医者が患者を好きになる時って?医者が好きな女性のタイプも大公開!

  • 医者が好きになる女性の特徴&性格は?

    医者といえども男性ですので、好きな女性のタイプがあるでしょう。ただ、医者という職業柄、好きになる時には、女性のタイプに特徴や性格があると考えられます。

    ここでは、医者が好きになりがちな女性の特徴と、その性格について見ていきましょう。

    優しくて大らかな女性


    人の命にかかわる仕事をする医者が患者と話をする場合、どうしてもネガティブな内容が多くなるはず。お年寄りの中には、お医者さんを愚痴を聞いてくれる人だと思っている人も少なくありません。

    いくら医者とはいえ、毎日多くの患者から具合が悪いと訴えられ、それに伴って愚痴をこぼされたら、自分も愚痴をこぼしたくなるというものですよね。

    そんな医者が好きになる女性は、いつも優しく接してくれる大らかな性格の人。優しく愚痴を聞いてくれたり、弱音を吐いても大らかに受け止め、前向きな励ましをくれる人を求めています。

    しっかり者の女性


    医者が好きになる女性のタイプの特徴に、しっかりしていることが挙げられます。医者の仕事は心身ともに大変ですので、お付き合いしたとしても、彼女のことまで構ってあげられないこともあるでしょう。

    世の中には、彼氏にベッタリという女性が少なくありませんが、医者としてはかまってあげたくても、状況が許さないことも多いはず。そのため、自分のことはなんでも自分でできるしっかり者の女性を求めます。

    癒しを与えてくれる女性


    病院勤務にしろ開業医にしろ、診療科によっては患者さんを大勢抱えている医者は多くいます。そんな医者なら、仕事が終わったら、心身共にぐったりということも珍しくないはず。

    仕事終わりにデートなどできるはずもなく、休日のデートもままならない、そんな状況ではメッセージのやり取りくらいがせいぜいかもしれません。そんな忙しい医者だからこそ、癒しを与えてくれる女性を好きになります。

    忙しかった一日を終え、彼女から届いていたメッセージをようやく見るということもあるでしょう。そんな時、思わずフッと笑えて心が軽くなるような、癒しを込めたメッセージを送れる女性は、医者に好まれるタイプです。

    家庭的な女性


    医療機関はたいてい土日祝日がお休みですよね。そうなると、デートに出かけてもどこもかしこも混雑しているはず。仕事で疲れてようやく迎えた休日は、ゆっくり家で過ごしたいと考える医者は多いのではないでしょうか。

    そんな時、彼女が来てくれて二人でのんびりおうちデートができたら、出かけて疲れることもありません。

    医者は家庭的な女性を好きになることが多く、彼女としてはお家デートは家庭的なところを見せる絶好のチャンス。手際よく料理を作り、ついでに掃除や洗濯もしてあげたら、彼女を飛び越えて、結婚相手の候補として見てもらえるかもしれませんよ。
  • 脈アリな医者が患者に見せる行動&仕草とは?

    医者が患者を好きになる時には、他の患者には見せない行動や仕草を見せることもあるはずです。そこで、患者を好きになる時に見せる、医者の脈アリな行動と仕草について探ってみます。

    体調の変化を過度に気遣ってくれる


    最近は医療もサービス業だと言われるようになり、高飛車に物を言う医者は少なくなってきました。そのため、患者の体調の変化を非常によく把握している医者が少なくありません。

    とはいうものの、一般的な体調の変化を気にするのではなく、「そこまで心配してくれなくても」と思うくらい、親切にしてもらえることもあるでしょう。もし過度に体調の変化を気遣ってくれるなら、医者が患者を好きになる時に当てはまったと考えていいかもしれませんね。

    よく目が合う


    日本の医療機関は、主に西洋医学を基礎とする医療体制を採っています。そのため、近年はレントゲンやCT、MRIに血液検査など、さまざまな検査を行って診断を下すことがほとんどです。

    そんな検査ありきの診療ではあるものの、患者から症状を聞くことは不可欠。話をしている時に「やたらよく目が合うなあ」と感じたら、医者が患者を好きになる時に当てはまった可能性があります。

    とはいえ、医者の中には患者の話をしっかり聞くことを診察の基本としている人がたくさんいますので、よく目が合うからといって、好意を持たれているとは断言できないケースも。他の患者に対してはどんな感じなのかがわかると、判断できるのではないでしょうか。

    話をしている時はいつも楽しそう


    診察室の中の声が、待合室に漏れ聞こえてくることはよくありますよね。他の患者のときはそれほどでもないのに、自分の診察のときはいつも楽しそうという場合、その振る舞いは医者が患者を好きになる時に見せる脈アリな行動です。

    診察時にあれこれ話をしてくれて、さらにいつも楽しそうな様子だとしたら、好きになる時に見せる脈アリ仕草と考えられます。

    診療が終わりに近づくと寂しそうになる


    何度か診察に通わないといけないとなれば、診察しているうちに医者が患者を好きになる時もあるでしょう。脈アリな患者に対しては、診察が終わりに近づくと寂しそうになるのは、よく見られる行動です。

    医者としては患者が元気になって、もう通院しなくて済むようになれば、良かったと思うのが普通。けれども診察が終われば、好きになった患者がもう来なくなってしまうことを思うと、複雑な気持ちになるのもわかります。

    診察が終わりに近づくにつれて、何となく寂しそうな雰囲気が感じられたら、脈アリかも。医者が患者を好きになる時に、当てはまったと見ていいのではないでしょうか。