声が大きい人の心理&特徴って?対処法を知って良い関係を築こう!

声が大きい人が苦手な男女は少なくありません。「当の本人はどんなことを思いながら声を大きくして話しているんだろう?」と不思議に思う人も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、声が大きい人の特徴や心理とともに、そんな人への正しい対処法まで徹底解説していきます。

  • 思わずビックリ!声が大きい人っていますよね

    声が大きい人にいきなり話しかけられ、「ワッ!」と声が出てしまうほどビックリした経験がある人は多いのではないでしょうか。

    もう少し声のボリュームを落としてくれたらいいのに、と思うものですが、実は声が大きい人には隠された心理があるんです。声の大きい身近なあの人にも当てはまるものだと思いますよ。

    今回は、声が大きい人の心理に加えて性格的特徴なども解説していきます。最後にはそんな人への上手な注意の仕方も紹介しているので、お見逃しなく。

    声が大きい人は好き嫌い分かれる


    ほぼ全員が好きになる、またはほぼ全員が嫌いになるものというのはなかなかありません。そして、声が大きい人に対しても好き嫌いが大きく分かれます。

    クラスの中心にいつもいるようなコミュニケーション能力が高い人、ハキハキとした話し方が好きな人、同じく声が大きい人は、そんな相手を好きになりやすいです。「うるさいなぁ」と感じることなく、仲間として十分に受け入れられるでしょう。

    反対に、いつも冷静な人、強い物言いができない人、気弱な人は声が大きい人を嫌いになる可能性が高いです。「もう少しボリュームおさえてよ…」とため息をつくことも少なくないはずですよ。

    場面によっても与える印象は違う


    人によって声が大きい人に対する思いは違うとお伝えしましたが、その時の状況や場面によっても与える印象はずいぶん違います。

    例えば飲み会などの場合、声が大きい人は陽気で楽しそうに見えますよね。さらには教師など何かを教える立場にいる場合、声を大きくハキハキ喋っている方が印象は断然良いです。どちらもプラスのイメージですね。

    一方で、静かな場所にいる場合や会議で討論をしている場合、「この状況見えてないの?」「一緒にいたくないなぁ…」と迷惑がられるでしょう。

    ずっと声が大きい人は、どちらにも当てはまります。そうなるとマイナスなイメージが邪魔をして良い関係を築きにくくなるため、場面に合わせた声の大きさにするのがベストですね。