ヒーラーとは?意味や特徴を徹底解剖!どんな能力を持っているの?

  • 要注意!人を騙す偽ヒーラーの特徴を知っておこう

    ヒーラーが持つヒーリング能力というのは、目に見えないもの。そのため、そんなまやかしは一切信じないという人もいれば、素直に信じる人もいます。いつの時代も簡単に信じる人を騙そうとする輩はいるもの。ここでは、人を騙す偽ヒーラーの特徴をご紹介します。

    高額な料金を請求する


    ヒーラーとは、持って生まれたヒーリング能力を活かして、人の悩みを解消できる人。けれど、その力を目で見て確認することはまずできません。

    目に見えないのをいいことに、人を騙して高額な料金を請求するのが悪質な偽ヒーラーの特徴。通常、ヒーラーに相談する場合の料金はさまざまですが、本物のヒーラーは相談の前に料金を提示しています。

    それに対して悪質なヒーラーは、ヒーリングをおこなった後に、高額な料金を請求するのがお決まり。また、最初に提示されたから安心と思って受けたのに、追加料金を請求してくることもあります。

    偽ヒーラーはかなり多いため、事前に料金形態をはっきり言わない場合、疑ってかかることが大事です。

    不安をあおる発言をする


    偽ヒーラーの特徴に、不安をあおる発言をするというのがあります。そもそもヒーラーとは、人を癒すために自分の能力を使う人。そのため、いつも笑顔で穏やかに接することを心がけています。

    そんなヒーラーが、不安をあおる発言をすること自体、そもそもおかしなことですよね。不安をあおることで、相手をコントロールし、お金をどんどん出させようという意図なのは明らかです。

    物を使用したり購入を勧めてくる


    偽ヒーラーの多くはしばしば物を使用し、使用した物を購入するよう勧めてきます。いわゆる霊感商法で、代表的なものとしては印鑑、数珠に水晶玉、中には墓石まであり、いずれも高額です。

    これらの偽ヒーラーは、まず相手の不安をあおります。「どうしたらいいでしょうか」と言ってくるのを待って、おもむろに「これを買えば災いを鎮められます」などと購入を勧めてくるでしょう。

    そもそもヒーラーとは、自分に備わった力で人を癒せるのですから、品物を使用すること自体おかしいはず。とはいえ、不安になるとつい買ってしまうのも人の心理です。くれぐれも気を付けましょう。

    繰り返し相談するよう仕向ける


    偽ヒーラーの特徴として、繰り返し相談するよう仕向けるケースもあります。「まだまだしなければならないことがありますが、今日はここまででやめておかないと、ますます悪くなります」などと言って、また相談しに来させる手口です。

    本物のヒーラーとは、お金儲けのために自分の能力を活かそうとは考えない人たちです。ただ、ヒーラーとはいえ、生きていくためにお金を稼ぐ必要がありますので、適正料金は受け取ります。けれど、不安を煽ってまた相談しに来させるなど、真のヒーラーには考えられないはずです。

    繰り返し相談に来るよう仕向けられたなら、偽ヒーラーと見て間違いないでしょう。