医者が患者を好きになる時って?医者が好きな女性のタイプも大公開!

  • 医者に興味を持ってもらうテクニックとは?

    医者が患者を好きになる時があるとわかれば、まずは患者の中で特別な存在になる必要があります。そこで、大勢の患者の中の一人から抜け出し、医者に興味を持ってもらうためのテクニックをご紹介しましょう。

    第一印象をよくするために外見を磨く


    医者が患者を好きになる時というのは、一般的にはあまりないと言われます。その理由は医者側に、患者との間に一線を画しておきたいという考えがあるから。好きになってしまうと、冷静に診察できなくなるかもしれませんよね。

    とはいえ、魅力的な女性であれば、患者を好きになる時があってもおかしくありません。実際、患者と交際し、その後結婚している医者もいますので、まずは興味を持ってもらうことが大事です。

    人はどうしても、相手の容姿から第一印象を決めがち。そのため、医者が好きになる時に備えて、外見を磨くことが不可欠です。美しい女性の患者が診察室に入ってきたら、医者と言えども男ですから「お!」と思うことでしょう。

    専門分野のことを熱心に尋ねる


    歯科医師を除き、医者は医師免許を取得するために、内科を学ぶのが基本。そのため、たとえ眼科や皮膚科を標榜している開業医でも、内科診療ができます。内科以外を受診して風邪気味だと言ったら、風邪薬を処方してもらえた経験がある人は多いのではないでしょうか。

    あえて特定の診療科を標榜しているのは、その分野に特に詳しいということを表すためです。そのため、たとえば循環器内科の医者には心臓や血管など循環器に関することについて尋ね、熱心に聞くといいでしょう。

    人は誰しも、自分が詳しく知っていることを誰かに話したいと思うもの。そのため、医者が詳しいことを尋ねて熱心に聞くと、興味を持ってもらえるでしょう。

    医者だからではなく人として魅力があると伝える


    女性にとって憧れの職業である医者。そのため、医者と聞いただけで「すご~い!」と黄色い声を上げる女性もいるでしょう。

    けれど、医者にはプライドの高い人が多いので、「すべての医者がすごいわけではない」と反発する可能性があります。そのため、医者だからすごいのではなく、「医者を目指し、目標をクリアして本当に医者になったことがすごい」と言うのが正解。

    医者という命に携わる仕事に就くには、それなりの覚悟が必要です。「そんな大変な仕事を選ぼうと思ったこと自体が人として魅力的だし、尊敬できる」と伝えることが重要です。

    社交性があることをアピールする


    たいていの医者は、患者に対して平等に接することを心がけているため、患者を好きになるのはよほどのことです。そんな「よほど」の患者になるには、社交性があることをアピールするのがおすすめです。

    病院勤務医にしても開業医にしても、医者というのはいろいろな人と繋がりをもって医療に当たっています。かかりつけ医から大きな病院へ紹介するという流れが定着した今、地域の患者に信頼されるには、大きな病院とのコネクションが不可欠です。

    そのため、「この女性と結婚したら、どんな相手ともうまく付き合ってくれるだろうな」と医者に思わせるようにアピールできれば、興味を持ってもらえることでしょう。
  • 医者に好かれる女性になるための秘訣とは?

    医者としてひたむきに仕事に取り組んでいる人も、家庭を持って落ち着きたいと考えることでしょう。医者との結婚は女性の憧れですが、医者に好かれる女性になるためには、どうしたらいいのでしょうか。ここでは、医者に好かれる女性になるための秘訣をお伝えします。

    自立した女性になる


    医者の多くは、毎日忙しい日々を送っています。診察はもちろん、学会に出席し、医師免許を取得した後も勉強を欠かしません。

    そんな医者に好かれる女性になるためには、自立することが不可欠。彼氏がいないと何もできないような女性は、交際が始まったとしても長続きしないでしょう。

    医者が患者を好きになる時というのは、そう多くはありません。そのため、せっかく掴んだチャンスを棒に振らないためにも、自立した女性になることが大事です。

    「自分がいなくても、しっかりやってくれてる」と医者の彼氏に思わせることができれば、妻の座が自然と近づいてくるかもしれませんね。

    嫉妬深い性格はNG


    医者の元にやってくる患者は、老若男女を問わずたくさんいます。その中には、美人や可愛い女性もいるでしょう。

    そんな患者の女性にいちいち嫉妬してヤキモチを焼いていたら、ウンザリされるのも無理はありません。あまりにも嫉妬深いと、「患者なんだから仕方ないだろ!」とキレられてしまうかも。

    自分自身が、医者が患者を好きになるレアなケースに当てはまっただけに、「他の患者を好きになるのでは」と不安になる気持ちもわかります。だからと言って、独り占めしようという考えはご法度です。

    嫉妬深い女性は、医者ではない男性にとってもNGな恋愛対象。女性患者を診る必要がある医者には、絶対に歓迎されないと言っても過言ではありません。

    家事全般の腕を磨く


    医者の男性のほとんどが、交際している彼女と結婚したら、専業主婦になってほしいと考えているのだとか。病院勤務だと勤務時間がバラバラになりますし、開業医でも1日の診療時間は長くなるからです。

    妻も共働きだと、ついつい家の中が荒れてしまいがち。そのため、最初からキャリア志向の女性とは交際しないという医者もいるかもしれません。それならば、家事全般の腕を磨くことが、医者に好かれるには確実な方法と言えます。

    付き合っている間に医者の彼氏の家に行き、おいしい手料理で胃袋を掴むのもいいでしょう。プライバシーに踏み込まない程度に、部屋を綺麗にしておくのもおすすめです。

    マナーをしっかり身につける


    病院で働く医者の場合、医局と呼ばれる人事組織の一員として勤務します。会社で上司に当たる人は教授と呼ばれ、教授の覚えがめでたいと出世していけるというのは、テレビドラマなどでおなじみですよね。

    開業医の場合も、医療の場で重鎮と呼ばれる人たちとのかかわりは欠かせません。そのため、誰に紹介しても恥ずかしくないマナーを身につけている女性は、間違いなく医者に好かれます。

    となると、医者が患者を好きになる時の要素として、「一分の隙もないマナーを身につけている女性だとわかった時」というのは、意外と多いもしれませんね。