オールインワンの困ったトイレ事情!【タイプ別】対策方法を解説!

  • オールインワンのトイレ解決法【ガウチョタイプ】

    ガウチョタイプは、ゆったりとしたシルエットで、気になる体型をカバーしてくれる優れ物です。オールインワンだけにどどまらず、ガウチョパンツも人気のファッションアイテムですね。

    一見スカートに見えるのでフェミニンな雰囲気を演出できたりと、さまざまなシーンで活躍するデザインとなっています。おしゃれアイテムとしては申し分ないガウチョタイプですが、やはりトイレをするとなると、裾が汚れてしまうのが気になるところです。

    それでは、オールインワンのガウチョタイプを着た時に上手にトイレをする方法を見ていきましょう。

    ヘアゴムで裾を留める


    オールインワンを着た時は、太めのヘアゴムを2つバックに忍ばせておきましょう。ヘアゴムを足首にはめて裾を留め、少し上に上げると良いでしょう。特に、裾がヒラヒラしているガウチョタイプのものは、この方法で裾が床に付いて汚れるのを防ぐ事ができます。

    さらに、ヘアゴムを持っておけば、髪の毛が邪魔になった時にもささっと整えることができて、一石二鳥です。必須アイテムとして、常に持っておくことをおすすめします。

    洗濯ばさみで裾を留める


    洗濯ばさみも、オールインワンの裾を汚さないようにするための優秀なアイテムです。オールインワンを着て出かける時は、洗濯ばさみを2個バックに忍ばせておきましょう。

    トイレに行った際には、裾の部分をキュッとまとめて洗濯ばさみで留め、しっかり固定します。そうする事で、脱いだ時に裾がトイレの床に付くのを防ぐことができます。

    一般的な生活感のある洗濯ばさみを持ち歩くのに少し抵抗がある時は、木製の物や可愛いキャラクターの物もありますので、お気に入りの物を探してみてはいかがでしょうか。お気に入りの物を使う事で、トイレの苦痛も少し和らぐでしょう。

    靴下の中に裾を入れ込む


    ヘアゴムや洗濯ばさみは便利ですが、毎回持ち運ぶとなると忘れてしまうこともあるでしょう。裾を留められる物が何もない場合は、靴下の中に裾を入れ込みましょう。オールインワン+スニーカーなどのカジュアルな服装の時は、ほとんどの場合靴下を履いているのではないでしょうか?

    ただし、くるぶし丈の靴下やパンプス用のフットカバーなどを履いている場合は、少々難しいです。そんな時は靴の中に裾を入れたり、サンダルのストラップで留めることもできます。

    裾の下からクルクルたくし上げる


    「何のアイテムも無い」「靴下も履いていない」そんな時は、裾の下からクルクルたくし上げましょう。できる限り上の方までたくし上げると良いですよ。先に裾をたくし上げておけば、裾が床に付いて汚れる事を防ぐ事ができます。後は、ゆっくりと上から脱いでいき、しっかり固定すれば、安心してトイレをする事ができますよ。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)