福井弁はかわいい?訛りや語尾を徹底解剖!告白の時のセリフも!

  • 福井弁で告白する時のかわいいセリフ《前編》

    告白されたら、誰もが嬉しい気持ちになるのではないでしょうか。ドキドキして、寝られなくなってしまう人もいるかもしれません。

    そんな告白を、かわいい福井弁でされたらどうでしょう。キュンキュンして、即座にOKしてしまうかもしれませんよね。それでは、福井弁で告白する時のかわいいセリフを紹介します。

    ポピュラーでかわいい告白「付き合ってくれんけ」


    最もポピュラーでかわいい告白といえるのが、こちらの「付き合ってくれんけ」。意味は「付き合ってくれませんか」です。「付合ってくれんけ」と言うときに、語尾の「け」が少し上がる言い方がかわいいですよね。

    照れくさそうに顔を赤らめながら、こんなふうに好きの気持ちを伝えられたら、言われた方もキュンキュンときめいてしまうこと間違いなし。忘れられない告白になりそうですね。

    「そんだけ好きなんやわ」


    「あなたのことがそれだけ好きなんだよ」という意味の「そんだけ好きなんやわ」という福井弁。語尾の「~やわ」という言い方がかわいいですよね。

    「好きなんやわ」の前に「そんだけ」という言葉が付くことで、好きで好きでたまらないという切実な気持ちが伝わってきます。また、好きすぎて自分の心に留めておけずあふれ出てしまった、というようなかわいい気持ちも読み取れるのではないでしょうか。

    好きという思いを全て詰め込んで告白したら、相手もきっと真摯に向き合って答えを出してくれることでしょう。それと同時に、それほどまでに思っていてくれたのかと嬉しく感じてくれるはずですよ。

    「ずっと一緒にいてもらったらあかん?」


    「ずっと一緒にいてもらったらあかん?」は「ずっと一緒にいてもらえませんか?」という意味のかわいい告白です。

    「あかん」と言われると、関西地域の方言を連想してしまう人もいるかもしれませんね。福井県は福井弁と近畿方言が使われている地域なので、関西地域と同じような方言も使われるのですが、「あかん?」のように「?」が付くことで福井らしいかわいい方言となるのです。

    「ずっと一緒にいてもらったらあかん?」と言われたら、思わず「いいよ」と答えてしまいたくなる告白フレーズです。

    女性が言ってもかわいい「付き合ってくれんかのと」


    続いて紹介するのは「付き合ってくれんかのと(付き合ってくれませんか)」です。この語尾につく「かのと」は、「~くれませんか」という意味。この方言は、比較的男性が使う方言で、女性の場合「~かのと」ではなく「~かの」と言うことが多いそうです。

    この「付き合ってくれんかのと」を男性に力強く言われたら、嬉しくてクラクラしてしまう女性もたくさんいるのではないでしょうか。

    また、女性が「付き合ってくれんかのと」と伝えると、少し強気な雰囲気で伝えているのが、たまらなくかわいいと思ってしまう男性もいるはずですよ。
  • 福井弁で告白する時のかわいいセリフ《後編》

    福井弁のかわいい告白をお伝えしました。お気に入りのフレーズはあったでしょうか。同じ好きの気持ちを伝える言葉でも、語尾がかわいいものから、ストレートで心に響く告白までさまざまでしたよね。

    もし誰かに好きの気持ちを伝えたいと考えているなら、福井弁で告白してみてはいかがでしょうか。きっと、かわいいセリフでの告白が出来るでしょうし、相手の人も「それどこの方言?」と興味を持ってくれるはずです。

    それでは、福井弁で告白する時のかわいいセリフ《後編》を紹介します。

    「おめぇが好きなんやって」


    ストレートな告白のひとつである「おめぇが好きなんやって(あなたのことが好きなんだって)」。こんな風に真っすぐに告白されたら嬉しいですし、すぐにでも「OK」してしまいそうですよね。

    なかなかストレートに告白できない人もいる中で、真っすぐに気持ちを伝える心意気や勇気をたたえたくなってしまうという人もいるのではないでしょうか。

    「おめぇ」という言い方が男性らしさを感じさせますが、語尾の「~やって」という言葉がかわいい印象を与えるので、男性が言っても女性が言っても違和感のない告白フレーズといえるでしょう。

    「かすな好きなんやけど」


    「かすな好きなんやけど」の「かすな」には「とても」や「ものすごく」というニュアンスがあります。そのため、「かすな好きなんやけど」と言われたら「ものすごく、あなたのことが好きなんだけど」と言われているということ。

    ものすごく好きだなんて言われたら、嬉しくてたまらなくなってしまうのではないでしょうか。また、標準語で「とても好きです」と言われるよりも「かすな好きなんだけど」と言われた方が、なんとなくほのぼのとしてかわいい雰囲気になりますよね。

    「おもっしぇとこもてなわんとこも好きやざ」


    福井弁が豊富に詰め込まれた告白フレーズが、こちらの「おもっしぇとこもてなわんとこも好きやざ」です。どれが福井弁かというと「おもしぇ」「てなわん」「~やざ」の3点。

    「おもしぇ」は「おもしろい」や「おかしい」「変な」という意味があり、「てなわん」には「生意気な」や「ずる賢い」「面倒なところ」というニュアンスが含まれます。語尾に用いられている「~やざ」は、「~です」や「~だ」を方言にした言い方。

    そのため「おもっしぇとこもてなわんとこも好きやざ」は、「面白いところも面倒くさいところも好きです」という意味となります。このように見てみると、福井弁だらけの告白は、かわいいだけでなく味があって良いですよね。

    「うらしかえんよ」


    「あんたみたいなてなわんの相手できるの、うらしかえんよ」といった告白は、心に響くはず。意味は「あなたのような気が強い人を相手にできるのは、俺しかいないでしょ?」です。

    ここで使われている「うら」は、女性も使いますが主に男性が自分のことを指して言うときに使われる方言。こんな風に言われたら、頼りがいがありそうな感じがしてキュンとしてしまいそうですよね。

    また、「てなわん相手できるの、私しかおらんざ?(やんちゃな人の相手をできるのは、私ぐらいしかいないでしょ?)」と言えば、少し柔らかい印象のかわいい告白フレーズとなるでしょう。