髪を切るか悩む!【長さ別】メリット・デメリットをご紹介!解決策も

ショートやロングなど、女性は髪型を選び放題です。次はどれにするかを考えると楽しくなりますよね。ですがロングをショートにするときには、かなりの変化になるので切るべきか悩むところです。今回は髪を切るか悩む女性にむけて、長さ別のメリット・デメリットをご紹介します。

  • 髪は女の命!髪を切るか悩む人は多い

    髪というのは顔のアウトラインを決める大切なパーツであり、髪型によってその人の印象は大きく左右されます。髪型を変えることは、周りから持たれているイメージを変えることにも繋がるので、髪を切るかは女性の悩みどころでしょう。

    世の中の女性は髪を切ると決めたときに何を思うのでしょうか?様々な意見があるのでみてみましょう。

    可愛い髪型が多すぎて悩む!


    女性が髪を切るか悩む原因のひとつに、可愛い髪型が多いことが挙げられます。一言でショート・ロングといっても、レイヤーやパーマなどを組み合わせれば、その数はかなりのものになるでしょう。

    いざ切ろうと決意しても、「どれぐらいまで切るのか」「どんな雰囲気にするのか」など悩むことだらけです。SNSや雑誌を参考にしようとしても、あまりの種類の多さに余計に迷ってしまいますよね。

    どの髪型もメリット・デメリットがある


    どんな髪型にもメリット・デメリットがあり、それがまた女性を悩ませます。「思い切って短くしてみたけど、理想と違っていた」となれば、2度と髪を切ることはなくなってしまうかもしれませんよね。

    メリット・デメリットを知っておかなければ、切ってから後悔してしまうことがあるのです。自分の好みやライフスタイルと照らし合わせたときに、メリットよりもデメリットが上回るようなら髪を切る前に改善策を考えておいたほうがいいかましれません。

    髪を切るか悩むタイミングは?


    女性ならばわかると思いますが、髪を伸ばすことは大変なことです。切りたい気持ちと戦ったりキレイに見えるようにお手入れをしたり、見えない努力を重ねなければなりません。

    それでも切るかを悩むタイミングは、だいたいが気分を変えたい時でしょう。「失恋すると髪を切る」というのも、気持ちを切り替えたいという決意の表れなのです。何となく切るか迷っている人も、心のどこかで自分を変えたいと思っているはずです。
  • 髪を切るか悩む前に!人によって不向きな髪型も

    髪を切るかこのまま伸ばすか、迷いだすとなかなか考えが定まりませんよね。人によっては決心できずに数ヶ月経ってしまうこともあるようです。それぐらいに、髪を切るというのは女性にとって一大イベントなのです。

    ですが悩む時間はもったいない!まずは向き・不向きな髪型を知ることで、ある程度自分に似合う髪型を絞りましょう。

    クセが強い人はロングは不向き


    大半の人は多かれ少なかれ、髪にクセがあります。左右非対称なパーマのようなうねりや燃えたようなチリチリの縮毛など、あまりにもクセが強い人はロングヘアに伸ばすのは難しいかもしれません。

    髪が長くなるほどにまとまりにくくなり、量も増えることで頭が膨れ上がったように大きく見えてしまいます。これでは女性らしく見えるはずのロングヘアも台無しですよね。

    クセが強い人は、ボブなどのミディアムヘアだと上手に扱えるでしょう。どうしても伸ばしたいという人は、ストレートパーマをかけるのもひとつです。

    髪がストレートすぎるとボブは不向き


    ストレートパーマやアイロンでのお手入れなどは何もしていないのに、生まれつき真っ直ぐな髪の人もいます。クセ毛の人からすると、ストレートヘアは羨ましい限りですよね。

    ですが髪が真っ直ぐすぎることで似合わない髪型もあるのです。直毛すぎるとボブは避けたほうが良さそうです。ボブは丸みや柔らかさが女性らしさを引き立たせるポイントになりますが、ストレートヘアだと日本人形のようにおかっぱに見えてしまいます。

    ストレートヘアの人がボブにするのであれば、コテで巻いたりパーマをかけるなどのお手入れは必須です。

    細い髪の人はショートよりロング


    髪の太さによっても向き・不向きな髪型があります。髪が細い人がショートにしてしまうと、ボリュームがなくぺったんこになりがちです。ショートヘアはある程度のボリュームがないと貧相に見えてしまうので、軟毛の人は少々扱いが難しいかもしれませんね。

    そのため、細い髪の人はロングヘアのほうが向いていると言えます。髪を切るか悩む人は、自分の髪質もチェックしてみてください。

    おでこが狭い人は前髪ありがおすすめ


    前髪を切るか悩む女性も多いのではないでしょうか?前髪は顔の正面にあるパーツなのでここでも印象が左右されますが、前髪選びはおでこの広さがキーになります。

    おでこが狭いことに悩む人は、前髪を切ることでコンプレックスを隠すことができます。逆におでこが広い人だと、前髪を伸ばして左右に分けたり、かき上げても似合うでしょう。後ろ髪をバッサリ切る勇気がない人は、前髪でイメージチェンジしてもいいですね。