迎え舌の意味とは?不愉快な印象を与える迎え舌の原因から直し方まで

「迎え舌」というマナー違反の食べ方をご存じですか?自分でも気づかないうちに迎え舌をして、周囲の人に不快な印象を与えてしまっているかもしれません。そこでこの記事では、迎え舌について徹底解説。迎え舌の意味や特徴はもちろん、迎え舌をしてしまう原因や心理、直し方までをご紹介します。

  • 迎え舌の意味や特徴とは

    食事のマナーにはいろいろありますが、「迎え舌」というマナー違反の食べ方をご存じですか?耳慣れない言葉なので、もしかしたら初めて聞いたという人もいるかもしれませんね。

    この記事では、周囲の人に不快な印象を与える「迎え舌」の意味や特徴を解説。迎え舌になってしまう原因や心理を踏まえたうえで、迎え舌の直し方をご紹介します。

    まずは、迎え舌の意味や特徴について確認していきましょう。

    食べ物を舌で受け止める


    「迎え舌」とは、読んで字のごとく、食べ物を「舌で迎える」食べ方です。口を大きく開けて舌を出し、食べ物を舌で受け止めるようにして食べるため、マナー違反の食べ方だと言われています。

    大口を開けて、しかも舌を出して食べ物を迎え入れる食べ方は、見ていて気持ちの良いものではありません。周囲の人に不快な印象を与えてしまうので、しっかり直すべき食べ方だと言えるでしょう。

    食事の際に何度も舌が見えてしまう


    迎え舌というマナー違反の食べ方が癖になってしまっている人は、食事中、口を開ける度に何度も舌が見えてしまっていることに気づかないことが多いようです。おそらく物心ついた頃からそのような食べ方で食事をしてきたので、舌が見えていても気にしないのかもしれません。

    ですが、一緒に食事をしている人からすれば、食べ物がまだ口に入っている状態で舌が見えてしまうのは不快そのものでしょう。もしかしたら、何とか直してもらいたいと思われているかもしれませんよ。

    セクシーに見えるという肯定的な意見も


    基本的に迎え舌は、その不快な見た目からマナー違反の食べ方だと否定的な見方をされる場合が多いですが、中には肯定的な見方をしている人も。好きなアイドルや芸能人が迎え舌になっている様子を見て、「セクシーに見える」という意見や「とくに気にならない」という意見をもつ人もいるようです。

    ですが、そうした意見はやはり少数派で、ほとんどの人が迎え舌に対して良くない印象をもっているということは否定できません。