医者が患者を好きになる時って?医者が好きな女性のタイプも大公開!

  • 医者が患者の自分を好きだと確信したら…?

    医者が患者を好きになる時は、何らかの脈アリと思われる行動や仕草が現れることがわかりました。では、医者が患者である自分を好きだと確信したら、どのように行動したらいいのでしょうか。

    ここでは、医者が患者の自分を好きだと確信した時におすすめの行動をご紹介します。

    連絡先のメモを渡す


    初診の際には、診察する前に、住所、氏名、電話番号、生年月日など書くよう求められますよね。したがって、病院側は患者の連絡先を知っている状態です。とはいえ、もし医者が患者を好きになる時に当てはまったとしても、個人情報を外に持ち出すことはできません。

    通常、もし医者から電話がかかってきたら、「もしかして悪い知らせ!?」となってしまうでしょう。そのため、好きになってくれたと確信できたら、連絡先のメモを渡すのがおすすめです。

    個人的に連絡先を渡して連絡が来たら、医者が患者を好きになる時に繰り出す脈あり行動をしっかり察知できていた、ということです。

    自分から話しかける


    診察の際に、自分から話しかけるのもいいでしょう。一般的に、医者が患者を好きになることは少ないと言われます。そのため、自分から話しかけて医者が喜んだなら、「医者が患者を好きになる」という低い確率に当てはまった可能性があります。

    ただし、診察中には看護師や事務の人たちがいて、話を聞いています。そこで自分のことを好きかどうかを確認するのは、やめておきましょう。患者として話しかけて違和感がなく、それでいてちょっと個人的な話になるような話題を探してみると、自分を好きかどうかがわかるのではないでしょうか。

    メールを送る


    新規オープンする個人開業医の多くが、医院のサイトを持っている昨今。そこに、お問い合わせフォームや、連絡先のメールアドレスが掲載されていたら、メールを送るのもおすすめです。

    宛名は医者の名前にしておき、「診察していただき、ありがとうございました」などといった表題にしておけば、本人に届くでしょう。ただし、スタッフがメールを見ることがないとは言い切れませんので、内容は診察に関するお礼にしておくのがベスト。

    また、サラッと読める短文メールにするのもポイントです。長々と書くと、スタッフに見られた時に医者は気まずくなるはず。あくまでも返信を待つために送るメールですので、短くまとめて送りましょう。

    手紙を書く


    字が綺麗な女性なら、手紙を書くのは非常におすすめです。医者は患者に感謝されることが多いため、お礼の手紙をもらうことはよくあります。手紙なら、スタッフが先に開封することなく、医者に手渡すと考えられるため、メールよりも確実に医者に読んでもらえるでしょう。

    近年、手紙のやり取りはめっきり減りましたが、手紙をもらうというのはうれしいもの。さらに、美しい字には心を打つ力があります。字が綺麗なら、手紙を書かない手はありませんね。

    「こんな綺麗な字を書く女性は、きっと他のことも素晴らしいに違いない」と感じ、連絡をしてきてくれる可能性があります。
  • 医者と恋をする際の注意点を知っておこう

    医者と言えども男ですから、女性の患者を好きになる時があってもおかしくないでしょう。好みのタイプの女性からアプローチされれば、恋仲になるのに時間はかからないかも。

    とはいえ、医者は特別な職業ですので、医者と恋をする際の注意点をあらかじめ知っておくことが大事です。ここでは、医者と恋をする際の注意点をまとめましたので、ご覧ください。

    自分以外にも患者がいることを忘れない


    医者は多くの患者を抱えています。その中には、当然のことながら、自分より若い女性もいるでしょうし、美人や可愛い女性がいても不思議ではありません。

    そもそも医者と恋をする仲になった女性は、医者が患者を好きになる時に当てはまったレアなケース。そのため、自分は特別だったと考えることが大事です。どれだけ魅力的な女性が来ようと、その女性たちは患者であることを忘れないようにしなければなりません。

    医者と恋をして、「自分以外の女性に優しくしないで」というのはしょせん無理な話。医者と恋をする際は、自分以外の患者がいる事を忘れないことが大事です。

    医者は忙しいからあまりデートできない可能性も


    病院に勤務する勤務医は、午前中は外来で診療し、午後は病棟の入院患者を診察するというルーティンになっているケースが多い多いようです。また、夜間救急勤務がある場合、昼勤、準夜勤、夜勤という三交代勤務も珍しくありません。

    開業医だとしても、午前と午後で診療を分けますので、ほぼ丸一日仕事になるでしょう。週の合間と土曜日の午後を休診にしていることが多いものの、丸一日休めるのは日曜祝日のみ。となると、あまりデートする時間がないのは一目瞭然です。

    デートができないからと言って不機嫌になったり、ブチブチ不満を言うのはご法度。医者は忙しいから仕方ないと、最初から覚悟しておく必要があります。

    モテる医者を好きになったら浮気も覚悟する


    そもそも医者という職業は、女性にとって憧れ。そもそも自分自身が医者と患者の関係で好意を持たれたのですから、他にもアプローチしてくる女性患者がいると考えるのが自然です。

    特に患者を多く持つ医者には、アプローチも多いかもしれません。たとえ彼女のことを大切に思っているとしても、浮気をする可能性がないとは言い切れないでしょう。

    医者にはプライドが高い男性が多いので、恋をする際には「浮気されることもあり得る」という覚悟が求められます。

    自分の時間が取れにくくなることを考えておく


    医者と恋をすると、デートをしている最中に呼び出しがかかって、一人取り残されるなんてことはしょっちゅう。あるいは、「今日は仕事だからデートはないな」と普段着でくつろいでいたら、「時間が空いたから、今からデートしよう」なんてこともあるかもしれません。

    医者と恋をする際、デートの都合をすべて彼に合わせなくてはならないのは明らか。となると、いつ呼び出されてもいいように予定を入れないようにするか、予定がある時に急に誘われた場合は断るかの二者択一になるでしょう。

    どちらを選ぶにしても、自分の時間が自由に取りにくくなるのは間違いなく、医者と恋をする際の大きな注意点となります。