同窓会でよくある女の格差を徹底解説!涙の格差エピソードもご紹介!

同窓会でかつてのクラスメート達と顔を合わせると、とても懐かしくてたちまち盛り上がりますよね。しかし実は、同窓会には「女の格差」が隠れているのをご存知でしょうか?結婚や容姿、職業など、格差を感じる話題が多くあがるのが、何よりの証拠でしょう。そこで今回は、同窓会でよく見られる「女の格差」について徹底解説!涙の格差エピソードもご紹介します。

  • 女の格差問題が隠れている同窓会

    同窓会は多くの人にとって、懐かしい顔ぶれに会うための楽しい催しですよね。しかし実際には、女の格差問題が隠れている場といえます。例え同い年といえど、過ごしてきた環境や生きている場所が違えば、それなりの格差が生まれるからです。

    また、相手が自慢するように話していなくても、自分との差があると感じれば、「自慢されている」「嫌みを言われている」と感じてしまうでしょう。これでは何を話されても、同窓会を楽しむことができません。

    全ての女性が格差を実感するわけではありませんが、少なからず格差を感じる女性も確かにいます。だからこそ同窓会に「出席したくない」と感じる女性が多いのです。
  • 同窓会での女の格差あるある【職業編】

    では、実際にどんな女の格差を感じるのか、まずは職業編としてみていきましょう。

    職業に関しては、自分がキャリアウーマンかどうかで格差を感じやすいです。相手が華やかな職業についているとわかったら、羨ましくて格差を感じてしまう人もいるでしょう。

    素晴らしい経歴を持っている


    自分に比べて素晴らしい経歴を持っていると、羨ましさから格差を感じます。例えば海外留学を経ていたり、大企業で秘書をしていたりなど、相手が華やかな経歴を持っていると格差を強く感じてしまうでしょう。

    また、その人が持つ経歴はその人の努力の証ともいえます。自分よりも頑張ったという事実に感服するとともに、自分にはない物を持っている気がして妬ましくなります。自分が欲しかったものを持ってるとあれば、仲が良かった相手でも憎らしく感じてしまうでしょう。

    素晴らしい経歴を持つ女性は年々増えてきています。女性の社会進出が進んでいる現代だからこそ感じやすい格差といえるでしょう。

    誰もが憧れる職業についている


    女性には、憧れともいえる職業がいくつかありますよね。例えば、アイドルなどの芸能人、モデル、秘書職など、女性なら一度は体験してみたいと思う職業があるでしょう。相手が自分の憧れている職業についていた場合も、女の格差を感じます。

    特にその職業に就こうと思って頑張ってきたのに実現しなかった人ほど、より強く格差を実感するものです。また、「あの子にはできて自分にはできなかった」という絶望感も味わってしまうでしょう。自分が惨めなように感じてしまうのです。

    こうした職業の差は、住んでいる世界の違いを見せつけられるもの。だからこそ同窓会に「行きたくない」「嫌だ」と感じる女性が多いのです。

    独身で高キャリア


    多くの女性は結婚を望みますが、自身のキャリアのために生きている人もいますよね。かつての同級生の中にも、独身でキャリアウーマンという人も多いでしょう。同じ独身なのに相手のほうが高キャリアだったら、格差を感じるのも仕方ないといえます。

    特に、若いながらも役職付きだったら、自分との差に悲しくなってしまう人もいるでしょう。住んでいる世界があまりに違いすぎて話についていけず、話を聞くだけで終わってしまうことも。職業について誇れないと、同じ独身なのに…と嫌気が差します。

    また、結婚してもキャリアに燃える人も多いですよね。こうした人たちも、独身で自分の生きたいように生きられるキャリアウーマンに格差を感じるでしょう。

    職人的な職業についている


    近年では女性でも、職人と呼ばれるような職種に就いている人が増えてきましたよね。このような職についているという話も、女の格差を感じる話題です。特に世界に数人しかいない職人ともなれば、驚きと共に自分にはないものを感じます。

    また、専門的な知識について話されたら、話について行くこともできません。自分が一般的でありふれた職についていると、専門職や職人職は限られた人のみができる職として強く実感するでしょう。

    他にも、ハンドメイド作家など、女性にとって羨ましい職についている人もいます。こうした職種は女子力の差も感じさせるので、余計に同窓会で格差を感じさせるでしょう。