えします。

    腕や肩が出る服装


    ノースリーブニットやオフショルダーブラウスなど、腕や肩が出る服装をすると彼氏を視覚からムラムラさせることができます。露骨な性的アピールになりすぎず、さりげなく女性らしさをアピールすることができるおすすめの方法です。

    女性が気にしがちなプニプニした二の腕も男性にとっては大好物のパーツ。丸みのあるやわらかなラインが性的な興奮をかき立ててくれます。また、普段あまり目にすることのない肩やデコルテを見せるのも、服を脱いだ彼女の姿を想像させるため、彼氏をムラムラさせるのに効果的な服装だと言えるでしょう。

    うなじが見える髪型


    女性のうなじも男性が性的興奮を覚えるパーツのひとつです。浴衣や着物を着たときに女性が色っぽく見えるのは、うなじが見える髪型にしていることも大いに関係しています。

    普段、髪をおろしていることが多い女性がアップスタイルにすると、いつも隠れているうなじがあらわになるので、見慣れない姿にギャップを感じさせることができます。おろしている髪をサイドに寄せるだけでも彼氏をムラムラさせることができるでしょう。

    手首や足首が見える服装


    うなじを見せるのも首を強調させることができる方法ですが、手首や足首など、名前に「首」がつく部分を見せるのも彼氏をムラムラさせるのにおすすめな方法です。

    ほかの部分よりもキュッとしまった手首や足首が見える服装をすることで、男性にはない華奢さを印象づけることができます。あえて露出をしすぎないことでもっとほかの部分も見たいという気持ちにさせることができ、性的欲求が高まるのです。

    ウエストを強調する服装


    女性らしいくびれたウエストを強調する服装も、彼氏をムラムラさせるのにおすすめです。ウエストを強調させる服装としては、トップスをスカートにインしたり、ベルトなどでワンピースをウエストマークしたりする方法があります。

    キュッとくびれたウエストは男性にとって女性らしさを感じることができる性的なパーツ。ウエストのくびれを見せることで思わず抱き寄せたくなってしまう彼氏もいるでしょう。

    身体のラインが出る服装


    彼氏をムラムラさせる服装に迷ったら、身体のラインが出る服装を意識するといいかもしれません。身体のラインに沿ったぴったりめのニットやスキニーデニムなど、女性らしいボディラインが強調される服装をするのがおすすめです。

    薄手のニットは胸のふくらみを強調させてくれますし、脚のラインが出るスキニーデニムはふくらはぎや太もも、お尻を強調させてくれます。胸とお尻という女性の性的な魅力があふれる部分をアピールすることで、彼氏を興奮させることができるはずです。

    脚があらわになる服装


    脚フェチなどという言葉があるように、女性の脚に性的な興奮を覚える男性は少なくありません。ミニスカートやスリットが入ったタイトスカートなど、脚があらわになる服装をするのも彼氏をムラムラさせるのにおすすめの方法です。

    彼氏を興奮させたいからと言って胸の谷間を見せてしまうと、露骨な性的アピールになって下品さが出てしまうので、脚を出すくらいがちょうどいいアピール方法だと言えるでしょう。