電話が嫌いな人の理由や心理とは?苦手な人のための克服方法も紹介!

  • 電話が嫌いな理由とは?

    まず、なぜ電話が嫌いなのかの理由を、自分の中で明確にしていくことから始めていきましょう。

    電話が嫌いなのは、こうしたことが理由ではないですか?

    切るタイミングがわからない


    切るタイミングがわからず、電話が嫌いという人は多いです。相手が話好きで、用件以外も話をしてくるという場合だと、尚更切るタイミングが掴めないものですよね。

    仕事のやりとりであればまだ、必要なことだけ話して切るという流れに持っていけるでしょう。しかし、プライベートの電話だとそうもいかないこともありますよね。「ところで最近どうなの?」「そういえばさ…」と話を続けられると、なかなか切るタイミングが掴めません。

    このように、終わりが見えないために電話が嫌いという人は少なくないでしょう。

    LINEやメールより効率が悪い


    確かに電話だと直接会話をすることができるため、話の展開自体はスムーズかもしれません。ですが、「用件だけを伝えたい」といった場合は効率が悪く感じてしまいますよね。「○時集合ね」と伝えたいだけなのに、そこから他の話が始まってしまったとしたら、長々と時間を取られることになります。

    電話で話すよりもLINEやメールの方が効率が良いと感じて、電話嫌いな人も多いでしょう。少しの時間も無駄にしたくない、余計なことに手間暇かけたくないと感じている人は、その効率の悪さから電話が嫌いなようです。

    電話の経験が少ない


    電話の経験が少ないから電話が嫌い、という人もいるでしょう。

    昔とは違い、LINEやTwitterなどのSNSが当たり前の時代です。文字で思いを伝えたり連絡を取ったりすることが当たり前の世代にとっては、直接話すということ自体、ハードルが高く感じます。何からどう伝えれば良いのか、文字ならばすんなりと出てくることでも、言葉にして話すとなると上手くいかないのでしょう。

    これは、電話でやりとりをする機会が元々少なかったことで起こる理由ですね。時代がそうさせていると言えるのかもしれません。

    直接話すまでもない


    世間話であろうが大事な用件だろうが、LINEやメールで十分という考えの人もいるでしょう。直接話すまでもないと感じていて、電話の必要性を感じないのです。このような場合は、電話を「めんどくさい」と思うのかもしれません。

    また、電話だと「言った、言わない」といった問題が出てきますが、メッセージの場合は形として残るため一つの証拠になります。ですから、確実性という面でもLINEやメールの方が良いと思っているのでしょうね。

    このような人は、「なぜ電話でなければならないのか」と、逆に疑問を持っていることもあります。

    世間話が苦手


    電話が嫌いな人の中には、世間話が苦手という人も多いです。用件を伝え合う電話なら良いものの、それ以外の会話となると急に緊張してしまう人もいます。

    つまり、人とのコミュニケーションを苦手とする人ですね。他愛もない話をしたり会話のネタを考えることが苦になるのでしょう。何を話せば良いのか、どう返せば良いのかと深く考えてしまい、言葉がなかなか出てこないのです。

    こうした人は、電話に限らず人と関わること自体が苦手という人が多い様子。事前に対策を練る必要がありそうです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)