【夢占い】昔好きだった人が夢に出てきた意味は?相手・状況別に解説

  • 昔好きだった人が行動する夢占い

    これまではあなたのほうからアクションを起こす夢を紹介してきました。次はその逆に、昔好きだった人のほうがアクションを起こす夢の意味を見ていきましょう。

    昔好きだった人が結婚する夢


    昔好きだった人が、別の女性と結婚してしまう…そんな夢を見たら大抵の人は心が締め付けられるような気分になるのではないでしょうか。何か不吉なことが起こる前兆のように思えてきますよね。

    ただ、実際には前兆というより、今のあなたの心理が反映されています。昔好きだった人を別の女性に取られる夢は、あなたの結婚に対する焦りを表しているのです。早く結婚しなければ、素敵な人を見つけなければと日々焦っています。

    この焦りを解消するには、あなた自身が結婚するのが一番確実でしょう。しかし、だからといって結婚することを目標にすると、本当に良い相手には巡り合えないかも。焦りは禁物ですから、落ち着いてチャンスを待ちましょう。

    昔好きだった人が泣く夢


    昔好きだった人が泣く夢は、あまり恋愛には関係ありません。ではどのようなことを意味しているのかというと、その人が苦しい状況に身を置いていることを意味します。

    これをどう生かすかはあなた次第です。助けたいと思うのなら連絡を取ってみても良いでしょう。しかし、それは厄介ごとに巻き込まれるわけでもあります。あまり首を突っ込まないほうが穏やかでいられるかもしれません。

    昔好きだった人が病気になる夢


    昔好きだった人が病気で苦しむ姿なんて見たくないですよね。そんな姿をわざわざ夢で見てしまうということは、あなたは強いストレスを抱いているのかもしれません。普段の生活の中で感じている苦しみが、好きだった人の病気という形で表れているのです。

    また、この夢を見てすぐにでも助けなきゃと思ったら、未練がある可能性もあります。その未練のせいで新しい恋愛に踏み切れないことがストレスの種になっていることもあるでしょう。

    昔好きだった人が死ぬ夢


    これは昔好きだった人が病気になる夢と似ている…ように思えますが、実はそうではありません。むしろ、前向きな意味を表します。

    というのも、夢占いにおいて死は生まれ変わることを意味するからです。つまり、恋愛においては過去の恋と決別し、新しい恋に向かっていける姿勢を表しています。もうあなたの中で、昔好きだった人の存在を消し去ることができている証拠かもしれません。
  • 昔好きだった人が夢に出てきたら

    これまで、昔好きだった人が出てくる夢のさまざまなパターンの意味を紹介してきました。しかし、そういった夢を見たら具体的にどうすればよいのでしょうか。

    現在の恋愛を考え直す


    昔好きだった人が夢に出てくるのは、現在の恋愛に対する不満が現れていることをこれまで紹介してきました。不満があるからこそ、昔の美しい思い出に浸ってしまうのです。

    しかし、美化された思い出ばかりに目を向けていても、現状は改善しません。現状を何とかするには、今の恋愛姿勢を正し、好きな人と向き合うことが大切です。

    夢占いの結果を参考にする


    夢占いの観点から、恋愛運や金運などさまざまな運勢を把握することができます。その結果を今の生活に生かすと良いでしょう。

    たとえば、恋愛運が高まっているのなら好きな人にアプローチするのも良し。金運が高まっているのなら恋愛はひとまず置いて仕事に励むも良し。何らかの形で、自分の生活を方向付けられると良いですね。

    昔好きだった人にアプローチしてみる


    新しい恋愛に踏み切るには、昔好きだった人への未練は断ち切る必要があります。しかし、どうしてもその人のことが好きなのであれば、無理に新しい恋愛に踏み切る必要もないかもしれません。

    もし、昔好きだった人とやり直せる可能性があるのなら、もう一度アプローチを仕掛けてみるのもアリです。昔好きだったころと比べて時間が経っていますから、当時よりも上手なアプローチができるのではないでしょうか。

    ただし、もし昔好きだった人に彼女がいたり、既婚者になっているのであれば、やり直せる望みはありません。その場合は何とか自分の中で過去に別れを告げて、前を向く必要があるでしょう。

    あまり深く気にしない


    夢には何かしらのメッセージが隠されていることがあります。そのメッセージを信じて、自分の気持ちを見直すのも良いでしょう。

    しかし、あまりに捕らわれすぎるのも考えもの。いくらメッセージがあるとはいえ、夢は夢。その中で見たことは現実ではありません。夢の中で昔好きだった人が優しくしてくれても、実際にアプローチしてうまくいく保証なんてどこにもないのです。

    そのため、あまり深く考えないという選択も〇。むしろ、前を向いて生きていくうえではそちらのほうが大切かもしれませんね。夢と上手に付き合っていきましょう。