福井弁はかわいい?訛りや語尾を徹底解剖!告白の時のセリフも!

かわいいことで知られている福井弁。『チア☆ダン』の影響でさらに有名になりましたよね。そこで今回は、かわいいと言われる福井弁の特徴や、よく使われている方言についてお伝えしていきます。また、福井弁でのかわいい告白のセリフや面白いフレーズなども紹介します。

  • 福井弁にはかわいい魅力がたっぷり!

    福井弁は、北陸地域にある福井県の北側で使われている方言です。もともとかわいいことで知られていた福井弁ですが、のちにドラマ化もされた映画『チア☆ダン』でさらに全国から注目されることとなりましたよね。今回は、かわいいと言われる福井弁について、徹底的に紹介していきます。

    紹介するのは、かわいいと言われる話し方の特徴や、おもしろくて愛らしい方言の数々。これを知ったら、福井弁を使ってみたいと思うようになるかもしれません。それでは、かわいい魅力がたっぷりつまった福井弁の紹介、始まります。

    福井弁は北陸方言の一種


    福井弁とは、福井県の特定の地域で話される方言のこと。福井県は北陸地域に位置するため、福井弁も北陸方言の一種となります。

    福井県は、敦賀市より北の嶺北地方と、敦賀市以南の嶺南地方とに分かれています。福井弁は、北の嶺北地方で話されている嶺北方言のこと。ちなみに、嶺南地方で使われている嶺南方言は、アクセントなどの特徴から近畿方言に属しています。

    『チア☆ダン』でかわいい福井弁が有名に!


    もともとかわいいことで知られていた福井弁ですが、映画版とドラマ版の『チア☆ダン』によって、さらに注目されるようになりました。

    なぜ『チア☆ダン』が話題になったのかと言えば、『チア☆ダン』が実話をもとにした作品で、しかも福井県の普通の女子高生たちが、全米チアダンス選手権大会で優勝という偉業をなしとげたから。この奇跡があったからこそ、多くの人に『チア☆ダン』の映画やドラマを見たいと思わせたのです。

    それによって、『チア☆ダン』の舞台である福井県やかわいい福井弁がさらに有名になりました。
  • 福井弁の特徴について

    方言は、地域ごとにアクセントやイントネーションが異なるもの。語尾を強く発音したり、伸ばす感じで話したりと、地域ごとに違うのが面白いですよね。

    ここでは、福井弁の特徴について見ていきます。福井弁のアクセントや語尾の特徴を知ると、「だから福井弁がかわいいと感じるんだ!」と納得できるはずですよ。

    上がったり下がったりするイントネーション


    福井県の方言を聞いていると、話しているときにイントネーションが上がったり下がったりする傾向があるということに気がつくでのはないでしょうか。このようなイントネーションのことを、間投イントネーションといいます。

    間投イントネーションがどのようなイントネーションかというと、例えば標準語の「あのね」の場合、福井弁では「あのぉんねぇ」、同じように「それに」の場合は「それにぃい」、「たこ焼き」の場合は「たこやきぃい」というようになります。

    このように、まるで言葉が波を打っているかのように聞こえる話し方が、かわいいといわれる理由なのでしょう。

    語尾が伸びるところがかわいい


    福井弁がかわいい印象になるのは、語尾に特徴があるから。福井弁の語尾は、伸ばして発音するという特徴があるのです。例えば、「えっと」は「えっとぉ」、「それで」は「それでぇ」という具合。

    このほか「手」は「手ぇ」、「目」は「目ぇ」というようになります。語尾を伸ばすというと、甘ったるい感じで話すイメージがありますが、福井弁の場合はそうではありません。

    確かに、文字で表してみると甘えているときの話し方のような感じがしてしまうでしょう。しかし、会話のように発音してみると、間投イントネーションも相まって甘えているような感じではなくなり、おっとりとしたかわいい印象の話し方になるのです。

    福井弁は語尾が下がる


    福井弁の語尾のもう一つの特徴に、語尾が下がるというものがあります。

    発音している音でそのまま語尾を伸ばすと、少し機械的な印象を受けることもあるはず。また、機械的な話し方は、冷たい印象や心ここにあらずというような、相手の話をキチンと聞いていない感じがしますよね。

    その点、福井弁の話し方の場合はただ語尾を伸ばすだけではなく、うねりながら下げるという話し方をします。このような特徴は、穏やかな話し方を印象付けるもの。

    福井弁のような語尾を下げる話し方は、相手の話を丁寧に聞いていたり、相手のことを考えながら話したりしているような温かさを感じさせるのです。

    ほとんどアクセントが無い


    「はし」「いし」などの言葉は、どこにアクセントを置くかによって使い分けますよね。

    例えば「はし」の場合、アクセントを置く場所によって「橋」や「端」、「箸」となるわけです。ところが福井弁の場合、どの「はし」もアクセントがない平坦な発音となります。

    これは、福井弁の特徴である無アクセントという話し方で、ほとんどアクセントがない発音の仕方です。そのため、どの「はし」も同じように聞こえてしまうので、意味の違いが分かりにくそうだと感じますよね。

    ところが、常に福井弁を使って、無アクセントに慣れている人たちは、話の前後の流れからどの「はし」のことを言っているのか理解しているそうです。すごいですよね。

    福井弁の命令表現は「○○ね」になる


    福井弁では、「○○しなさい」というような命令形を使うとき「○○しね」と言います。そのため、「勉強しなさい」だったら「勉強しね」となり、「早く支度しなさい」なら「早く支度しね」となるのです。

    福井弁では「なさい」の部分が「ね」に変化しているようですね。「しなさい」のほかの命令形の場合、例えば「早く来なさい」は「早く来ね」、「早く行きなさい」は「早く行きね」というように使われています。

    福井弁を知らない人が「早くしね」といわれると、「死ね」かと思ってびっくりしてしまいそうですが、「死ね」ではないので安心してくださいね。ちなみに、福井弁での「死ね」は「死にね」だそうですよ。