辛いもの好きな女性の性格・特徴・心理を解説!刺激のヒミツも紹介

辛いものが好きな女性はどういう心理なのでしょうか。辛いものが嫌いな人にとってはちょっと想像できないかもしれませんね。しかし、その心理を覗けば意外な発見があるかも…?ということでこの記事では辛いものが好きな女性の性格や心理に迫ります!

  • 辛いもの好きな女性がハマる刺激のヒミツとは

    女性が好きな食べ物というと、一般的にはスイーツを思い浮かべる人が多いかもしれませんね。しかし、辛いものが好きな女性も少なくありません。普通の人だったら一口食べるのでもつらいような激辛料理をぺろりと平らげてしまう人も…。

    ということで、この記事ではそんな辛いもの好きな女性の性格や心理に迫ります!

    「ホット系」と「シャープ系」がある


    あなたの身の回りに、唐辛子は大丈夫だけどワサビはダメ、といったタイプの人はいませんか?「同じ辛味でしょ」と思うかもしれませんが、実はこの二つは辛味の種類が異なるのです。

    唐辛子や胡椒、生姜などはホット系に属します。その名のとおりホットな辛味が特徴です。食べた瞬間ではなく、口に入れて数秒経ってから燃えるような辛さを感じるのが特徴ですね。また、これらのスパイスは温かい料理に使われるのが普通です。

    それに対して、ワサビやカラシ、玉ねぎなどはシャープ系に属します。これらは熱に弱いので、基本的に冷たい状態で辛味を楽しみます。確かに、玉ねぎは過熱すると辛くなくなりますよね。また、シャープ系は食べた直後にピリピリ・ツーンとした刺激が来るのが特徴です。

    実は「辛い」という味は存在しない


    私たちの味覚は5種類の味を感知できるといいます。その5種類とは「甘味・塩味・酸味・苦味・うま味」のこと。そう、実は味覚の種類の中には辛味という味は存在しないのです。

    では辛味は何なのかというと、あれは痛覚を刺激しているのだといわれています。「痛い」とか「熱い」といった感覚ですね。確かに、英語でも「辛い」は「hot」です。熱と辛味が同じものであるというのがよく分かります。

    つまり、辛いものが好きな人は男性も女性も、自らに痛みを与えるのが好きということになります。そう考えると、辛いもの好きな人は結構変わり者なのかもしれません。