茶臼のばしってどうやるの?マンネリ防止におすすめのセックス体位

「茶臼のばしってなに?」「カップルにおすすめの体位って本当?」茶臼のばしは、大江戸四十八手の一つ。密着度も高く、快感を高めやすいスローセックスを存分に楽しめることができる体位です。今回は茶臼のばしのやり方やマンネリ防止の方法などを丁寧に紹介していきます。

  • そもそも「茶臼のばし」って何?

    「茶臼のばし」という体位の名前を耳にしたことはありますか?

    「茶臼のばし」は、騎乗位の種類のひとつです。お互いの体を最大限密着させるのが特徴で、愛情を感じることのできる体位として多くのカップルから人気を得ています。

    とはいえ、そこまでメジャーではない「茶臼のばし」というこの体位。いったいどのような体位なのでしょうか?「茶臼のばし」によって得られる効果なども含めてさっそく見ていきましょう!

    茶臼のばしとは


    茶臼のばしとは、性交体位の種別を表した四十八手の種類のひとつです。女性が両脚を閉じた状態で男性の上に体を重ねる形を指し、騎乗位の一種とされています。

    茶臼という言葉は本来は茶葉をひいて抹茶にするためのひき臼を意味していますが、「上下逆にする」という第2の意味も持っています。これは男女がセックスをする時に女性が上になることを表しており、騎乗位の体位は茶臼という言葉を含むことが多いようです。

    「時雨茶臼」や「月見茶臼」もそうした騎乗位の一部ですね。茶臼のばしは、「時雨茶臼」や「百閉」のようなスタンダードな騎乗位から、両脚をのばして形を変化させたものなので「茶臼のばし」と呼ばれています。

    セックスがマンネリ化してるカップルは多い


    「セックスのマンネリ化」とは、相手に対する新鮮さを失ったり慣れてしまうことでセックスに飽きてしまったり退屈だと感じてしまうことです。

    本来マンネリ化するのは必ずしも悪いことばかりではありません。愛情は長い時間をかけて変化していきますよね。その中で、恋心が落ち着いてくるのは誰にでも起こることです。マンネリ化しても幸せなまま過ごしていけるカップルも多いでしょう。

    では、なぜセックスのマンネリ化が問題とされたり、悩むカップルが多いのでしょうか。それは、セックスのマンネリ化がセックスレスを引き起こすためです。男女問わずセックスレスに苦しむ人は多く、レスをきっかけに別れてしまうカップルも少なくありません。

    セックスのマンネリ化を刺激的なセックスで撃退


    結論からいうと、セックスのマンネリ化から脱するためには必要なことは多くありません。ポイントとなるのは、「新鮮さ」と「愛情の再確認」です。

    上記のポイント2つは普段の生活においても言えることですが、セックスに特化して言うとすれば「刺激的なセックスをすること」「愛情を感じられるようなコミュニケーションをとること」が大切でしょう。

    茶臼のばしは、肉体的な快感だけでなく精神的な充足感を満たすこともできる体位です。いわゆるメジャーな体位ではないので、いつもの代わり映えのしないセックスを刺激的で新鮮なものに変える効果にも期待できるでしょう。