福井弁はかわいい?訛りや語尾を徹底解剖!告白の時のセリフも!

  • 使いたくなる!かわいい福井弁を紹介《前編》

    続いて紹介するのは、思わず使いたくなるかわいい福井弁です。福井弁がかわいいと感じるのは、けっして話し方に特徴があるからだけではありません。

    福井で使われている言葉そのものに、かわいい印象をあたえるものが多くあるのです。どのような方言が出てくるのか楽しみですよね。それでは、かわいい福井弁について見ていきましょう。

    「ほやほや」


    「ほや」と聞くと貝のほやを連想してしまう人もいそうですが、「ほや」は福井弁で相づちを打つときなどに使われる方言。

    標準語では、話をしているとき「そうそう」や「うんうん」など相づちを打つという人も多いのではないでしょうか。この相づちが福井弁では「ほや」や「ほやほや」となります。

    「ほやほや」と言う響きが柔らかい雰囲気なので、かわいい言い方だなぁと感じる人も多いはず。また、相づち以外にも「そうなんだよ」といった共感を表すときに「ほやほや」が用いられます。

    「ようけ」


    「ようけ」の意味は、「たくさん」や「多い」「余るほどいっぱい」です。この方言は、関西や東海地域、下関などさまざまな地域で使われている言葉。そのため、比較的意味が分かりやすい方言といえるのではないでしょうか。

    この「ようけ」の語源は、「余計」という言葉が転じて「ようけ」になったのではないかと言われています。使い方としては、「こんなにようけ持ってきて(こんなにいっぱい持ってきて)」というようにすると良いでしょう。

    「ようけ」以外にも、たくさんやいっぱい、多いという意味で使われる方言として、「いっぺぇ」や「ぎょうさん」が用いられています。

    「うそうそ」


    「うそうそ」とは、古くて汚れている様子を表す言葉。お気に入りの洋服など、何度も着ていると徐々に色が薄くなってしまったり変色してしまったりしますよね。

    このような状態になってしまった洋服などに使われるのが、この「うそうそ」なのです。また、汚れている状態も「うそうそ」という言葉で表現されます。言葉だけを聞くと「嘘嘘」かと思ってしまいそうですが、決して嘘をついているわけではありません。

    「もう洗わな、うそうそになってるよ(そろそろ洗わないと、汚れているよ)」や「たくさん着たから、もううそうそやね(たくさん着たから、古くなって汚れてきたね)」というような使い方がされています。

    「おちょきん」


    「おちょきん」と聞くと、どんなことをイメージしますか?たいていの人は「貯金」を丁寧に言ったのかなと想像するかもしれませんね。実はこの「おちょきん」は、正座や場合によっては行儀を良くする、姿勢を正して座るという意味で使われます。

    そのため「おちょきんしねま」と言われたら、「きちんと正座しなさい」や「姿勢を正して座りましょう」と促されていることになるのです。

    しかしながら、意味を聞いていたとしても、「おちょきんしねま」と言われたら、やっぱり「貯金しようね」と言われているような気がしてしまいますよね。

    「ぬれんざ」


    「ぬれんざ」は「濡れんざ」で、濡れないという意味。ひどい雨が降ったり、水が飛んできたりしても「びしょびしょに濡れなかったよ」「濡れてぐっしょりにならなかったよ」という状態のときに使われる方言です。

    ところで「ヌレンザ」という傘は、ご存じでしょうか。この傘は、福井県にある洋傘店で販売されている商品。

    この「ヌレンザ」は、福井弁の「ぬれんざ」にちなんで名付けられたそうで、「ぬれんざ」の意味のように、傘を一振りするだけでほぼ乾いた状態になると評判の傘なのです。

    雨が降っていても濡れなかったら、「雨が降っていたけど、ぬれんざ」って言ってみたいですよね。きっと、「どんな意味?」と話題になるはずですよ。
  • 使いたくなる!かわいい福井弁を紹介《後編》

    「使いたくなる!かわいい福井弁」の前編を紹介しました。かわいい方言ばかりで、思わず使ってみたいと感じる言葉もあったのではないでしょうか。

    また、かわいいけど想像していた意味と違っていて面白いと感じた方もいるかもしれませんね。まだまだ、使ってみたくなるようなかわいい福井弁がありますので、続けて紹介していきます。

    それでは「使いたくなる!かわいい福井弁」の後編をどうぞ。

    「おもっしょぉ」


    「この本、おもっしょぉよ」と言われたら、「この本、重いってことかな?」と解釈してしまいそうですが、実際は「この本、面白いよ」という意味。

    「おもしろくない」時は「おもっしょない」、「面白い人」の場合は「おもしぇえ人」というように、少しずつ語尾を変化させた使い方がされているのです。

    ただし、面白い人という意味で「おもしぇえ人」と言っても、聞く人によっては「変な人」というように違った解釈をされてしまいますので、注意が必要。

    使い方としては「昨日のテレビ見た?おもしょかったね(昨日のテレビ見た?面白かったね)」と言うようにするとよいでしょう。

    「かやす」


    「かやす」とは、「ひっくり返す」「倒してしまう」という意味で使われる方言です。もしかしたら、「返す」という言い方がなまって「かやす」になったのかもしれません。

    この「かやす」を使うときには重要なことがあるのです。それは、倒してしまった状態が「わざとではない」ということ。

    悪意を持った状態で倒したときやひっくり返したときには、「かやす」はあまり使いません。あくまでも、誤って倒してしまったときに「あっ、コップかやしちゃった。ごめん。(あっ、コップを倒しちゃった。ごめん)」と使うのです。

    「かぜねつ」


    「かぜねつがつらい」と言われたら、風邪で熱が出たのかなと思ってしまいますよね。ですが、そういうわけではありません。福井弁では、口内炎のことを「かぜねつ」と言い「口内炎がつらい」という意味になるのです。

    風邪で熱が出るのもつらいですが、口内炎もけっこうつらいですよね。「かぜねつ」を標準語だと思って使っている福井県民も多いため、福井県で「かぜねつ」は、比較的使われることが多い方言のひとつだそうです。

    とはいうものの、やっぱり「かぜねつやで(口内炎だから)」と言われたら、風邪かな?熱かな?と勘違いしてしまいそうな方言ですよね。

    「ねんね」


    「ねんね」は、赤ちゃんのことをいいます。寝ようねという意味の「ねんねん」と間違えてしまいそうな方言ですよね。

    使い方としては、「ねんねは、まだ寝ていなさる(赤ちゃんは、まだ寝ているよ)」や「ねんね、ぶぅしてるの(赤ちゃんをおんぶしてるの)」となります。赤ちゃんのことを「ねんね」と言うなんて、なんともかわいい雰囲気がして、微笑ましいですよね。

    「かたいけの?」


    「かたいけの?」と言われたら「固い毛の何?」と思わず固い毛で出来ている何かを想像してしまいそうですが、固い毛の何かを表しているわけではありません。

    これは、「元気?」というニュアンスで使われる言葉で、福井地域ではあいさつに使われるポピュラーな方言なのです。

    使い方としては「久しぶりやのぉ。かたいけの?」となり、意味は「久しぶりだねぇ。元気にしてた?」という具合になります。