ピロートークの意味とは?ピロートークの切り出し方を紹介!コツも!

セックスの後に愛情をぐっと深められるピロートークですが、「話の切り出し方がわからない」「どんなことを話せば良いかわからない」とお悩みの方は多いでしょう。この記事ではピロートークの意味や内容、話の切り出し方と注意点を解説するのでぜひ参考にしてください。

  • ピロートークの意味ってなに?

    ピロートークとは、セックスの後にする会話のこと。特に話す内容は決まっていないので、セックスの感想やお互いの気持ちの確認、明日の予定などカップルによってさまざまな会話のパターンがあります。

    ピロートークはカップルの愛情を深める重要な時間ですが、「ピロートークは必要?」「セックスの後に会話するなんて面倒くさい」とネガティブに感じてしまう人は少なくないはず。そこでここからは、ピロートークをする意味について詳しく解説していきます。

    セックス後のコミュニケーション


    ピロートークは単なる会話ではなく、セックスをしたカップルが言葉でお互いの愛情を確認し合うための貴重な時間です。どれだけ想い合っているカップルでも、セックスしてすぐに寝る、何の会話も無くそのまま別々にシャワーを浴びるという状態では、お互いに愛情を感じられません。

    セックス自体でも愛情を伝えることはできますが、ピロートークでさまざまな会話をしてお互いの気持ちを出し合えば、より深く愛情を確認し合うことができるでしょう。

    女性にとってピロートークは必要な時間


    特に女性にとって、ピロートークはパートナーからの愛情を感じられる重要な時間です。男性には賢者タイムと呼ばれる、射精後に気持ちが落ち着く現象がありますが、女性には賢者タイムがほとんどありません。

    そのためセックス後の女性にいきなり冷たくすると、「さっきまで好きだといってくれていたのにおかしい」「身体だけが目的なんだ」と思われてしまい仲が険悪になることも。女性には、ピロートークでセックス中と変わらない愛を伝える必要があります。

    お互いに幸せと思える会話をする


    ピロートークの内容は決まっていませんが、せっかくセックスで仲を深めた後なのでお互いに幸せだと思えるような、ポジティブな会話をするのが基本です。出会った頃の話をしたり、今相手のことをどれだけ好きなのか言葉で伝えたりするなど、今後もっと仲が深まるような会話ができると良いでしょう。

    ピロートークで気持ちを確認し合うことで愛情が深まり、相手への不信感がなくなったというカップルは少なくありません。トラブルを抱えているカップルこそ、丁寧なセックスとピロートークで相手の大切さを感じることが重要でしょう。
  • 実際にピロートークをするカップルの意見

    お互いをもっと理解し合うために必要なピロートークですが、「やっぱり面倒くさそう」「セックス後に会話するのはなんとなく恥ずかしい」と感じている人もいるのではないでしょうか。

    そこでここからは、実際にピロートークで愛情を深め合っているカップルの意見をご紹介します。パートナーとの距離をもっと縮めるため、ピロートークをポジティブに考えていきましょう。

    お互いに愛を深める事ができる!


    「セックスした後はなんだかきまずいので、すぐ服を来てお互いそのまま寝ていました。でも友達にピロートークした方が良いと言われ、彼を誘ってチャレンジ。最初はなんとなくぎこちない感じでしたが、デート中より自分らしく話せて、彼への愛情を素直に伝えることができました」(25歳/女性/事務職)

    セックス後、なんとなくきまずい感じになってしまうというカップルは少なくありません。しかし気まずさを乗り越えてピロートークに挑戦すれば、今まで恥ずかしくて言えなかったことも伝えられるはず。

    セックスでお互いを深く知り合った仲なら、ピロートークもきっと盛り上がるでしょう。

    恋人から大切に思われていてうれしい


    「今までの彼はセックス後すぐに寝る人ばかりで、ピロートークをするなんて考えもしませんでした。でも今の彼に出会って、ピロートークで二人の将来の話や、次のデートの話をするようになってから深い愛情を感じています。やはりピロートークがあると、恋人から大切にされている実感が湧いて嬉しくなります」(22歳/女性/学生)

    ピロートークをすることで、パートナーに愛情を伝えるチャンスができます。ピロートークが全てではありませんが、ピロートークの有無で男性からの愛情を測ろうとする女性は少なくありません。

    相手の女性に本気なら、多少眠くても頑張って2人が楽しめるような話題を出し、セックス後も愛情を伝え続けたほうが良いでしょう。

    お互いのことだけを考えて話ができる


    「今の彼女が初彼女なこともあり、外デート中はどうしても周りの目が気になります。また、セックス中は性欲でいっぱいなので、彼女のことをきちんと見られていないという風に感じていました。でもピロートーク中はお互いのことだけを考えて話ができるので、彼女の性格や考え方を深く理解するきっかけになりました」(27歳/男性/IT系)

    外でのデートではどうしても周りが気になってしまい、パートナーに意識を向けることができないと悩む人は少なくありません。また、セックス中は不安と性欲で相手のことを気遣えないこともあるでしょう。

    しかしピロートーク中は性欲も落ち着いていますし、周りの目を気にする必要もないのでパートナーだけを見つめて話すことができます。パートナーと向き合う時間が取れないという人は、積極的にピロートークをすべきでしょう。

    普段聞けない話が聞ける


    「彼女はあまり自分から話す方ではないのですが、ピロートークをした時、今まで聞いたことの無かった家族との思い出を話してくれて驚きました。お互いの理解を深めるためには、ゆっくり話せるピロートークの時間が必要だったんだと感じました」(26歳/男性/エンジニア)

    セックスをするまでは、お互いに気を使っていたり、自分をよく見せようとしてなかなか素を出すことができません。でもセックスが終わった後はお互い性欲も落ち着いて自然な状態で話せるので、普段なら聞けないことを打ち明けてもらえる場合もあります。

    パートナーが心を開いてくれていないと感じる人は、ピロートークの時間をたっぷり取って素直に話しやすい雰囲気を作ると良いでしょう。