イキやすい女になる方法とは?NG行為・男性の本音も合わせて解説!

エッチでイケない女性や、イッてないのに演技をしたことがある女性は多く存在します。どうすればエッチでイキやすい体になれるのか、真剣に悩む人も。こちらでは、イキやすい女の共通点や、イキやすい体になる方法を解説します。パートナーと協力して挑戦してみましょう!

  • イキにくいのが悩み…どうすればイキやすくなるの?

    あなたはエッチでイクことはできますか?男性の場合は、オナニーでもエッチでも「射精=イク」とフィニッシュがわかりやすく、射精したら終了になります。それに対して女性は、明確なフィニッシュがありません。

    女性は男性と感じ方が異なるため、エッチで必ずイケるとは限らないのです。「すぐイクときもあれば、イキにくいときもある」「オナニーではイケるけどエッチでイッたことがない」「そもそもイクという感覚がわからない」など、女性によって悩みは様々。

    自分の体質を理解し積極的にイク努力をすれば、イキにくい体を改善することができます。コツをつかめば、イッた後も続けてエッチを楽しむことができ、何度もイクことができる体になれる可能性もありますよ。
  • みんなはどのくらいイケてる? 女性の本音

    女性がエッチでイケるかイケないかは、個人差が大きく一概には言えません。こちらでは、エッチのときどのくらいイケているのか、女性の本音を紹介します。それではさっそく見ていきましょう!

    1回のエッチで1回はイク


    「私は1回のエッチで1回はイクことができます。1回イっちゃうとすごく疲れてしまって、動くのも億劫になってしまうので、彼氏がイクのに合わせるようにしています。ダメそうなときは私が先にイッて、後は申し訳ないけどマグロ状態。ぐったりするので、ピロートークとかいらないです…」(28歳/女性/公務員)

    オーガズムで深い快感を得られる女性は、1回イクと体力の全てを消耗してしまいます。男性がイッた後と同じような感覚ですね。

    基本的にイカない


    「エッチでイッたことないなあ。だってエッチでイクためには、『そこじゃない、それだと弱い、強すぎる、もうちょっと上、クリいじりながら突いて、たまに乳首も触って』と細かく注文しないとイケないから無理じゃん?イク演技はしてるけど、内心、諦めてる」(25歳/女性/一般事務)

    オナニーではイケるけどエッチではイケない女性は、実は多くいます。エッチの最中に、相手に感じる場所を伝えにくいからという理由です。

    何度もイクことができるくらいイキやすい


    「私は恥ずかしいくらいイキやすい体質。1回快感スイッチが入っちゃうと、何度も波が来てイケちゃう。イッた後もすぐ感じちゃって、ずっとエッチを楽しめるんだけど…。イキやすいせいで、相手に『演技じゃないの?』とか『どんだけ遊んだらこんなに開発されちゃうの?』とか言われて、嫌な思いをしたことも多い…」(32歳/女性/コンサルティング)

    イキやすい体だと、エッチ自体を楽しむことができます。しかし相手の男性に心ないことを言われ、嫌な思いをしてしまうことも。

    イクという感覚が全くわからない


    「つい最近まで、女はオナニーしないものだと思ってた。男みたいに溜まるものないから、必要ないでしょって。私はそのレベルなのでオナニーなんて当然したことがなく、イッたことがない。エッチしてるときに、なんとなく気持ちいいなとは思うけど、イクという感覚が全くわからない」(21歳/女性/学生)

    オナニーを一切しない女性は一定数存在します。イキやすい・イキにくい以前の問題で、イクという感覚自体を知らないのです。