フェチの種類を定番からマニアックなものまで解説!男女で違う理由も

フェチという言葉はすっかりおなじみになりましたね。そんなフェチには、実にさまざまな種類があります。そこで今回は、フェチの種類を定番からマニアックなものまで、徹底解説。フェチの意味や好きな要素が、男女で違う理由もご紹介します。

  • フェチの種類は無限大!

    フェチという言葉には、かつてはちょっとエッチなイメージがあったのではないでしょうか。しかし、それも今や過去のこと。最近では、会話の中で普通に使われる言葉になりました。

    そんなフェチの種類はまさに無限大。とはいえ、なぜフェチの種類はそんなに多いのでしょう。まずは、フェチについて考えていきます。

    わかるようでわからない?「フェチ」の意味とは


    フェチとは、フェティシズムという英語から作られた和製英語。フェティシズムという言葉はさまざまな種類のジャンルで用いられ、それぞれ意味が異なります。

    人類学や宗教学では呪物崇拝、経済学では物心崇拝といった意味合いに。さらに心理学では、特定の対象やその断片を愛することを意味し、しばしば偏った愛になるのが特徴です。

    こうした異なる種類で用いられるフェティシズムの意味をミックスしたのが、日本で言うフェチ。そのため、体の特定の部分や服などのアイテム、さらにはにおいなど、人それぞれで好む対象も異なります。

    ただ、フェチの多くは性的興奮を呼び起こすため、エッチなイメージがあるのも納得ですね。

    「フェチ」と「好き」の違いって何?


    人が特定のものに執着する理由は、それが好きだから。けれど、単に好きという場合、フェチとは言いませんよね。

    フェチと好きの違いはというと、特定の対象物に対して過度なこだわりがあるかどうか。例えば、恋愛において彼氏や彼女のすべてが好きなのであれば、これは好きに該当します。

    一方、彼氏の特定の箇所が何よりも好きとか、彼女の体の中で、そこにばかり目が、あるいは手がいってしまうとなれば、これは過度なこだわり。つまり、その部分に対するフェチとなります。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)