福井弁はかわいい?訛りや語尾を徹底解剖!告白の時のセリフも!

  • かわいいのに面白い?福井弁のフレーズ

    ここでは、かわいいのに面白い福井弁を紹介します。意味がよく分からなくても、聞いているとほのぼのとしていてかわいい雰囲気の方言を集めました。

    友達とお茶しているときや、会社の人との飲み会などで話題にしてみてはいかがでしょうか。「福井弁にこんな言葉があるよ。かわいいし面白いよね」って、盛り上がること間違いなし。

    それでは、かわいいのに面白い福井弁のフレーズをご覧ください。

    響きがかわいい「鉛筆ぼんぼん」


    鉛筆にぼんぼん?何のことだかさっぱり分からないけど、なんだかかわいい感じがして微笑ましい、この「鉛筆ぼんぼん」。これは、使っていて芯先が丸くなってしまった鉛筆のことを言います。

    この「鉛筆ぼんぼん」と対のように使われるのが「鉛筆つんつん」です。こちらの意味は、鉛筆を削ったばかりで芯がとがっている状態のこと。「ぼんぼん」と「つんつん」。なんだかくすっと笑ってしまいそうな表現が良いですよね。

    使われ方としては、「学校の支度しね。鉛筆ぼんぼんだっでしょ(学校の支度しなさい。鉛筆の芯先が丸くなっていたでしょ)」となります。

    「つるつるいっぱい」


    「つるつるいっぱい」というと、つるつるな状態のものや鶴がたくさんなのかと思ってしまいますが、実は違います。

    この「つるつるいっぱい」は、コップなどの容器に液体があふれそうなほどいっぱいに入っていること。簡単に言うと、容器に入った液体が、表面張力をおこしている状態のことを表しているのです。

    そのため、「ジュースを入れたけどつるつるいっぱいなっつんた(ジュースを注いだらこぼれそうなほどいっぱいになっちゃった)」や「お茶つるつるいっぱいにしての(お茶をいっぱいにしてね)」というときに使われる方言となります。

    この「つるつるいっぱい」は、言い方はかわいいけれど、内容が科学的で奧が深い方言ですよね。

    「じゃみじゃみだから」


    昔のテレビではよく見られた「砂嵐」のことを、福井弁で「じゃみじゃみ」と言います。

    テレビ画面が「砂嵐」になるのは、その日の放送が終わってから次の日の放送が始まるまで。そのため、「じゃみじゃみ」は「砂嵐」のことだけでなく、今日のテレビ(放送)が終わったよというニュアンスでも用いられます。

    使い方としては、「じゃみじゃみだから、もう寝よっせ(今日の放送が終了したから、もう寝よう)」や「ねんねは、じゃみじゃみ見ると泣き止むね(赤ちゃんは、砂嵐を見ると泣きやむね)」となります。

    「誰もえんでの」


    「今日、誰も家にえんでの」と言われたら、「今日、誰も家にいないからね」ということ。「~えん」は、「~いない」を表すときに使われる方言で、「~してえん」と言えば「~していない」というようになります。

    そのため、「今日、バイト休んでえんかった?」は「今日、バイト休んでいなかった?」となり、「今日、テスト勉強してえん」と言えば「今日、テスト勉強していないよ」というような使い方がされます。

    標準語で「~してないよ」と言うと、語気が強くなり喧嘩でもしているかのような雰囲気になってしまうことがあるでしょう。しかしながら「~えん」だと語気が強いという印象もないため、優しくてかわいい言い方になるのが良いですよね。

    「ちょっきりやで」


    福井県在住でなくても、住んでいる地域によっては聞いたことがあるという人もいるかもしれません。この「ちょっきりやで」の「ちょっきり」は、福井弁で「ちょうど」という意味です。

    「集合は9時ちょっきりやで」と言えば、「集合は9時ちょうどね」という意味。この他、「ちょっきり半分こにしよう(ちょうど半分こにしよう)」というような言い方もされています。

    こんな風に「ちょっきりね」なんて言われたら、かわいいなぁとほっこりしてしまいそうですよね。

    「ちゅんちゅんやで」


    まるで雀がいるかのような方言「ちゅんちゅんやで」。かわいい雰囲気が印象的なこの方言は、「雀がいるよ」と教えてあげている訳ではありません。

    この「ちゅんちゅん」は「熱々」という意味。熱い鉄板に水滴を落とした際、水滴が蒸発する音が「ジュン」や「チュン」というように聞こえたことから、このように言われているようです。

    「お茶がちゅんちゅんだから気ぃつけての(お茶が熱々だから気を付けてね)」というように使います。また、心が熱くなっているときにも「心がちっかちゅんちゅんしている(こころがとても燃えている)」というように言い表されるようですよ。
  • かわいい福井弁が出てくる映画&ドラマ

    福井弁がかわいいと評判になったのは、『チア☆ダン』など福井県や福井弁が出てくる映画やドラマの影響が大きいでしょう。もちろん『チア☆ダン』以外にも福井弁が出てくる映画やドラマはたくさんあります。

    そこで、かわいい福井弁が出てくる映画やドラマを紹介します。どんな福井弁が出てくるか、こちらで紹介する映画やドラマをご覧になってみてはいかがでしょうか。

    『チア☆ダン』


    映画では広瀬すずさんが、ドラマでは土屋太鳳さんが主演を務めていた『チア☆ダン』。実話をもとに作られていることからご存じの方も多いのではないでしょうか。

    映画版は、実在の女子高生がチアリーディングで全米制覇するというノンフィクションでしたが、ドラマ版では映画で全米優勝してから9年後という設定。福井県が舞台ということもあり、たくさんのかわいらしい福井弁を聞くことができます。

    『チア☆ダン」に出演していた広瀬すずさんや土屋太鳳さん、新木優子さんなど、女優さんが話す福井県の方言がかわいらしくてたまらないと評判でしたよね。

    『ちりとてちん』


    NHK朝の連続テレビ小説で放送された『ちりとてちん』。貫地谷しほりさん演じる和田喜代美の後ろ向きな性格や、時々突拍子もない行動をしてしまうところなどが、とても愛らしくかわいいと評判になったものです。

    この『ちりとてちん』舞台は、福井県と大阪府。喜代美の両親役の松重豊さんや和久井映見さんたち家族をはじめ、「和田喜代美」と発音が同じ名前の「和田清海」がいる和田家、魚屋食堂の面々など、個性あふれる人達の福井弁でのやりとりは興味深いものでした。

    また、癖がありすぎる徒然亭一門との関わりや喜代美が成長していく様は、時におかしく時に切なく、何度でも見たいと思わせる作品です。

    『あんどーなつ』


    人気コミックがドラマ化された『あんどーなつ』。こちらも貫地谷しほりさん主演で、心がほっこりと温まるお話です。そしてこちらの舞台も福井県。そのため、たくさんのかわいい福井弁を聞くことができます。

    「あんどーなつ」と聞くと食べ物の餡ドーナツを思い浮かべる方もいるのではないかと思いますが、実は貫地谷しほりさん演じる主人公の名前も安藤奈津(あんどうなつ)。少しひねってある感じが面白いですよね。

    こちらの物語は、パティシエ志望の安藤奈津が和菓子の世界に入っていくという話。さまざまな人との出会いや出来事を通して和菓子職人へと成長していく様は、笑いあり涙ありで心に残るドラマです。

    『ちはやふる』


    『ちはやふる』は、競技かるたに魅了された主人公、綾瀬千早が名人・クイーンを目指していく話。かるたとの出会いや、綾瀬千早を取り巻く幼なじみや転校生などとの人間関係、恋愛模様などを見ることができる映画です。

    この綾瀬千早を演じているのは、映画版の『チア☆ダン』で主演した広瀬すずさん。『ちはやふる』が映画化された当時も、広瀬すずさんが話す福井弁のなまり方がかわいいという口コミが広まりました。

    『シューカツ屋』


    水川あさみさん主演のドラマ『シューカツ屋』は、2020年の春に放送された番組です。この『シューカツ屋』は、福井県が舞台になっており、福井弁のほか福井県の産業や工業、町並みなど情景を知ることができるドラマです。

    時々、福井県ならではの「東尋坊に行っていたのか?」というご当地ギャグも飛び出すなど、視聴者を飽きさせない工夫がされていたのも見所のひとつでしょう。

    主人公・美野里が勤める福井大学は、国公立大学の中で就職率NO.1。ここを舞台に、就職先が決まらない生徒の就活支援活動をしていくというお話です。美野里の親友役・高橋愛さんは出身が福井県なだけあって、違和感なく話す方言がかわいいと感じられますよ。