電話が嫌いな人の理由や心理とは?苦手な人のための克服方法も紹介!

  • 逆に電話が好きな人はどんな人?

    ここで、逆に電話が好きという人の特徴を見ていくことにします。

    もしかしたら、こうした考え方や接し方を心がければ、あなたも電話嫌いが克服できるかもしれませんよ。

    タイミングや都合を気にしすぎない


    電話嫌いな人には、「もしかしたら相手は忙しいかも」と気を遣いすぎてしまう人もいるでしょう。一方、電話が好きな人はタイミングや都合をそこまで気にしません。「用があるからかける」といったスタンス。都合が悪ければ出ないだろうと、ある意味あっけらかんとしている人が多いです。

    確かに、忙しくしていて電話に出る余裕がなければスルーしますよね。そして手が空いた時間にかけ直すはずです。そう考えると、電話をかけるタイミングや相手の都合は、そこまで考えなくても良いのかもしれません。

    電話に慣れている


    電話に慣れている人も、電話は好きな方でしょう。「文字を打つ方がめんどくさい」といった理由や「どんなニュアンスで言っているかを知りたい」という理由で、電話をよく利用するという人もいます。

    こうした人にとっては、電話は当たり前の連絡手段です。歯を磨くといった当たり前の行動と同じ感覚で、用事があれば電話をするのが当たり前。そして電話の頻度が多いため、場慣れもしているでしょう。ですから、何も深く考えず「あ、そういえば」と思いついたらすぐに電話をかける人が多いのです。

    性格的にせっかちな人も多い


    電話が好きな人には、性格的にせっかちな人も多いです。

    例えば、LINEやメールで連絡をした場合、返事が来るまでに時間がかかりますよね。忙しい相手であれば、翌日以降に返事が来るというケースも珍しくありません。せっかちな人はそんな状況が耐えられないので、「早く答えを聞きたい」「今すぐ伝えたい」と思いから、電話が良いと思うのでしょう。

    人と話をすることが好き


    人と関わることや話すことが好きという人は、電話が好きな傾向にあります。用事があって電話し、そのついでに世間話をして、会えないでいる寂しさを紛らわせたりするのでしょう。

    このような人は、一回の電話がついつい長電話になりがちです。「用事があって」というのは、世間話をするきっかけに過ぎないこともあります。

    また、相手のことを知りたいという好奇心が強いケースもあるでしょうね。電話だと、どのようなトーンで話しているか、どんなテンポで話す人なのかを知ることができます。LINEやメールよりも一気に距離を縮めることができるため、好きな相手や興味ある相手には電話が多くなる人もいるでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)